栃木県の子育て関連の独自の取り組み

栃木県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)街中に子どもたちのあそび場として、「ゆうあいひろば」がある。(2)宇都宮市の子育て施策や事業に関する情報を集約し発信しているホームページ「宮っこ子育て応援なび」を開設。(3)青少年一人ひとりが健全な生活を送ることができるよう、青少年自立支援センター「ふらっぷ」を設置。(4)青少年や子育て家庭など同世代・異世代との交流の場の提供や青少年の社会体験機会を提供する「宮っこフェスタ」を開催。
(1)父子家庭巡回指導員による相談。(2)メールマガジン機能を利用して子育て情報「すくすくメール」の配信。(3)親子の絆づくりプログラム(初めて出産したお母さんと赤ちゃんが一緒に参加する)事業。(4)ママのお出かけサポート事業。
(1)中学校3年生までの現物給付による医療費助成。(2)こどもサポートセンターの設置。(3)予防接種情報提供アプリの導入。(4)第3子以降の児童の保育料無料。(5)婚姻歴のないひとり親世帯の保育料の減免。(6)妊産婦の歯科健診1回無料。(7)助産師による母乳育児相談の開催。(8)新生児聴覚検査費用の公費負担。(9)産後ケア事業(宿泊・通所型)。(10)子ども食堂開設運営補助金。(11)妊産婦医療費助成。(12)ファミリーサポートセンターの設置。(13)3歳児健康診査眼科検査における屈折検査の導入。(14)子どもの居場所運営委託。
2011年に全小中学校(市立)に冷房(エアコン)を設置。
(1)乳幼児対象のインフルエンザ予防接種費用一部助成事業。(2)妊活サポートとしての大人の風しん予防接種費用一部助成事業。(3)不妊治療費用一部助成事業。(4)プレパパ・プレママデビュー塾(子育てについての助産師の講話)。(5)マタニティ歯科教室(妊娠中の歯の健康の講話、指導、健診)。(6)子育て世代包括支援センター「いちごっこ かぬま」(子育て世代の相談窓口)。(7)チャイルドシート購入費の一部助成。(8)幼児2人同乗用自転車購入費の一部助成。
放課後児童クラブに3人以上入会している世帯について、3人目以降の利用料金の軽減。
(1)学童保育の充実。(2)中学校3年生まで医療費無料。(3)小学校6年生まで現物給付。(4)予防接種費用の一部助成。(5)妊婦一般・産後健康診査。(6)不妊治療経費助成。(7)子育て支援総合センター。(8)キッズランドおやま。(9)不育症治療の経費助成。(10)子育てひろば・サロン。(11)赤ちゃんの駅設置。(12)オレンジリボンキャンペーン。(13)幼稚園預かり保育料補助金・入園料助成。(14)放課後子ども教室。(15)子どもの貧困対策。(16)病児保育事業の充実。(17)親学習プログラム。(18)開運子育てナビ。
(1)2歳未満の乳児を対象に、乳児用紙オムツ給付券を支給。(2)真岡市ファミリーサポートセンターとして、子育ての手助けをしてほしい人と子育てのお手伝いをしたい人が会員となり、育児の相互援助を行う(利用料金の一部を補助)。(3)子育てモバイルサイトを開設し、子育ての情報、予防接種スケジュール等をお知らせする。また、10ヶ国語多言語で対応している。
(1)子育て支援券(子育てチケット)。(2)子宝祝金(第3子以降の子が生まれた方に祝金を支給)。(3)不妊治療費助成制度。(4)ファミリーサポートセンター。(5)保育所の待機児童解消に向けた転園補助制度。(6)チャイルドシード購入費補助。(7)ロタウイルス胃腸炎・おたふくかぜ予防接種費用の一部助成。(8)学校給食費の無料化。
(1)ファミリーサポートセンター事業(子育ての支援をしてほしい人と手助けしたい人がそれぞれ会員となり、お互いに助け合いながら地域で子育てを支援)。(2)結婚、妊娠、出産、子育てポータルサイト「矢板市パパママ応援サイト『ともな~る』をインターネット上で公開して、地域、民間、行政の子育てに関する情報発信、情報提供と、利用者と行政、利用者同士が情報交換できる仕組みを構築し、地域、民間、行政で未来と今のパパママの子育て支援を行う。
(1)2歳未満の乳幼児が属する世帯の世帯主に、2月当たり10枚の可燃ごみ袋を支給。(2)子育て家庭の子育てに関する不安感や負担感を軽くするため、市内に在住する0歳以下の児童の保護者に対して、2.4万円分の子育て応援券を交付。(3)はじめてのふるさとごはん事業として、1歳半健診受診対象者に対し那須塩原市産の特別栽培米(10kg×2箱)を贈呈。(4)こどもの医療費助成において、中学3年生まで現物給付を実施。
-
インフルエンザ予防接種費用の一部助成。
(1)育児ママ・パパリフレッシュ事業(3ヶ月~3歳未満の乳児を自宅で養育中の保護者に、一時保育サービスの利用券36時間分を発行)。(2)子育て世帯外出支援事業(未就学児を同伴した保護者が使える、デマンドバスの無料利用券を1世帯に10枚交付)。(3)お母さんに感謝状(市長からのメッセージとオリジナルイラストのクリアファイルを母親に贈呈)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

栃木県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集