茨城県の子育て関連の独自の取り組み

茨城県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
遺児養育手当。
(1)市立幼稚園2園で、保育時間を延長する預かり保育を実施。(2)産前・産後の家庭へのヘルパー派遣により家事育児支援を行う事業の実施(利用料無料)。(3)マタニティ子育てタクシー費用助成事業。(4)妊娠・子育て支援アプリの配信。(5)小学校入学児童へランドセル配布。(6)ひたち子育て応援マイホーム取得助成事業。(7)山側住宅団地住み替え促進事業。(8)ロタウィルス予防接種費用助成事業。(9)おたふくかぜ予防接種費用助成事業。(10)新生児聴覚検査費用助成事業。(11)乳児1ヶ月健康診査費用助成事業。(12)5歳児健康診査事業。(13)出産祝金支給事業。
(1)子育て交流サロン「わらべ」「のぞみ」(子育て世代の交流の場であり、子育てに関する悩みや相談を経験豊かなスタッフが応じている。月~土曜日9時~17時。妊婦や母だけでも利用可)。(2)育児応援サイト「ママフレ」(市の子育てに関する行政サービスを総合的に「分かり易く」「探しやすい」情報専用サイト)。(3)おたふくかぜ、ロタウイルス(一部助成)、インフルエンザ(13歳未満、一部助成)の予防接種費用の助成。
(1)出産子育て奨励金支給制度(第3子以上の児童を出産した母又はその児童の父に対し5万円を支給)。(2)予防接種の一部助成(a)小児用インフルエンザ(生後6ヶ月以上~高校3年生相当年齢の子どもを対象に、1回あたり1,000円を助成。13歳未満の子どもは年2回、13歳以上の子どもは年1回)。(b)ロタウイルス(生後6週~32週1回あたり5,000円を2回まで)。(c)おたふくかぜ(1歳以上2歳未満1回あたり3,000円)。(3)新生児聴覚検査費助成事業(産科医療機関等に委託して、出生後間もない時期に新生児聴覚検査を実施し、検査1回につき上限3,000円の助成を行う)。
第3子以降保育料支援(扶養義務者等が養育している児童が3人以上いる世帯で、子ども子育て支援法による支給認定を受け、教育・保育施設に入所している3番目以降の児童について、保育認定が2号の場合は、利用者負担額基準表[以下基準表]第2階層から第4階層までの世帯の保育料が無料に、第5階層以上の場合には月額1万円を限度に支援。また、教育時間認定[1号]の場合は、基準表2階層の世帯は無料に、3階層から第5階層までの世帯は月額5,000円を限度に支援)。
(1)保険年金課(マル福制度の拡大)。(2)子ども福祉課(斜視・弱視児用矯正眼鏡購入等助成、母子家庭等児童学資金、子育て応援助成金として第3子以降の給食費相当額を助成)。(3)健康増進センター(5ヶ月児健康診査、2歳児歯科健康診査)。(4)母子健康手帳交付時、原則母子保健コーディネーター等が対応し、相談に応じている。(5)母子健康教室の実施。(6)子育て支援情報誌等を作成し、乳児家庭全戸訪問(赤ちゃん訪問)時に配付。
龍ケ崎市版ネウボラの充実。
(1)ひとり親家庭等児童学資金支給事業(ひとり親家庭等の児童に対し、ひとり親家庭等児童学資金を支給することにより、就学上の不安の解消を図り、もって心身の健全育成および福祉の増進に資することを目的とする。義務教育課程の児童1人につき月額3,000円支給)。(2)インフルエンザ予防接種費用一部助成(6ヶ月~12歳は1回につき2,000円を2回まで、13歳~15歳は1回につき2,000円を1回のみ助成)。
(1)児童クラブ利用料無料(保険代年額は800円、おやつ代は負担あり)。(2)多子世帯の保育料軽減。(3)多子世帯子育て応援給付金支給事業。
(1)おむつ購入費用を乳児一人につき上限2万円助成。(2)保育園の第3子以降と幼稚園の第2子以降の保育料を無料化。(3)ファミリーサポートセンターでの一時保育・育児支援を実施。(4)不妊・不育症治療助成。(5)子育て世帯等と同居する為に増築した方へ費用100万円以上は20万円、100万円未満は10万円助成。(6)子育て家庭等向け住宅取得促進助成(上限50万円)。(7)高校生バス通学用定期券購入助成。
