大阪府の子育て関連の独自の取り組み

大阪府内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)子ども・子育てプラザ(在宅での子育て家庭や地域での子育て活動を支援し、また乳幼児期の親子や子育て支援者、就学期の子どもが集い交流する機会を提供するなど、地域福祉活動の推進を図る)。(2)塾代助成事業(学習塾など提携する学校外教育サービスを利用した際に、1人当たり月額1万円まで助成。所得制限あり)。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1)「さかいマイ保育園」の実施(身近な保育所[園]をかかりつけ保育園として登録)。(2)「24時間ルール」の適用(児童虐待通告をうけてから安全確認まで24時間以内に対応[政令市初])。(3)子ども食堂。(4)子育て応援アプリ。(5)医療的ケア対応型小規模保育事業。
(1) 岸和田市公式プラットフォームアプリ開設。(2)岸和田市育児を応援する行政サービスガイド「ママほっと」を開設。
(1)子育てサービスガイド情報誌を配布。(2)こんにちは赤ちゃん事業(乳児家庭全戸訪問事業)。(3)保護者支援プログラムの実施(ファシリテーターによる親学習の機会を提供)。 (4)多胎児家庭育児支援事業の実施。(5)とよなか子育て応援団(子育て家庭に配慮した取組みをする事業者を登録・周知)。(6)子育ち・子育て応援アプリ 「とよふぁみ」(成長記録や予防接種のスケジュール管理と、行政サービスやイベントなどの情報発信)。
(1)出産祝いでの「エンゼル祝品」制度(積立式定期預金通帳)。(2)第3子以上を出産した方に小型自動車を3年間無償貸与する「ダイハツエンゼル車提供制度」。(3)子育て一時預かり利用券(ふくまる子ども券)を満1歳から3歳までの子どものいる家庭に1人年間1万円分を給付。(4)子ども医療費助成の対象を18歳まで拡充。
すいたファミリー・サポート・センターの多胎児支援(対象は3歳未満[生後3ヶ月~3歳の誕生日の前日まで]の多胎児の保護者で、すいたファミリー・サポート・センターの依頼会員であること。すいたファミリー・サポート・センターの相互援助活動を利用するとき、1家庭あたり年50時間[1時間700円]までを上限に補助。対象家庭には利用補助券を配布)。
-
(1)市立幼稚園で就労支援型預かり保育を実施(3ヶ所)。(2)「高槻市妊娠期からの子育てガイド」の交付。(3)妊娠期の父親向け「プレパパ教室」の実施。(4)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(5)不育症治療費助成事業の実施。(6)子育て総合支援センター(児童家庭相談事務所、児童発達支援事務所を併設)の設立・運営。(7)人工内耳装置等購入費助成事業の実施。
(1)一時預かり・病児保育・ファミリーサポートセンター・任意の予防接種・家事援助サービスに利用できる「子育て応援券」を4月1日付満0・1・2歳児(保育所等利用者500円×6枚、保育所等を利用していない者500円×12枚)及び妊娠7ヶ月の妊婦(500円×12枚)に配布。(2)妊娠安定期に訪問する「すくすくママ訪問」と産後に訪問する「すくすくベビー訪問」。(3)生後3ヶ月前後の赤ちゃんのご家族を訪問(こんにちは赤ちゃん訪問)後、申請者にファミリー・サポート・センターおためし券(1時間券×3枚)を交付。
(1)幼児教育・保育の無償化(0~5歳)。(2)2022年1月から子ども医療費助成の対象を18歳の3月末までに拡充。(3)ブックスタート事業により絵本と布製トートバックを4ヶ月健康診査の際に贈呈。(4)子育て世代包括支援センター、児童センターで各種子育て講座を開催。
(1)保育所(園)ふれあい体験(全ての認可保育所[園]及び実施認定こども園)で生後5~8ヶ月に1回と1歳の誕生月に全親子を対象に保育所を訪問。誕生月に誕生会やブックスタート[5種類から希望の絵本1冊をプレゼント]を行う)。(2)ふれあいルーム(市内の図書館等で市民グループの運営により、月2~4回定期的に親子の交流や本とのふれあいの場として開設)。(3)スマートフォンの機能を活用した子育て応援アプリ「スマイル★ひらかたっ子」を配信し、登録された住所や子どもの年齢等により対象者を限定したプッシュ通知等により、市民一人ひとりの状況に応じたきめ細かい情報発信に取り組む。
