千葉県の子育て関連の独自の取り組み

千葉県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
-
-
-
-
-
-
(1)就学前のお子さんを家庭で育児している保護者の情報交換、育児相談の場として「子育て広場」を実施。(2)生後6ヶ月から中学校3年生までを対象に、小児季節性インフルエンザ予防接種費用の一部を助成。接種期間は、10月1日から12月31日。助成額は、1人上限2,000円、助成回数は、1回。
-
(1)放課後子供教室(市内全小学校55校)。(2)宿泊型産後ケア事業。(3)送迎サービス付き病児保育事業。(4)保育士(市内私立園)の給与上乗せに対する助成。(5)産後2週間、1ヶ月など産後間もない時期の産婦に対する健康診査。 (6)安心して妊娠・出産・子育てができるよう保健師等が相談に応じる窓口「子育て世代包括支援センター(ふなここ)」の設置。
-
(1)認可外保育施設利用者助成金(2歳以下の児童を認可外保育施設へ預けている保護者に対し、保育料等を助成)。(2)遺児手当(父または母が死亡または一定の障害状態にある家庭の児童を監護している人に、基金から遺児手当を支給)。(3)子どもの発達が気になる保護者等に対し、個別相談と親子教室を実施。
(1)子育て支援員研修と松戸市子育て人材バンク制度による人材の育成と確保。(2)全ての地域子育て支援拠点へ子育てコーディネーターを配置。(3)幼稚園の預かり保育での保育料助成及び人件費補助。(4)公立保育所での英語あそび・幼稚園等への補助金交付。(5)子育て世代包括支援センターにおける保健師・助産師・社会福祉士の3職種専任対応。(6)子ども家庭総合支援拠点の設置。(7)託児機能付きコワーキングスペースの設置。(8)「養育費をもらえていないひとり親家庭への給付金」の支給。(9)養育費確保支援・面会交流支援。(10)ひとり親家庭学習支援事業を利用している生徒の塾費用を助成。(11)幼児同乗用自転車等の購入支援・助成。
(1)公的年金を受給している養育者に対して「野田市養育者支援手当」を支給。(2)コロナ禍において不安を抱えながら出産を迎えた子育て世帯を支援するため新生児を対象に、10万円を支給。(3)2021年10月より保育認定の理由にあたらない冠婚葬祭やリフレッシュでも利用できる休日預かり保育事業を開始。(4)保育の必要性を認定された全ての保護者を対象に、利用した認可外施設、保育所の一時預かり、ファミリー・サポート・センターの料金等の利用料の半額を助成(月の上限は児童1人当たり2万円)する助成制度を整備。(5)新しく大型児童センターを整備。
-
(1)遺児等手当(父母又は父母いずれかが死亡もしくは一定の障害になった場合に、その児童の養育者に月額6,000円の手当を支給。義務教育終了まで。所得制限あり)。(2)母子父子家庭等入学就職祝金(児童扶養手当受給世帯等の児童が高校などに入学する場合や、中学卒業後ただちに就職する場合に祝い金を支給。児童一人につき8,000円。申請制)。
(1)おたふくかぜ予防接種費用の一部費用助成(1回まで、3,000円)。(2)小児初期急病診療所(365日運営。月~土19:00~翌朝6:00、休日9:00~17:00、19:00~翌朝6:00)。(3)産婦健康診査費用の助成(2回まで、1回5,000円)。(4)ママ・パパこころの相談室(妊婦・配偶者、18歳未満の子を持つ父母の悩みに女性カウンセラーが相談にあたる)。
(1)とうがね子育てアプリひろばの配信。(2)とうがねわくわく子育て応援団。
(1)妊産婦付加金(国保加入者である妊産婦が支払った医療費の一部負担金相当額を支給)。(2)乳幼児紙おむつ給付事業(子育て家庭の経済的負担を軽減するため、2歳未満の乳幼児を養育する保護者に対して紙おむつ購入券[3,000円/月]を給付)。(3)生後2~4ヶ月児と保護者を対象に子育て学級を開催し、育児の仲間づくりと母の不安の軽減を図っている。(4)第3子以降の給食費を完全無料化。(5)第3子以降の保育料無料化。(6)2歳6ヶ月児に歯科検診及び保健・栄養指導を行う2歳児歯科健診を実施。
(1)ファミリー・サポート・センター(家事支援、ショートステイ、一時預かり)。(2)「ならしの子育てハンドブック」の発行・配布。(3)「孫育てハンドブック」の発行・配布。(4)「すこやか ナラシド♪予防接種ナビ」の実施。
(1)初めて子育てをするお母さん同士が話し合い知識や学びを深めるBPプログラムや子育てに悩むお母さんと一緒にお子さんのほめるポイントを見つけるペアレント・プログラムの実施。(2)子育てネットワーク事業(子育てフォーラム等)の実施。(3)LINE公式アカウントの活用による子育て情報の提供。(4)乳幼児と保護者を主な対象としたこども図書館。
-
(1)ネウボラ事業(子育てネウボラセンター保健師等による妊婦全数面接、出産前後家事等サポート事業、産後ケア事業、産婦健康診査、電子親子手帳サービス等による妊娠・出産・子育てまでの切れ目のない支援)。(2)公共施設子ども料金(個人利用)無料。(3)遺児手当(父母が死亡または生死不明等の状態にある児童[中学生まで]の養育家庭に支給)。
(1)保育所待機児童の解消および入所率の平準化を図るため、市内2ヶ所に送迎保育ステーションを開設。(2)児童扶養手当受給者で、監護する児童が2人以上いる場合に2人目以降より1人当たり月額4,000円支給(児童育成手当)。(3)ひとり親家庭等の父、母若しくは養育者又は児童に対する医療費助成について、保険適用分の自己負担額を全額助成(現物給付かつ児童扶養手当と同等の所得制限あり)。
