福島県の子育て関連の独自の取り組み

福島県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
こんにちは赤ちゃん応援隊(市内にお住まいの赤ちゃんとお母さんが健やかに毎日を過ごせるよう、生後2ヶ月ごろの赤ちゃんがいる家庭を訪問。応援隊の皆さんは、地域の身近な子育て支援者として研修した後、市が委嘱した子育てに関心の高い方で、地域の子育て支援情報を提供しながら悩みや相談に傾聴する。また、必要に応じて地区担当保健師につなぐ)。
(1)就学遺児激励金。(2)ブックスタート事業。(3)ホームスタート事業。(4)ひとり親家庭医療費窓口無料化。
(1)絵本配布事業(認可外保育施設)。(2)子育て応援パスポート事業(協賛店舗等でサービスを受けられる)。(3)ファミリーサポートセンター事業(「まかせて会員」と「おねがい会員」間での育児の手助け)。(4)事業所内保育施設向け支援(スキルアップセミナー等)。(5)おたふくかぜ・ロタウィルスワクチンの一部助成。
(1)乳児の1歳の誕生月に絵本を送付する赤ちゃん絵本プレゼント事業を実施(父又は母に1年以上の継続した住民登録が必要)。(2)未就園児を持つ親子を対象に市立幼稚園を開放する「みゅう広場」、夏休みに在園児や未就園児を持つ親子を対象に市立幼稚園を開放する「夏休み園舎開放」、「子育て教育相談」等を実施。
(1)すこやか相談会(保育園・幼稚園の4歳児と保護者を対象にした相談会)。(2)フォローアップ訪問(すこやか相談会実施後、引き続き支援が必要な子どもを対象に各園の個別訪問を実施)。(3)子育て支援アプリ「ぽっかぽか」。(4)子育て支援ガイドブック「ぽっかぽか」発行。(5)子育てスキルアップ事業(妊婦及び乳幼児保護者を対象に、親子の愛着形成・生活リズムの重要性・メディアコントロールについて健康教育を実施)。(6)妊産婦医療費助成。
すくすく赤ちゃん応援券(0~1歳児の養育者へおむつや粉ミルクなど指定品目の購入を助成する。1人あたり6万円の応援券を贈呈。支給された応援券は、登録店舗で購入する際、代金の一部として利用できる)。
(1)県外医療機関や助産所で受診する妊婦健康診査、産後1ヶ月健康診査、新生児聴覚検査の費用を一部助成。(2)妊婦歯科健診の無料化。(3)未就学児のファミリーサポートセンター利用料の一部を助成。
(1)インフルエンザ予防接種費用の一部助成。(2)内部被ばく検査(小中学生、学校検診)。(3)小学校でのフッ化物洗口事業。(4)不妊・不育治療費助成事業。
(1)第1子の保育所保育料の条件により全額又は一部助成(第4-1階層のひとり親世帯等区分の第1子を除く)。第2子以降の保育所・幼稚園保育料の全額助成(階層によって第2子の数え方が異なる)。私立も公立に準じて助成。(2)出産祝金(出生日まで連続して1年以上住民登録のある父母に子1人につき1万円支給)。(3)移動式赤ちゃんの駅の無料貸出。(4)出産時交通費助成。
(1)在宅児童への子育て支援奨励金(3~5歳児月額5,000円)。(2)田村市立幼稚園給食費無償化。(3)教育・保育施設等給食費助成(月額4,800円上限)。(4)第3子以降の幼児教育・保育の無償化。
(1)夜間小児科・内科初期救急医療事業。(2)子育て応援ハンドブックの配布・子育て応援ウェブサイトによる情報発信。(3)大学一時金融資資金利子補給。(4)在宅保育支援金交付事業。(5)多子世帯子育て応援支援金支給事業。(6)ひとり親養育費確保に係る公正証書作成補助及び保証契約保証料補助。
(1)こどもの遊び場の運営(天候に左右されない遊び場をこどもに提供)。市内4ヶ所無料(2)伊達市子育て応援出産祝金給付事業(第3子以降:出産時30万円、小学校入学時20万円)。(3)幼児発達支援事業(未就学児の発達支援)。(4)妊娠32週以降の育児パッケージのプレゼント。(5)担当保健師らによる妊娠から就学までの切れ目ない支援。(6)助産師等の訪問による産後ケアの実施。(7)離乳食などに関する相談(ぱくぱく栄養相談会)。(8)保健師による携帯電話を使用した相談。(9)子育て情報を発信する市独自の子育てアプリの運用。
(1)同一世帯で兄弟姉妹が同時に保育所、幼稚園または認定子ども園に入所(入園)している場合、保育料の軽減制度あり。(2)予防接種費用の助成:インフルエンザ、おたふく、風疹。(3)特定不妊治療費の助成。(4)不育検査費・不育治療費の助成。(5)妊婦歯科検診費の助成。(6)出産ママタクシー:妊娠36週以降の妊婦健診受診時、出産時の入退院・産後1ヶ月までの健診受診時のタクシー料金助成。(7)1ヶ月児健診(乳児)の助成。(8)産後ケア事業:デイケア、ショートスティ。(9)出産ママヘルプ事業:産前産後にヘルパーを派遣し、家事育児を支援。(10)フッ化物配合ジェルの配布(1歳6ヶ月児健診・3歳児健診)。(11)フッ化物洗口事業(市内の保育所・幼稚園の5歳児)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福島県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • goo住宅・不動産限定キャンペーン デイリーウォーター by goo Amazonギフト券5,000円プレゼント!