奈良県の子育て関連の独自の取り組み

奈良県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)子育ておうえんサイト。(2)子育て情報ブック。(3)おむつのサブスク「手ぶら登園」(0~2歳児が在園する市内14の公立園で実施)。(4)バンビーランチ(公立放課後児童クラブで長期休業中の弁当提供)。(5)フードバンク事業。(6)奈良市子どもセンターの運営。(7)発達相談・園巡回相談(発達の課題を抱える就学前の幼児と保護者対象)。(8)発達支援親子教室。(9)子育てスポット事業(月1~2回、0~3歳児と保護者が遊んだり子育て等の相談ができる場を提供)。(10)子育てサークルへの補助金。(11)第2子以降の保育料無償化。(12)保育所等の副食費の助成制度(同一世帯の第3子以降)。(13)子ども医療費助成及びひとり親家庭等医療費助成について、「現物給付方式を」中学生まで拡大。
-
(1)親子たんとん広場(市内の公民館内等に、こおりやま子育てステーションに未就園の子ども達が、保護者のみなさんと一緒に遊べる、みなさんの子育てを応援する「親子たんとん広場」を開設)。(2)ぴよぴよ絵本広場(市内の公民館で未就園の子どもが親子で一緒に絵本を見る場を設定。保育士が絵本の読み聞かせや手遊びを行う)。
-
(1)「幼児2人同乗用自転車」購入費の一部助成。(2)子育てサークル・子育て支援ボランティア団体に補助金交付。(3)保育所(園)・認定こども園における副食費について、国基準による免除対象者以外の一部児童(市町村民税所得割課税額が5.7701万円以上7.71万円以下の世帯の子ども)について市独自で免除対象者とし、1人当たり月額上限4,500円を保護者に対し助成。
(1)育児用品貸出事業。(2)BP1プログラム事業。(3)産後ケア事業。(4)子育て支援相談・情報提供LINE「つなが~る」。
-
(1)御所市に住民登録があり、2歳未満の子を養育している保護者に対し、対象となる子ども1人につき1回限り、申請により「御所市指定ごみ袋 中(30リットル)」を200枚(原則)支給。途中転入者には、申請時の年齢により40~160枚を支給。(2)6歳未満の乳幼児を対象に(1人につき1回)、チャイルドシートの購入費を補助。1.5万円を上限として購入費の半額(1,000円未満切り捨て)を給付。 (3)保育料・延長保育料・副食費・副食費の補足給付において、第3子のカウント方法における所得制限を撤廃し、市独自に3子として無償、給付の対象としている。
病後児保育事業(病気回復期にある児童の一時的な保育を行う[1日2,000円])。
生後2ヶ月から6ヶ月くらいの赤ちゃんを対象に、毎月1回、赤ちゃんの体をゆっくり優しくオイルを使ってマッサージし、コミュニケーションを楽しむ「ふれあい」を目的にした講座を実施。
-
(1)学校余裕教室で実施している、学童保育の開設時間は早朝保育は7時30分から延長保育は19時まで。(2)1歳の誕生月に絵本3冊を贈呈。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

奈良県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月

お役立ち情報