(1)やちよ夜間小児急病センター(2)【やちよ子育て応援モバイル事業(らくらく★かんたん予防接種ナビ)】予防接種の自動スケジュールや健診のお知らせ、子育てに必要な情報を掲載。15ヶ国語にも対応。(3)八千代市日本脳炎予防接種定期外接種救済措置事業…日本脳炎ワクチン供給不足により接種ができない方へ2023年1月末まで救済措置を実施。(4)妊娠・出産・子育てを応援する相談窓口「やちっこ(子育て世代包括支援センター)」の設置。
(1)子育てに関するイベントや講習会を企業や歯科医師会などと共催したり短時間託児サービスを市民団体と共催するなどの子育て支援策。(2)産婦健康診査、産後ケア事業、幼稚園・保育園でのフッ素洗口事業、小児インフルエンザ・ロタウイルス感染症予防接種費用一部助成、4ヶ月児相談、2歳8ヶ月児歯科健康診査、離乳食教室、後期離乳食教室、5歳児健康診査、親っこ歯科健康診査、ホールボディカウンタ助成、甲状腺検査費用の一部助成。(3)ひとり親家庭等医療費等助成、ひとり親家庭等支援事業。
鴨川シーワールドと市が協働で行う「子育て世帯応援事業」。子育て中のリフレッシュ等を推進するため、市に住所を有する2歳未満の子の父母に対して、鴨川シーワールド入園パスポートを贈呈。
保育園一時預かりサービスを市内7ヶ所(2ヶ所休止中)の保育園で実施。(1)保護者の就労、定期的な通院、家族の看護・介護、ボランティア活動等をしている。(2)保護者や家族の病気やケガ、災害・事故や冠婚葬祭等社会的にやむを得ない理由で保育が困難。(3)育児疲れやリフレッシュなど精神的身体的負担を解消したい等、家庭での育児が困難になったときに一時的にお子さんをお預かりする制度。
病児・病後児保育。ファミリーサポートセンター事業。子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ)。
(1)保育料第3子以降無料化。(2)すくすくギフト支給。(3)ふっつ子育てLINE及びふっつ子育てきずなLINE配信。(4)地域交流支援センター「カナリエ」における世代間交流。(5)産前産後ヘルパー派遣事業実施。(6)産後ケア事業実施。(7)新生児用紙おむつ処理用ごみ袋配付。(8)ファミリーサポートセンター利用クーポン券交付。(9)赤ちゃん休憩室の認定及び整備補助。(10)子育て応援ガイドブック配布。(11)子育て応援こどもノート配布。(12)保育士支援アドバイザー配置。(13)チャイルドシート貸付。(14)子ども家庭総合支援拠点設置。(15)子育ての話何でも聴きます窓口及び出張相談窓口設置。(16)療育等支援事業実施。(17)子育て世帯の新型コロナウイルスワクチン接種サポート事業実施。
(1)地域子育て支援員、保健師等による「子育てケアプラン」の作成。(2)保育カウンセラーの配置。(3)第3子以降学校給食費減免制度。(4)病児・病後児保育。(5)浦安市子育て支援パスポートの配布(2023年3月31日終了)。(6)子どもインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(7)ファミリーサポートセンター多胎児利用補助金。
ひとり親家庭ファミリー・サポート・センター利用助成金。
(1)子育て世代総合サポートセンター(妊娠から出産、子育てまで、子育て世代の身近な相談窓口として保健師などの専門職員が総合的に支援)。(2)産前産後ヘルパー事業(産前産後期に家族等から十分な援助が受けられない母親等の負担軽減を目的に、ヘルパーを派遣)。(3)RAKUIKU 子育てが楽しくなる笑顔の講座(親のしてほしいこと・気持ちをうまく伝える方法を具体的に身につけ、子どもを叱る回数を減らすことを目指す講座)。
-
高校生等医療費助成制度。子育てヘルプサービス事業。ブックスタート事業。父親育児支援事業。
「なし坊・かおりの子育て応援ナビ」による、子どもの予防接種スケジュールの管理や子育て関連情報の無料モバイルサービスの提供。
-
(1)学力の向上事業(学校外教育サービス利用助成事業、学力調査、小学校1年生からの英語授業、放課後学習教室・土曜スクール・夏季講座・放課後こどもクラブ)。(2)南房総学の推進(地域を学ぶ「南房総学」の導入、「日本一おいしいごはん給食」の推進)。(3)就学前の子育て支援(子育て支援センター「ほのぼの」設置、ファミリーサポートセンター実施、特別支援教育相談員設置)。(4)不登校対策(家庭児童相談員設置)。
(1)第3子以降の保育料及び給食費の無料化(18歳未満の子供が3人以上いる家庭を対象に、第3子以降の保育所保育料及び給食費を免除)。(2)第3子以降の給食費の減免(18歳未満の子供が3人以上いる家庭を対象に、小中学校の第3子の給食費を全額免除)。
(1)不妊治療に対する助成。(2)特定疾患児に対する見舞金の支給。
第3子以降の児童の保育料は無料。
-
(1)大網白里市に住所があり大網白里市立小中学校に在籍する児童生徒の保護者を対象に給食費を2012年4月から補助している。小学生1人につき月500円補助、中学生1人につき月600円補助。(2)出産祝金として第3子以降、1人8万円を支給。(3)病児保育施設利用助成として保育を必要とする乳児及び幼児、保護者の労働又は疾病等により家庭において保育を受けることが困難になった小学校に就学している児童が病児保育事業適用施設を利用した場合、日額1,000円を助成。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

千葉県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報