静岡県の子育て関連の独自の取り組み

静岡県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)認定こども園・保育所等に申し込んだものの待機となった場合に、一時預り事業又は小規模保育事業として乳幼児を預る「待機児童園」を各区に設置。(2)家事・育児を行うことが困難な家庭等に、家事・育児の支援を行う「子育て支援ヘルパー派遣事業」を実施。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)ひとり親家庭等自立支援手当(子どもが2人以上いる児童扶養手当受給者に対し、児童扶養手当支給事由該当後3年間、市独自の手当を支給)。(2)遺児等福祉手当(児童の父母等が交通事故、病気により死亡し、又は障害の状態となった場合に市独自の手当を支給。支給対象年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)。
(1)保育料は、子どもが3人以上いる全ての世帯の第2子を半額、第3子以降を無償化。(2)副食費の補助限度額の上乗せ及び第3子の数え方の緩和。(3)子育ての情報交換の場の提供のため、子育てサポートキャラバンぴよぴよ(ワゴン車)に玩具等を積んで地区センターを巡回。(4)0歳から高校3年生相当年齢まで通院・入院ともに無料。
子育て支援駐車場フリーパスの交付。
(1)子どもの誕生を町内会等地域全体でお祝いする、子どもは地域の宝。(2)子育て支援フェア。(3)子育てコンシェルジュ。(4)みしまめ育児サポーター派遣・訪問型サポート事業。(5)ようこそ三島で子育て応援。(6)「あかちゃんのへや」登録。(7)ひとり親家庭等祝金支給。(8)交通遺児等の扶養手当支給。(9)ひとり親家庭就学給付金。(10)子育て支援出前講座。(11)スポーツスタート。(12)三島市育英奨学金制度。(13)出産・子育て応援金(みしまっ子すくすく祝金)。(14)子育てガイド(みしまっ子すくすくガイド)。(15)子ども配食支援事業(ぱくっと便)。
(1)子育て世帯応援給付金(1回のみ)子ども1人につき1万円。(2)不妊・不育症治療費助成事業(治療費の1/2、年2回通算5年まで申請可、限度額80万円[県内最高])。
小学校及び中学校に入学した新入学児を対象に、入学祝金として子ども1人当たり5万円を支給。次の要件をすべて満たす方が対象。(a)子どもが入学する年度の4月1日に伊東市に住民登録がある方。(b)新入学児を監護している方(新入学児が3月中に市外転出している場合は、転出日において監護していた方)。
(1)子育て支援情報をまとめたカレンダー発行やポータルサイトによる発信。(2)子育てコンシェルジュの配置。(3)妊娠中、出産後間もない子どもを持つ母親への育児サポーター派遣。(4)子育て支援団体が連携を図るネットワークの運営。(5)育児相談、子どもの居場所作り等を実施する団体への交付金の支給。(6)プレイルーム、児童館機能、一時託児、ファミリー・サポート・センター事務局を保有する「こども館」の運営。(7)子育て世代型住宅の運営。(8)全ての妊婦、子育て家庭を対象に担当保健師を配置する、フィンランドのネウボラのエッセンスを取り入れた「島田市版ネウボラ」を2019年4月から導入。(9)保育料第2子半額、第3子無償(所得制限、年齢制限なし)。
(1)季節性インフルエンザワクチン接種費助成。(2)6ヶ月児すくすく赤ちゃん講座ブックスタートふじ・富士ヒノキ製玩具贈呈事業(6ヶ月児が対象、身体測定、健康・栄養の話、絵本の読み聞かせ・紹介・プレゼント、木のおもちゃプレゼント)。(3)セカンドブックふじ(3歳児健康診査時に絵本の読み聞かせ・紹介・プレゼント)。(4)子育て支援アプリの導入。
(1)育児サポーター派遣事業(出産前後のお母さんが安心して子育てできるように無料で希望家庭を訪問し、育児相談等の援助を行う制度)。(2)子育て支援・相談機能と図書館機能を融合した複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」を開設し、人と本を介しながら、子育て支援に関わる相談対応をはじめ各種事業等を実施。(3)新中学生応援事業(中学校入学予定のお子さんを対象に、中学校の制服と学校で使用する用品の購入に使用できる商品券3万円分を助成)。
(1)子育て支援センターでの「乳幼児からの歯と口の健康教室」。歯科医師や歯科衛生士が歯と口の健康をアドバイス。(2)子育て教室は、小児科医が乳児期の事故予防や感染症予防についてわかりやすくお話しをする。(3)離乳食教室では、離乳食の作り方等を管理栄養士がアドバイス。
(1)子育て総合案内サイト「かけっこ」。(2)子育てガイドブック(子育て情報発信のため、子育て専用サイトの運営や子育て施策をまとめた電子書籍を発行)。(3)子育てに優しい事業所認定事業(子育てと仕事の両立環境整備に積極的に取り組む事業所を子育てに優しい事業所として認定する)。(4)子育て世代向け認定住宅補助金事業(子育て世代向け認定住宅の新築等を行う所有者に対し、事業費の一部を補助する)。(5)市民チャレンジ公募事業(子育ての分野において、子育て支援等に取り組む団体が企画提案した内容を審査し、採択された場合に上限額の範囲内で委託契約する)。