(1)遠方へ通勤している子育て世帯のお父さん・お母さんの通勤費を一部助成(該当要件あり)。(2)第3子以降の市立幼稚園授業料の完全無償化。(3)第三子以降の子が新規で保育園や認定こども園、幼稚園、小中学校に入園・入学する際に祝い金を支給。(4)放課後児童クラブ利用者負担金の軽減(同一世帯の二人目以降の児童及びひとり親世帯の児童)。
(1)小学校入学祝記念品として、ランドセル、スプーンセット等を贈呈。(2)子育て体験トーク。(3)ブックスタート事業。(4)読書手帳。(5)子育て支援住宅整備。(6)給付型奨学資金支給事業。(7)妊産婦の医療費の助成。(8)18歳までの医療費の無料化。(9)保育料第2子無料化。(10)定住促進奨励金の交付(子育て世帯には加算あり)。
(1)子育て支援ポータルサイト・スマホ用アプリ。(2)授乳・おむつ替え用テント等の貸出し(市内イベント用)。(3)地域医療センターかさま病児保育事業。(4)寺子屋事業(子どもの学びの機会や学習の場づくりの一つとして小学校5・6年生を対象に事業を実施。学力の向上、学習意欲の高揚の一助とする)。(5)体験学習(図工教室)(都内と地域の子どもの交流を図る講座)。(6)子育て支援講座(3ヶ所の子育て支援センターで実施)。
(1)放課後子どもクラブ。(2)先輩ママとの交流会。(3)ぬくもり医療支援事業。(4)ファミリーサポートセンター利用料助成事業。(5)こども発達センター。(6)BP1(親子の絆づくりプログラム)。(7)インフルエンザ・ロタウイルス・おたふくかぜ予防接種費用の一部助成。(8)特定不妊治療一部助成。(9)2号(3歳以上保育認定)に主食費助成(完全給食)。(10)共済掛金助成。(11)産後ケア事業。(12)子育てコーディネーター・保育コンシェルジュ事業。(13)国保税均等割一部減免。(14)産婦健康診査一部助成。(15)新生児聴覚検査一部助成。(16)ブックスタート事業。
(1)3・4ヶ月健診時に絵本進呈。(2)図書館と小・中学校等が連携し図書を配送。(3)児童クラブ(小学校1~6年生まで。月~金:放課後~19時、土:7時~19時)。(4)放課後学習支援、土曜日の地域人材を活用した教育活動。(5)予防接種一部助成(ロタ、おたふく)。(6)禁煙治療費助成。(7)不育症の保健適応外治療費助成。(8)産後ケア・産婦検診事業。(10)チャイルドシート購入費補助。
(1)安全基準に適合した幼児2人同乗用自転車の普及による交通の安全確保及び子育て家庭の経済的負担の軽減を目的として、これから幼児2人同乗用自転車を購入する方に費用の一部を補助する(補助額2万円が上限)。(2)1歳以上中学校3年生相当の年齢の方にインフルエンザ予防接種費用の一部を助成する。
ロタウイルス・おたふくかぜ予防接種費用助成。
(1)小学校全学年において英語授業を実施。(2)小学校1、2年生において30人学級編成を実施(市採用教員の配置)。(3)第3子以降の幼稚園保育料と給食費の減免。(4)第3子以降の小学校・中学校の給食費の減免。(5)第3子以降の保育園の保育料の免除。(6)子宝手当の支給。
(1)子育て応援サポート事業小学校入学児童へのランドセル贈呈(2018年4月から)。(2)1歳児育児相談時に読み聞かせ用絵本の贈呈(2018年4月から)。(3)妊娠された方へ妊娠届け出時授乳服贈呈(2018年4月から)。
(1)放課後子ども総合プラン。(2)法定外予防接種費用助成。(3)特定不妊治療費助成事業。(4)保幼小中高一貫教育。(5)外国語指導助手を公立の全小・中学校に配置。大規模校への複数配置。(6)小・中学校のトイレ洋式化(完了)。(7)認証保育制度。(8)週3日5時間授業(児童生徒の学びの質の向上、安全安心の確保、教職員の働き方改革のため)。
(1)多子世帯への保育料の軽減(第2子は半額、第3子以降は無料)。(2)マタニティ専用駐車場の整備。(3)赤ちゃんの駅の整備。(4)マタニティ・子育てタクシーの利用助成。
