静岡県の子育て関連の独自の取り組み

静岡県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)保育料は、子どもが3人以上いる全ての世帯の第2子を半額、第3子以降を無償化。(2)子育ての情報交換の場の提供のため、子育てサポートキャラバンぴよぴよ(ワゴン車)に玩具等を積んで地区センターを巡回。(3)0歳から高校3年生相当年齢まで通院・入院ともに無料。
子育て支援駐車場フリーパスの交付。
(1)子どもの誕生を町内会など地域全体でお祝いする、子どもは地域の宝。(2)子育て支援団体等活動費補助。(3)子育てコンシェルジュ。(4)産後ケア。(5)みしまめ育児サポーター派遣。(6)パパの地域デビュー。(7)ようこそ三島で子育て応援。(8)「あかちゃんのへや」登録。(9)母子世帯等祝金支給。(10)交通遺児等の扶養手当支給。(11)母子世帯等児童育成手当支給。(12)子育て支援出前講座。(13)男性の育児休業取得奨励。(14)スポーツスタート。(15)三島市育英奨学金制度。(16)英語力強化のための英検補助。
(1)未婚のひとり親家庭の保育料算定における寡婦(夫)控除の「みなし適用」。(2)不妊・不育症治療費助成事業(治療費の1/2、年2回通算5年まで申請可、限度額80万円[県内最高])。
就学前1年間(5歳児)保育料無償化(2018年4月1日から9月)。5歳児の主食費・副食費の無償化(2019年10月から)。
(1)子育て支援情報をまとめたカレンダーの発行。(2)子育てコンシェルジュの配置。(3)妊娠中、出産後間もない子どもを持つ母親への育児サポーター派遣。(4)子育て支援団体が連携を図るネットワークの運営。(5)育児相談実施団体への交付金の支給。(6)プレイルームを保有する「こども館」の運営。(7)ポータルサイトによる子育て支援情報の配信。(8)子育て情報を集約したガイドブックの発行。(9)子育て世代型住宅の運営。 (10)全ての妊婦、母子、子育て家庭を対象にした、フィンランドのネウボラのエッセンスを取り入れた「島田版ネウボラ」を県内初導入。母子だけでなく、父親を含めた家庭に担当保健師をつける。
(1)ヒブワクチン接種費用助成、季節性インフルエンザワクチン接種費助成。(2)6ヶ月児すくすく赤ちゃん講座ブックスタートふじ(6ヶ月児が対象、身体測定、健康・栄養の話、絵本の読み聞かせ・紹介・プレゼント)。(3)セカンドブックふじ(3歳児健康診査時に絵本の読み聞かせ・紹介・プレゼント)。
(1)子育て相談員派遣事業(出産前後のお母さんが安心して子育てできるように無料で希望家庭を訪問し、育児相談等の援助を行う制度)。(2)図書館を改修し、人と本を介することで相談、子育て支援、市民交流、学びの支援などを提供する新しい複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」の開設。
インフルエンザ、ロタウイルス、おたふくかぜワクチン接種費用の一部助成。
-
(1)育児サポーター派遣事業。(2)市民による子育て支援事業(藤枝おやこ館)。(3)赤ちゃん駅(子育て家庭が安心して外出できるよう、授乳やおむつ交換ができるスペースを商業施設や公共施設に設置)。(4)多子世帯子育て応援事業(市内に住所を有する中学生以下の子どもが3人以上いる世帯の、経済的負担の軽減を図るため、対象施設の利用料金又は使用料を減免する)。(5)れんげじスマイルホール事業(民間企業のノウハウと企画力を活用した子育て支援施設)。
乳幼児指定ごみ袋支給事業(学童兄弟軽減等)。
(1)子育て短期支援事業[ショートステイ](保護者の疾病や疲労など身体・精神上の事由、親族の介護など家庭養育上の理由、冠婚葬祭社会的な事由により、一時的に家庭での児童養育が難しい場合、児童養護施設に短期入所できる制度)。(2)子育て支援センター(子育て支援センターの無い地域でコミュニティセンター等を使った巡回型の子育て支援事業を実施)。(3)ふくろい子育て応援ナビ「フッピーのぽっけ」(市内子育て支援センターのイベント把握や子どもの予防接種一元管理、子育て日記登録等ができるアプリ)。(4)BPプログラム(初めて子育てする母親向け育児講座)。(5)おやこ保健室(子育て支援センターでの健康講座・相談)。
(1)子育て支援施策の推進に当たり、行政、社会福祉協議会、地域福祉計画推進会、民間子育て支援団体が協働で取り組む「下田子育て支援ネットワーク」を組織しており、この組織で様々な子育て支援事業の企画運営を官民協働の仕組みで推進している。(2)妊娠期から子育て世帯に対して、検診や予防接種のお知らせを実施する子育てアプリ「しもだこどもDiary」の運用を行っている。
子育て支援アプリ「すそので子育て!」を配信。幼稚園・保育園の入園に関する情報や予防接種、給付金の受け取り方など、必要な情報をアプリで簡単に見ることができるサービス。その他、子育てに関する裾野市でのイベント情報のプッシュ通知や、国・県の救急相談、窓口の紹介等の情報が1つのアプリで確認できる。
(1)豊田佐吉翁記念奨学金(給付型)。(2)村田光雄奨学金(給付型)。(3)交通遺児等福祉手当。(4)こども医療費助成(18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある者を対象。入院・外来・調剤で自己負担なし)。
(1)妊娠22週を迎えた方に対し胎児1人につき4万円を支給。(2)出産予定日を超過した妊婦健診1回につき4,000円を支給。(3)病児・病後児保育。(4)新生児全戸訪問。(5)2歳・2歳半歯科健診。(6)市指定ごみ袋を、1ヶ月10枚とし申請日現在の月齢に応じて子ども1人につき満2歳までの分を一括支給。(7)不妊・不育症治療費の助成。(8)5歳児健診。(9)産後ケア事業。(10)こども医療費助成。(11)祝日、日曜日の保育。
子育て応援手当支給事業(小学校就学前の児童[0歳から6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童]と同居し、その児童を監護している方で、受給資格者及び対象児童が市内に居住し、市の住民基本台帳に登録されている方に対し、対象児童1人につき月額5,000円を支給する)。
-
-
(1)ウエルカムベビー(生後2ヶ月~8ヶ月の赤ちゃん[第1子]と父親と母親を対象に、親子ふれ合いあそびを通して親子の絆を深める。また、赤ちゃんの発達や夫婦のコミュニケーションのとり方について学ぶ)。(2)お父さんと遊ぼうdeお母さんはリフレッシュ(1歳~2歳11ヶ月の子どもと父親が、親子のふれあい遊びを覚え、普段の生活でもかかわりを持てるようにする。その間、母親は、骨盤リフレッシュ体操でリフレッシュする)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

静岡県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集
  • goo of things でんきゅう