福岡県の子育て関連の独自の取り組み

福岡県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
(1)大規模な屋内プレイパーク「子育てふれあい交流プラザ」「子どもの館」の運営。(2)子どもの遊び場&親同士の交流の場「親子ふれあいルーム」の全区設置。(3)授乳やオムツ替えのできる施設「赤ちゃんの駅」の官民協働実施(全国初)。(4)毎月第2日曜日に市内の登録店舗で様々な特典を受けられる「わらべの日」の実施。(5)小学校3~6年生、中学校3年生を対象に、放課後等を活用した学習機会を提供する「子どもひまわり学習塾」の実施。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
【第3子優遇事業】18歳未満のお子さんを3人以上養育するご家庭に対し、第3子以降のお子さんが小学校入学前の3年間にある間、副食費[おかず・おやつ代]の免除・助成や手当を支給。
学童保育所(クラブ)の待機児童の解消を図るため、民間事業者が行う放課後児童健全育成事業に対する補助事業を実施している。
(1)私立保育所での障害児受入加配保育士に対する補助制度。(2)社会福祉協議会が行う地域の遊び場整備に対する補助制度。(3)子育て中の保護者で組織された子育てグループが行う自助的活動に係る経費に対する補助制度。(4)ひとり親家庭、非課税世帯等に対するファミリー・サポート・センター利用料の半額助成制度など。(5)おたふくかぜ予防接種費用の一部助成(1回のみ)。
-
(1)休日等子育て支援事業(保護者の仕事、冠婚葬祭、病気または介護等により日曜、祝日に家庭で看る事ができない小学校1~6年生までの児童を預かるもの)。(2)子育て応援情報発信事業(就学前の乳幼児を持つ保護者を対象に、飯塚市の最新の子育て情報を集約した情報紙を毎月1回発行)。(3)【産前・産後生活支援事業】妊産婦が産前・産後において体調不良等のため、家事又は育児の支援を必要とする家庭に対し、支援員を派遣し支援を行うもの(母子手帳交付後2回、産後10回16週まで)。(4)低出生体重児健診事業(低出生体重児や先天性疾患、ハイリスク家庭の子どもを対象に個別の乳幼児健診を行い、継続的にフォローアップするもの)。
(1)IPPO事業(第一子で2ヶ月4ヶ月の乳児と母親を対象とした育児支援講座)。(2)病児病後児保育(3ヶ月~小学校6年生までの児童対象)。(3)ファミリーサポートセンター事業(運営はNPOに委託)。(4)子育てクーポン券支給事業(満3歳未満の乳幼児の保護者等に、満3歳の誕生日の前月まで1人当たり月額2,000円分のクーポン券を支給)。
第3子優遇制度(18歳までの児童を含み、3人目以降の0~3歳までの児童を家庭内で教育している世帯を対象として手当を支給する。なお、所得制限あり)。
(1)やめっこ夢祝金(第1子5万円・第2子8万円・第3子以降10万円)。(2)やめUIターン子ども応援手当(転入した中学生までの子どもに1人当り3万円支給)。(3)病児・病後児保育事業負担金軽減。(4)八女市パパママ子育て応援ショップ事業。(5)ファミリー・サポート・センター事業利用負担金への軽減。(6)小・中学校等入学祝金支給事業(小学校3万円、中学校5万円)。(7)路線バス通学定期券補助(路線バス通学定期券について購入額の2割及び月額1.4万円を超える分について補助金を支給)。(8)保育所等に通う3歳以上児の主食を無償で提供し完全給食を実施している。
-
大川市では国基準より3歳未満児の保育料を約70%軽減している(3歳児~5歳児クラスは無料)。
-
インフルエンザ予防接種費用の一部助成(1歳~中学校3年生、妊婦)。
(1)0歳から2歳児の児童を対象に、保育料について国の基準額より約30%軽減。(2)放課後児童健全育成事業について、全小学校において敷地内で事業を実施することで、移動時における児童の安全を確保。(3)小学校において少人数対応教員による、きめ細やかな指導を心がけている。
-
-
(1)市域面積14.15km2の狭い市域の中に、4ヶ所の児童センターを整備し、健康で情操豊かな児童の育成支援及び子育て支援を図っている。(2)全小学校の敷地内にログハウスの放課後児童クラブ舎を整備している。(3)長期休業中の保育も行う季節学童もあり。(4)保育所の園庭開放と育児相談の実施。(5)子育て情報誌「すくすく」の作成。