(1)出前型一時保育事業。(2)産前産後ホームヘルパー派遣事業。(3)中高生の乳児とのふれあいまなび事業。(4)障害児通学支援事業。
(1)プレママ・親子相談・交流事業(読み聞かせや育児相談などの取り組みを実施)。(2)赤ちゃんの駅推進事業(授乳室等を設置する市内の子育てバリアフリー施設を「赤ちゃんの駅」として登録し、情報提供)。(3)子育て応援動画配信(お家で親子で楽しめるふれあい遊びや、手づくりおもちゃ等の紹介)。(4)生活応援アプリ「やおっぷ!」(出産予定日や、子どもの生年月日に応じた予防接種等のプッシュ通知機能、子育て関連施設検索機能、相談機能等を備えたアプリを無料配信)。(5)2歳児保育料無償化。
2019年10月からの「幼児教育・保育の無償化」実施にあわせ、泉佐野市在住で泉佐野市内の施設に在園している児童の給食費無償化を開始。
(1)小学校1・2年生に加え、小学校6年生と中学校3年生に少人数(35人)学級を取り入れ、きめ細かな教育を実施。(2)全公立小学校に、6年生までの学童クラブを開設。平日午後7時までの利用が可能。土曜日も実施。(3)保育士による訪問事業。(4)産後ケア事業。(5)病児保育事業。(6)育児ヘルパー事業。
(1)青少年の居場所。(2)英語村事業。(3)子どもを守る位置情報(GPS)サービス(市立小学校1・2年生にGPS端末を無料で貸与)。(4)子育て応援事業。(5)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(6)リラット(子育てリフレッシュ館)の運営。(7)子育て世代包括支援センター(妊娠期からの乳房ケア)。(8)家庭教育サポートチーム派遣。(9)子育て応援リーダー事業。(10)「待機児童ZEROプランR」の推進。(11)まちを守る・子どもを守る防犯カメラの設置。(12)少人数学級の推進(35人学級を小学校4年生まで実施)。(13)ねやがわ版「GIGAスクール」。(14)多胎児家庭への支援。
子ども・子育て総合センターあいっく(0歳~就学前までの子どもと保護者が無料で利用できる屋内の遊び場)を運営。地元木材の河内材をふんだんに使い、木のぬくもりを感じながら遊ぶことが出来る。河内長野市外在住の方も利用可能。遊び場の他に、出産前からの子育て支援や相談業務、一時預かり事業、ファミリー・サポート・センター事業、幼児健全発達支援事業、家庭児童相談室事業、貸室事業など総合的に子育て支援の機能を備えた拠点施設となっている。新型コロナウィルス感染予防対策として、利用制限を行うとともに、公式アカウントによるYouTube動画配信やLINEによる情報発信や予約受付を行っている。
(1)ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成(2)3歳6ヶ月児健診のスポットビジョンスクリーナーによる視機能のスクリーニング検査実施(3)子育て応援ポイント(4)赤ちゃんの駅事業(5)新生児聴覚検査初回費用の一部助成(6)産後ケア事業(デイケア 自己負担1日2,700円)(7)造血細胞移植後定期予防ワクチン再接種費用一部助成(8)産婦健診の費用一部助成(産後2週目・1ヶ月目各5,000円)(9)妊婦健康診査受診券を多胎妊婦に対し追加交付(10)多胎児子育て応援ヘルパー事業(費用1時間700円) (11)スマートフォン向け「母子健康手帳アプリ」導入
0~18歳までの途切れない子育て総合支援窓口を有している。(1)満2歳までの子どもを持つ家庭に「子育てスマイルサポート券」の交付。(2)市の中心部から受け入れに余裕のある地域の保育施設への送迎を行う「送迎保育ステーション」。
和泉市子育てサークル活動支援補助金(登録・承認を得たサークルを対象に算定基準表により事業費の補助を行う)。
(1)学童保育延長。(2)小中一貫校の施設一体型。(3)豊能広域子ども急病センター。(4)カウンセラー巡回。(5)「箕面食ナビブック」「食ナビスタディシート」を学校に配布。(6)司書を全校に配置。(7)箕面・世界子どもの本アカデミー賞創設。(8)子育て情報を発信。(9)支援講師の配置。(10)教員セミナーを開催。(11)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。