(1)那珂市子育て世帯住宅取得助成金交付事業(子育て世帯及び新婚世帯の方が住宅ローンを利用し、市内に初めて住宅を取得する費用の一部を助成。市内にお住まいの方が住宅を取得する場合は10万円、市外にお住まいの方で住宅取得を機会に市内に転入する場合は20万円)。(2)ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザ、予防接種費用の一部助成。
(1)2019年に入学する小学校1年生全員にランドセル贈呈。2020年以降も継続の予定。(2)2014年より新中学校1年生1人につき2,000円のヘルメット購入費を助成。2016年より中学生に向けて防犯用ブザーを配布。2020年度以降も継続の予定。(3)任意予防接種の一部助成。(a)インフルエンザ1歳~13歳未満は2,000円を2回まで、13歳~中学校3年生は2,000円を1回。(b)おたふくかぜ1歳~就学前まで4,000円を1回。
さわやか子育て出産奨励金(次代を担う児童の出産を奨励しすこやかに成長することを祝福するために、第3子以上1人につき50万円を支給。支給は、出産後1年経過後に20万円、3年経過後に10万円、5年経過後に20万円を支給。受給資格は住民基本台帳に1年以上登録され、2児を養育しているものが、第3子以上を出産し、市税等を滞納していないもの)。
(1)子育てコンシェルジュ(サービス等の利用に関する相談、保育園・認定こども園に入園できなかった方へのアフターフォロー、子育て支援サービス全般の利用に関する相談・情報提供、保育サービス等の情報収集)。(2)移動式赤ちゃんの駅(市内でイベント等を主催する団体に無料で、授乳用のテントと折りたたみ式のおむつ交換台の貸出し)。
インフルエンザ予防接種費用の一部助成。
ひとり親家庭入学祝金(3月1日現在において入学児童を有するひとり親家庭等の保護者に対し、中学・高校入学時に経済面の支援として祝金3万円を支給)。
(1)第3子以降保育料免除。(2)分娩費手当金として、子1人ごと2万円支給。(3)インフルエンザ予防接種費用の一部助成(1歳~小学校6年生は2回、中学生は1回)。(4)おたふくかぜ予防接種費用の一部助成(1歳~4歳)。(5)産後ケア事業[対象者]生後4ヶ月未満の子とその母で親族等から家事・育児援助が受けられず、産後に情緒不安定や体調不良の方等(他要件あり)、[利用料金]日帰り型1日2,000円、宿泊型1泊2日5,000円(いずれも市民税課税世帯の場合)、[利用期間]7日間まで。(6)子育て応援ギフトカタログ贈呈(出産前後の保護者を対象)。(7)子育て応援券贈呈(2020年度新入学児の保護者を対象)。
(1)マタニティサロン、パパママスクール。(2)こんにちは赤ちゃん相談(2ヶ月)。(3)7ヶ月児相談、2歳児歯科健診、5歳児健康相談。(4)養育支援事業。(5)双子の会。(6)グループ支援。(7)育児相談。(8)子育て広場。(9)親子講座。(10)あゆみ相談。(11)5歳児交流。(12)乳児育児用品等購入助成。(13)18歳までの医療費の無料化。(14)乳幼児発達支援(のびのび相談、どんぐり相談、どんぐり教室、ことばの相談)。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)第3子以降幼稚園等保育料の一部助成。
-
(1)新入学児童用ランドセル贈呈事業(小学校入学の全児童に無償配布)。(2)ブックスタート事業(3・4ヶ月健康診断時に絵本の入ったブックスタートパックを配布)。(3)預かり保育事業(通常の教育時間後の保育や夏休み等長期休暇における預かり保育)。(4)子育て応援企業登録制度(仕事と子育ての両立を推進する企業等の取組みを周知、支援)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

茨城県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集