-
(1)教育関係と福祉関係を統合した「教育子ども部」の設置。(2)子どもの権利救済機関設置。(3)宗像市高等学校等奨学金事業の実施。
(1)赤ちゃんの駅(外出中に授乳やおむつ替えのできる場所を登録してもらい、乳幼児を抱える保護者が気軽に利用してもらう)。(2)子育てサロン(0~6歳[就学前]を対象に子どもを遊ばせながら、保護者が一息できる場所を提供する)。(3)出前保育(地域の公民館に出向いて遊びの場の提供を行う)。(4)広場事業(年齢別に遊びの場の提供を行う)。(5)わくわく子育てブック(市内の子育て支援の情報を掲載し、乳幼児全戸家庭訪問事業や転入者などに配布している)。(6)子育て応援アプリ(ICTを活用し妊産婦や子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスを提供する)。
-
(1)産後ケア事業。(2)産前・産後サポート事業(子育てサポーターによる訪問事業/マタニティーヨガやベビーマッサージや料理教室と通じて仲間づくり/多胎ピアサポート事業/多胎妊産婦への家事育児支援)。(3)子育て支援アプリによる情報提供。(4)妊娠を希望する女性等への麻しん風しん混合予防接種費用の助成。(5)造血細胞移植後の任意予防接種費用の助成。
(1)うきは市図書館3階の「ぬくもり広場」に「木のぬくもりコーナー」を設け、地域産材を使用した玩具を導入、幼少期から生活の中で木に触れ親しむ木育支援事業を実施。アスレチック風木製(杉)玩具(耳納連山・木のボールダム)、木製マグネットボード、筑後川、筑後川水系の杉で作った積み木、そうさんのバームクーヘン等を導入。(2)ウッドスタート事業として12ヶ月児を対象に乳幼児健診時に木製の玩具または食器等を贈呈。(3)ロタウイルスとおたふくかぜの任意予防接種の全額助成を実施。(4)新生児聴覚検査・産婦健診全額助成(上限あり)。
(1)多子世帯保育料減免事業。(2)子育てサロン。(3)子育て支援プログラム。(4)保育士就労支援給付金。(5)保育士家賃補助金。(6)障害児保育事業。(7)特別保育事業(ALT)。
(1)プロジェクトK事業(脳科学や認知科学に基づいたコオーディネーショントレーニングにより、市民の体力・運動能力の発達だけでなく知的能力の発達や情緒的な安定、創造性豊かな人格形成を図り、人材育成さらには地域活性化を目指す徳島大学大学院荒木教授との日本初の取組み)。(2)高校等通学補助金(子育て支援、定住促進、公共交通利用促進等の一環として通学等に公共交通機関利用者を対象に、定期券の5割程度を補助)。
(1)接種日に、1歳~中学校3年生に相当する年齢までの子どもに対するインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)接種日に、妊娠中の方に対するインフルエンザ予防接種費用の一部助成。(3)妊娠期~子育て期に、定期的にLINEでメッセージが届く「あさくらきずなメール」を配信。
(1)子育て世帯家賃補助制度(子育て世帯が、みやま市外からみやま市内の賃貸住宅に移り住む場合、月額最大2万円の家賃補助をする)。(2)第3子以降出産祝金(2015年4月2日以降に第3子以降の子どもを出産し、養育している家庭に10万円を給付する)。(3)子育て世帯マイホーム取得支援(子育て世帯がマイホームを取得する場合、最大30万円を補助する。転入の場合、さらにみやまのお米を合計180kg支援)。
(1)九州大学教育学部との連携協定の基づく事業の実施(九州大学伊都キャンパスにて、中学生が学生サポーターから勉強を教えてもらったり、大学生活の話を聞いたりする「伊都塾」の実施)。(2)いとしま学。(3)コミュニティスクール事業。(4)中学校1年生以上で英語検定(4級~1級)受検料の補助。(5)西南学院大学との連携に基づく中学生対象のイングリッシュキャンプの実施。
気軽に集まれる憩いの場として、各地区で「子育てサロン活動」を実施。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福岡県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報