養育家庭訪問事業として、支援が必要な家庭だけではなく、原則全戸訪問を実施。
(1)中学生学習サポート事業(はびきの中学生study-O[スタディオ])。(2)羽曳野市小・中学生スポーツクラブ活動事業(「女子サッカー」「男女硬式テニス」)。(3)留守家庭児童会学習支援事業。(4)英会話教室はびきのE-Kids!事業(はびきのイーキッズ)。
(1)公私立幼稚園、保育所、認定こども園、こども発達支援センター及びその他の児童発達支援事業施設を利用する門真市在住の児童について、2017年4月から5歳児、2018年4月から4歳児の利用者負担額を無償化しており、これを国に先行して、2019年4月から3歳児まで拡充する。(2)2019年10月以降は市独自で2号認定児童の副食費相当額も施設に補助する。
(1)新小学校1年生にランドセルの配付。(2)摂津市独自の減免として、子どもの事故または疾病によって15日以上保育所を欠席となった場合に、保育料の減額制度あり。
-
(1)スマートフォン向け子育てアプリ、藤井寺子育てアプリ(でらっこ)の配信。(2)ひとり親家庭入学祝い金の支給。(3)ひとり親家庭等学習支援事業。(4)産後ヘルパー事業。(5)オリジナル出生届。(6)おたんじょうカードのプレゼント。(7)子育て関連事業における電子申請導入。(8)藤井寺市サポートブック「はばたき」の配布。(9)1万円をチャージした「ふじいでらWAON」を配布。
子育て支援電話相談事業(365日24時間)。
(1)小中学校の空教室を利用して親子教室(赤ちゃん教室)。(2)青少年センター等の教育施設と共催して親子教室(就学前)。(3)市内の高校と連携し、地域子育て支援センターひだまりにて就学前の親子との交流や保護者に聞き取りアンケートを実施。夏休みには子育て講座の一時保育ボランティアをしてもらう。(4)地域子育て支援センターひだまりを利用していた子どもの保護者に講座等の一時保育、イベントの助手をしてもらう。(5)学生に対し「命の授業」を実施。3年生は実際に赤ちゃんとのふれあいや保護者から子育ての話を聞く。(6)保育士等の資格を有するが現在就労していない方に、保育現場復帰への支援。コロナ禍により、規模縮小での実施や未実施項目あり。
(1)玩具などの貸出をする子育てぽけっと事業。(2)初めて赤ちゃんを育てる母親を対象に育児を学び合う「親子の絆づくりプログラム“赤ちゃんがきた!”」。(3)子育ての困りごとに有効な17のコツを実践する前向き子育てプログラム「グループトリプルP」。(4)4歳~小学生低学年向けにレジリエンスを育み、自己肯定感と社会性などを伸ばしていく「ファンフレンズ」。(5)初めて子育てをする生後6ヶ月の赤ちゃんがいる家庭に市職員等が訪問し、市内の様々な子育て情報を伝える「1/2バースデイ」。
(1)公立のみ全て幼保一元化。(2)子育てアプリ「おりひめ☆すこやかナビ」。(3)認定こども園等に在園する第3子以降の子どもの保育料等を無償化。
(1)認定子育てサポーター事業を実施。(2)発達障がい児等療育事業「手をつなGO!」を実施。(3)市内30ヶ所に赤ちゃんの駅を設置。(4)利用者支援事業(保育・子育てコンシェルジュの配置)を実施。(5)中高生向けの命のふれあい授業を開催。(6)妊産婦タクシーチケットの交付。(7)産科医療機関で助産師による授乳指導や育児相談などが受けられる産後ケア事業を実施。(8)育児パッケージ(赤ちゃんの肌着等)、育児パッケージplus(感染予防グッズ等)のプレゼント。(9)妊娠中や出産、授乳についてなどの相談に助産師が応じる助産師の「ほっとアドバイス」や「産前・産後サポート」を実施。(10)子育て情報アプリの配信。
(1)2歳になるまでの乳幼児のいる家庭に市指定の可燃ごみ袋を配布。(2)ブックスタート事業(保健センターでの4ヶ月健診時に絵本を手渡して、絵本を通じた赤ちゃんとのふれあいの大切さを伝える)。(3)子育て情報冊子配布(はんなんDEあんしん子育てガイド、ママ・パパあんしんブック)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

大阪府について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報