(1)育児サポーター派遣事業。(2)市民による子育て支援事業(藤枝おやこ館)。(3)多子世帯子育て応援事業(市内に住所を有する中学生以下の子どもが3人以上いる世帯の、経済的負担の軽減を図るため、対象施設の利用料金又は使用料を減免する)。(4)れんげじスマイルホール事業(民間企業のノウハウと企画力を活用した子育て支援施設)。(5)保育士等の働きやすい職場づくり事業。(6)ふじえだ孫育て応援プロジェクト事業。(7)子育てするなら藤枝推進事業(子育て支援団体等が出産や育児不安の解消につなげる事業に対する補助)。
(1)御殿場市第3子以降子育て応援手当。(2)低所得の子育て世帯給付金支給事業。
(1)子育て支援センター(巡回型の子育て支援事業)。(2)ふくろい子育て応援ナビ「フッピーのぽっけ」(子どもの予防接種一元管理、子育て日記登録等ができるアプリ)。(3)ベビープログラム(初めての母親向け育児講座)。(4)おやこ保健室(子育て支援センターでの健康講座・相談)。(5)わんぱく広場・どんぐり教室(一次療育教室)。(6)1歳幼児食教室。(7)マタニティスクール(両親編・歯科編・母乳育児編)。(8)産前産後ママ安心サポート事業(育児サポート助成事業)。(9)子どもの健康と食を考える会(子育て施設関係者向け勉強会)。(10)ショート・マ・パ(一時預かり)。(11)予約システム(母子健康手帳・相談・教室)。
(1)子育てガイドブックの作成。(2)夏期海水浴場駐車料金割引。(3)中学校就学準備給付金。(4)ひとり親家庭ランドセル等購入費助成。(5)子育て支援施策の推進に当たり、行政、社会福祉協議会、地域福祉計画推進会、民間子育て支援団体が協働で取り組む「下田子育て支援ネットワーク」を組織しており、この組織で様々な子育て支援事業の企画運営を官民協働の仕組みで推進している。(6)妊娠期から子育て世帯に対して、検診や予防接種のお知らせを実施する子育てアプリ「しもだこどもDiary」の運用を行っている。
子育て支援アプリ「すそので子育て!」を配信。幼稚園・保育園の入園に関する情報や予防接種、給付金の受け取り方等、必要な情報をアプリで簡単に見ることができるサービス。その他、子育てに関する裾野市でのイベント情報のプッシュ通知や、国・県の救急相談、窓口の紹介等の情報が1つのアプリで確認できる。
(1)豊田佐吉翁記念奨学金(給付型)。(2)村田光雄奨学金(給付型)。(3)交通遺児等福祉手当。(4)こども医療費助成(18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある者を対象。入院・外来・調剤で自己負担なし)。(5)湖西市育英奨学資金(貸付型)。
(1)出産予定日を超過した妊婦健診1回につき費用助成(上限あり)。(2)病児・病後児保育。(3)新生児全戸訪問。(4)2歳・2歳半歯科健診。(5)市指定ごみ袋を、1ヶ月10枚とし申請日現在の月齢に応じて子ども1人につき満2歳までの分を一括支給。(6)不妊・不育症治療費の助成。(7)5歳児健診。(8)産後ケア事業。(9)こども医療費助成。(10)祝日、日曜日の保育。(11)産前・産後のママ応援事業。(12)産前産後寄り添い事業。
御前崎市子育て応援チケットの交付(対象:2022年4月1日以降に母子手帳を交付された妊婦又は乳児の保護者。チケット利用できるサービス:妊婦等送迎サービス、子どもを預かるサービス、妊婦又は乳児の保護者を支援するサービス)。
(1)第3子以降の保育料無償化。(2)第3子以降の給食費の副食費免除補助制度。(3)きくすくブックプレゼント。
(1)こどもインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)産後ママのための「こここ湯る~り講座」を市内の温泉施設で開催(年4回)。
(1)妊産婦通院等通院等支援事業として、通院に係る交通費を助成。(2)妊産婦特定疾病医療費助成事業として、妊娠に起因する5疾病の治療費の自己負担金を助成。(3)インフルエンザ予防接種(任意接種)の一部助成。(4)女性の働きやすい職場環境推進及び父親の育児参加推進のため、市内企業を訪問し、市内の出産・子育て現状及び課題や企業側のメリットや制度(くるみん認定等)を伝えることで、妊娠・出産・子育てを両立しやすい職場環境づくりを啓発。(5)ベビープログラム(生後2ヶ月~5ヶ月の赤ちゃん[第1子]を初めて育てている母親を対象に、仲間づくり、親子の絆づくり、乳幼児期に必要な知識を学ぶプログラム)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

静岡県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月

お役立ち情報