愛媛県の子育て関連の独自の取り組み

愛媛県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)松山市に居住する0歳から18歳までの子育て、発達、虐待、いじめ、不登校、問題行動などの子どもに関することや、妊娠・出産についてのさまざまな相談窓口として「子ども総合相談」を設置し、医療機関や警察、教育委員会などの関係機関と連携し、対応している。(2)いじめ相談専用電話「いじめほっとらいん」を設置し、いじめに関する相談に対し学校や教育委員会など関係機関と連携し対応している。(3)LINEを使った相談窓口「こども・子育て・DVらいん相談@まつやま」を開設し、子どもや子育てに関すること、ひとり親に関すること、DVについてなどさまざまな相談に対応し、必要に応じて支援につなげている。
(1)マイ保育園(妊娠中から満3歳まで保育所等で支援)。(2)子育てファミリー応援ショップ(登録ショップ独自の割引や特典)。(3)子育て応援ヘルパー派遣(家事や育児の支援が必要な家庭へのヘルパー派遣)。(4)子どもが真ん中応援券(0歳児を対象に市内で使える5万円の商品券を交付)。(5)しまなみの子どもを育む交通費支援事業(島しょ部に住む子育て世帯にしまなみ海道利用料等を最大1万円助成)。(6)ファミリー・サポートひとり親支援事業(ファミリー・サポートにひとり親家庭が児童を預けた際の利用料金を半額助成)。(7)イクメン育成事業(休日に講座を実施し、父親の育児参加を支援)。(8)子育て応援アプリの導入。
(1)子育て応援給付金の支給。新生児等を養育している方に支給(居住等の要件あり)支給額は新生児1人につき10万円、満1・2歳児に各5万円(第3子以降10万円)。(2)絵本の贈呈8ヶ月児健康診断の際に3冊の中から1冊を選んでもらい、贈呈するもの。贈呈の際には、地域のボランティアによる読みきかせも行っている。
(1)八幡浜市地域型放課後児童見守り事業補助金。(2)八幡浜市子育て応援ポスト設置事業。(3)子育てリレーファイル「みかん」配布。(4)保険適用となる不妊治療等に係る一部負担金を無料。(5)オンライン相談(LINE・ZOOM)。
(1)エンゼルヘルパー派遣事業(産前産後6ヶ月以内の方で家事・育児の援助が必要な家庭へヘルパーを派遣。1日1回、2時間以内。月曜~金曜の午前9時から午後5時まで。利用料金1時間500円)。(2)子育て応援パスポート交付(市内の協賛店舗において各店舗が提供する独自のサービスを受けられる)。(3)保育料の軽減(同一世帯に小学校3年生以下の子どもが2人以上いる場合、第2子目半額、第3子目無料)。(4)第一子子育て応援券給付(第1子[1歳未満]の出生・転入時に市内の登録店舗でベビー用品等を購入できる3万円分の応援券を支給)。(5)授乳・おむつ交換用テントの貸出し(乳幼児を連れて参加できるイベントの主催者対象)。
(1)保育料の負担軽減。(2)子育て応援アプリ「ハピすく」の運用。(3)ハピすく(産前産後)ヘルパーを派遣。(4)5歳児相談。(5)ウイングサポートセンター設置。(6)放課後児童クラブの対象を小学校6年生までに拡大。全小学校区完全実施。
(1)出生時に、全員に子育て支援ファイルきらめきを配布。(2)市内すべての幼稚園、保育所、認定こども園、小学校、中学校に特別支援教育巡回相談を実施。(3)公立幼稚園において、第3子以降給食費無料化事業を実施。 (4)2021年4月より子育て世代包括支援センターを設置し、妊産婦相談、おっぱい相談、ママほっと広場、子育て応援広場を開催。必要な方へ産後ケア事業等を提供し、妊娠期から子育て期にわたる様々な悩みに対し、相談支援、情報提供を実施。(5)第3子以降における認可外保育所保育料無料化(軽減)事業及び第3子以降における認定こども園等(1号認定)給食費無償化(軽減)事業を行うことにより保護者の経済的負担の軽減を図っている。(6)第3子以降児童の保育料無償化・副食費減免(所得による年齢制限なし)。
-
(1)あったか子育て応援事業(育児支援金支給事業・乳児紙おむつ支給事業・四国中央市独自の多子軽減による副食費徴収免除)。(2)子育て世代包括支援センター事業。(3)子ども若者発達支援センター設置。(4)地域児童見守りシステム(ICカードリーダーによる登下校管理)。(5)園庭・校庭等芝生化事業。
(1)第3子以降保育料及び副食費無償化事業(子どもを3人以上扶養している世帯※で、保育所及び幼稚園等に入所・入園している3人目以降の子どもの保育料及び副食費を無料とする。市税等の滞納が無く、市民税所得割課税額が30.1万円未満の世帯を対象。要申請)。※保護者と生計が同一であれば年齢に関わらず対象。(2)子育て応援券交付事業(子育て世帯の経済的負担を軽減するとともに、安心して子どもを育てる環境の整備を図るため、乳児に必要な子育て用品の購入に使用できる応援券を交付する。要申請)。
子どもの健やかな成長を支えるため、乳幼児期からの成長の記録を綴る、とうおん子育て支援ファイル「きらり」をすべての子どもに配布している。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

愛媛県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報