岐阜県の子育て関連の独自の取り組み

岐阜県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)5歳児健康診査(委託医療機関での個別健診)。(2)育児心配ごと相談(子どもの発育・発達・育児などの相談を各市民健康センターで毎月実施。小児科医・保健師・栄養士が診察・計測・保健指導を実施)。(3)赤ちゃんステーション事業(授乳室やおむつ交換台などを有する店舗・施設を登録、ステッカーを店頭に掲示)。(4)小児インフルエンザ予防接種費用の一部助成(対象者は生後6ヶ月から小学校就学前までの乳幼児)。(5)10ヶ月児健康診査で歯科健康診査を実施。
(1)子育て日本一(大垣市子育て支援条例)。(2)子育てサポート(親子バス利用支援、エンゼルサポーター事業など)。
(1)特定不妊治療支援利子補給制度。(2)特定不妊治療費の助成回数上乗せ。(3)ブックスタート事業。(4)電子母子手帳アプリ「さるぼぼタッチ」。(5)子育て住環境整備事業(多世代同居促進事業補助金)。(6)サポートブックたかやまっ子「成長のあしあと」の配布(7)学校給食費助成(小中学校ともに1/3助成)。(8)高校生通学費補助。(9)子育て支援金として第1子及び第2子に10万円、第3子以降に20万円を支給。
(1)駅北庁舎3階次世代育成フロアを拠点とした親育ち・子育ち支援を実施。子どもに関する切れ目ないサービスを提供。(2)多治見式放課後児童クラブ(たじっこクラブ)の実施。学校の施設を有効活用し、教員免許を持つコーディネーターを配置。保護者・地域・学校間の連携により子どもの健全育成や安全の確保を図るとともに、児童が自主的に学習を行える環境を整備。(3)公立中学校全学年で30人程度学級編成を実施。きめ細やかな学習指導、生活指導や教育相談ができる環境を整備。
(1)関・ラ・ラ・ライフ応援金(関市へ転入する子育て世帯への住宅取得応援金)。(2)5ヶ月離乳食教室。(3)8ヶ月離乳食相談。(4)はじめての子育て教室。(5)ヘルシー栄養教室。(6)赤ちゃんふれあい体験。(7)小児インフルエンザ予防接種費用の一部助成(1,000円)。(8)父子手帳(パパ*パスポート)の交付。(9)子育て応援券の交付。
(1)携帯電話やインターネットパソコンから気軽に子育て支援に関する情報やイベント情報などの情報を入手できる「中津川市子育てポータルサイト なかつっこ」の運用。(2)子育てに関する疑問や不安など、どんなことでも電話や面談で専門のスタッフが相談を受ける「子育てなんでも相談窓口」の運営。
(1)美濃市にこにこ赤ちゃん紙おむつ購入助成事業(出生届や転入届があったとき、市内で使えるおむつ購入補助券を配布。1ヶ月1,500円の券を最高で24ヶ月分[2歳になるまで]。赤ちゃんの年齢によって枚数に変動あり)。(2)5歳児について、幼稚園・保育園の利用料助成。
(1)幼稚園と保育所を一体化させ、養育者のニーズに応えるとともに経費の節減をはかる。(2)3歳児~5歳児の給食主食費を無料としている(500円を市が負担)。(3)乳児1ヶ月健診料の助成(上限5,000円)、聴覚検査の助成(上限1,500円)。(4)乳幼児の親支援プログラム講座の開催。(5)子育て支援の場となるママカフェを開催する団体への支援。
生後2ヶ月から小学校3年生までの子どもが体調不良や急病の時に、有料で保育と看護を行う。登録制、1日2,000円。(兄弟同時利用の場合、2人目の利用料が半額。18歳未満の子どもを3人以上扶養する世帯は利用料免除。)
(1)病時保育事業。(2)子育て世代包括支援センター事業。
(1)ファミリーサポートセンター広域実施。(2)FROM-0歳プラン(0歳から幼保小中高の連携や積み上げを大事にした「ロングスパン教育」)。(3)ベビープログラム(親子の絆プログラムを開始。BP1・初めての母親対象、BP2・第2子以降を出産した母親(きょうだいがきた)を実施。(4)ノーバディーズ・パーフェクト(就学前の親対象で実施する親子の絆づくりのプログラム)。(5)命の授業(市内中学校3年生へ命の大切さ、子育てについて各学校にて年4回実施)。
子育て世帯が安心して外出できるよう、6歳未満の保護者の方、または母子健康手帳の交付を受けた方もしくはその配偶者の方を対象に3人乗り自転車やチャイルドシートなどの購入費用の一部を助成。補助率は購入金額の1/2、補助限度額は自転車等は1世帯につき5万円、チャイルドシート等は1台につき1万円。
ばぁば・じぃじとあそぼう事業(子ども館の行事に地域の方に参加いただき、乳幼児親子と触れ合うことで、育児の孤立化を防ぎ、地域と保護者のコミュニケーションの充実を図っていくもの)。
(1)キッズクラブ(働く親への支援を目的とした、放課後の生活と遊びの場。地域のボランティアが多く参加する学童保育)。(2)可児市こどものすこやかな育ち応援活動助成金(子供たちの健全な育ちや子育て世代の絆づくりの助けとなる活動、または特別な支援を必要とする子育て家庭などを支援する活動を行う団体への助成制度)。
(1)保育料の無償化(3歳児以上)。(2)妊婦・子どもインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(3)6、7ヶ月健康教室。(4)木育教室。
(1)瑞穂市高等学校等就学奨励一時金(みずほ桜入学祝い金)の交付。(2)子育て応援サイト「ままフレ」。(3)保育士就職チャレンジ研修。
(1)入園・入学準備品支援事業(保育園入園、小学校・中学校・高等学校等入学時に入園・入学の準備品にかかる費用を助成)。(2)ブックスタート事業。
(1)幼児園児の2人目以降の給食費の減免。(2)小学生・中学生の3人目以降の給食費相当額の助成(商品券の交付)。(3)高校生の入院時医療費助成(市内で使用できる商品券で交付)。
(1)がんばれ子育て応援事業(2013年4月2日以降に生まれた第3子以降で、現在、郡上市に住所があり、住民基本台帳に基づき出生日または転入した日から4ヶ月以上居住している子を養育している保護者に、小学校入学前までの6年間、毎年10万円分の「郡上市共通商品券」を給付)。(2)高校生(満15歳に達した日以降の最初の4月1日から、満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの方)の福祉医療は、医療費の自己負担相当額を現物ではなく、「郡上市共通商品券」で給付。
小学生・中学生医療費助成制度。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)おたふくかぜ予防接種費用の一部助成。(3)母子健康手帳アプリ(NTTドコモ)の導入。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

岐阜県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集