山梨県の子育て関連の独自の取り組み

山梨県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)子育て・お助け隊(子育て経験者を無料で子育て自主サークルに派遣し、サークルの育成等を行う)。(2)子育て世代包括支援センターを開設し、妊娠期から様々な子育て施策を実施。(3)市営住宅子育て世帯等応援家賃助成制度。※上限、諸条件あり。
(1)不妊治療費の1/2補助。限度額10万円(男性・女性問わず、年度2回、通算10回まで助成可能)。(2)産前産後ケア事業(日帰り型)。産前及び産後1年以内までの母子が対象。相談、レスパイト、沐浴指導、交流・教室等を実施。
【都留市移住定住促進奨励制度】市外から転入し、住宅等を取得する際の費用の一部を助成するもの。対象経費は次の(a)~(g)の合計額とする。(a)住宅の取得等にかかる経費の3%に相当する額(上限30万円)。(b)住宅と併せて、これらに係る土地を同時購入した場合10万円。(c)中学校3年生以下の子の人数1人につき10万円。(d)夫婦のいずれも40歳未満の場合10万円。(e)市内に居住する親族(2親等以内)と同居した場合10万円。※下記は市内の建築業者を元請けとして住宅を新築、建て替え、増減築、改築又は改修した場合のみ。(f)新築、建て替え、増減築の場合、かかる経費の2%に相当する額(上限30万円)。(g)改築又は改修の場合、改築又は改修に要した額(上限10万円)。
(1)子どもと高齢者のふれあい事業。(2)子育て用品支給事業。(3)子育て用品交換マーケット事業。(4)乳幼児用品貸出し事業。(5)公立保育園英語教育事業。(6)宿泊型産後ケア事業。(7)健やか育児支援祝い金支給事業(1子目5万円、2子目10万円、3子目20万円)。(8)公共交通利用通学者支援補助制度(大学等へ通う際の定期券購入補助)。(9)中学生以下市営公共施設利用無料化事業。(10)ブックスタート事業(3ヶ月児に対して1冊贈呈)。(11)セカンドブック事業(3歳児に対して1冊贈呈)。(12)サードブック事業(小学校1年生に対して1冊贈呈)。(13)妊活応援事業(不妊治療費等を助成。不妊治療は上限30万円/年、不育症治療は上限15万円/年、不妊症・不育症検査は上限5万円/年)。
(1)市内の民間賃貸住宅を利用する市外から転入してきた子育て世帯に対し、家賃の助成金を上限月1万円交付。(2)仕事の都合等により、病気中・病気回復期にあるお子さんの保育ができない方のために、市立中央病院に併設された保育施設でお子さんを一時的に預かる大月市病児・病後児保育を開始。(3)保護者の子育てや進路、学校生活、特別支援等の悩みについて、教育相談員等(教員経験者)が相談に応じる。また、学校や家庭での教育活動全般等も、指導や助言等総合的に支援する教育支援室を開設。
(1)18歳までの子ども医療費助成。(2)ファミリー・サポート・センター利用者への利用料の半額助成。(3)生計を同一にする子どものうち、第2子以降の保育料・副食費を無償化。(4)子育て世帯包括支援センター設置による妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援の充実。(5)市立病院での病児・病後児保育所の開設。(6)産後うつ予防のための産婦を対象とした運動教室の開催(要予約)。(7)乳がん検診時の託児による受診しやすい体制づくり。(8)保健師、助産師、管理栄養士による個別相談の実施。(9)公認心理士、言語聴覚士等による発育・発達に関する専門相談の実施(要予約)。(10)愛育会による声かけ・見守り 等。
(1)ホームスタート事業。(2)子育て応援講座。(3)ベビーベッド貸出事業。(4)チャイルドシート貸出事業。(5)多世帯満3歳以上教育・保育給付認定子ども副食費助成(第3子以降、国対象外児童の拡大・所得要件、世帯内年齢要件)。(6)完全保育料無償化。(7)18歳に達した以後、最初の3月31日まで医療費無料 (8)小中学校に入学するひとり親家庭の児童制度に入進学支度金(1万円)を支給。(9)地域子育て支援力拡大事業。市内子育て団体の代表者でネットワークを作り、イベントの開催や地域の子育て活性化を図る。(10)ファミリーサポートセンター事業において多胎児を支援する場合は2人目以降の利用料を補助(3時間まで)。(11)市立小中学校の給食費無償化。
(1)子育て応援金支給(条件有)。(2)保育料第2子目以降無料化。(3)子ども医療費の0~18歳までの窓口無料化。(4)病児病後児保育。(5)ファミリーサポートセンター事業。(6)ほくとハッピーワーク常設設置。(7)小児科医の開業補助。(8)愛育班の支援。(9)市営子育て支援住宅。(10)子育て世帯マイホーム補助金。(11)養育支援訪問事業。(12)学校給食費の一部補助。(13)子育て世代包括支援センター設置による結婚から子育て期までの切れ目のない支援体制。(14)保育園の完全給食。(15)交通安全乳幼児用補助装置購入補助事業。(16)幼児環境教育プログラム。(17)教育支援ヘルパー事業。(18)教育ファーム。(19)産科医の開業補助。(20)学校給食無償化。
(1)公立全保育園(6園)の園庭開放(開放日は第1、3水曜日[3園]、第2、4水曜日[3園]。開放時間は午前10時~11時まで。対象者は妊婦、未就園児とその家族。各園に事前申込み必要)。(2)児童館で行う乳幼児教室(対象は0~3歳の保育園、幼稚園へ入園する前の親子)。(3)出産・子育て応援ギフトの給付(要面談)。(4)子育てかいてきBOX配布。(5)チャイルドシート貸与事業。
(1)母子健康手帳の交付(原則予約制とし全妊婦に保健師・管理栄養士による保健指導を実施)。(2)乳幼児健診(法定健診[1歳6ヶ月児、3歳児]以外にも4ヶ月児[医療機関で個別受診]、10ヶ月児の健診を実施)。(3)相談事業(全2歳児と5歳児を対象に幼児相談[保健師、管理栄養士、歯科衛生士、公認心理士]、発達に伴う心配事に公認心理士による個別相談)。(4)予防接種(おたふくかぜ[任意接種]の接種費用の一部補助)。(5)離乳食教室(前期・後期)、1歳ごはん教室。(6)随時相談対応。(7)子育てアプリによる情報発信。(8)ファミリーサポートセンター利用料の一部助成。(9)子育てガイドブックの配布。(10)その他。
(1)0~2歳児の第3子以降の保育料無料。(2)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。
(1)ベビー用品(ベット・シート・バス)貸与事業。(2)ファミリー・サポート・センター事業。
(1)子育てサイト・子育て支援公式インスタグラムからの情報配信。(2)チャイルドシート貸与制度。(3)学力検定料助成金交付制度(英語・漢字・数学・文書読解作成能力)。(4)BOOKスタート・新入生BOOKプレゼント・卒業生BOOKプレゼントの実施。(5)多胎妊婦健康診査助成事業。(6)母子保健事業。(7)キッズアカデミーの開催。(8)学習支援教室の開催。(9)子ども医療費助成事業(18歳まで)。(10)ベビークーポン事業。(11)幼児用チャイルドシート購入費助成事業。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

山梨県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月

お役立ち情報