和歌山県の子育て関連の独自の取り組み

和歌山県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
(1)小・中学生で交通事故による遺児等に対して、中学校卒業まで積立金を積立て。(2)児童扶養手当の受給対象となりうる世帯のうち、母又は父が障害年金を受給しているため児童扶養手当を受給できない世帯に対して、児童扶養手当と年金の子の加算額との差額を支給。(3)三世代で新たに同居又は近居する住宅の取得や同居のための住宅をリフォームする場合、費用の一部を助成。
母親の妊娠中の記録や子どもの健診結果などを登録できる子育て支援アプリ(電子母子健康手帳)の開発・配信を実施。
(1)小中学生医療費助成事業。(2)発達支援保育事業。
「子育て家庭訪問支援員」による、就学前児童宅の全戸訪問を実施し、地域や行政による子育て家庭への見守り体制を強化。
(1)御坊市第3子以降子育て応援事業(第3子以降の子どもの満1歳~満6歳まで毎年10万円給付)。(2)御坊市第3子以降子育て応援(学校給食費助成等)事業(第3子以降の小・中学校の給食費を無料化[給食を利用していない場合は年間4万円を給付]する)。(3)御坊市子ども医療費助成制度(18歳まで[高校卒業程度]の子どもの医療費[保険診療の自己負担分]を助成する)。
ひとり親家庭の児童が利用したファミリーサポートセンター事業、子育て短期支援事業、病児・病後児保育事業に要した費用の一部を助成。上限1.5万円(年間)。
(1)子育て支援センターつぼみ“子育てひろば”(未就園の親子の利用可。年齢別を対象とした活動、サークル活動、育児講座の開催等。随時育児相談受付)。(2)子育て家庭の相談支援の充実。子育て推進課、学校教育課、保健センターが連携し、園訪問、転入訪問、学校訪問等で発達的な課題のある児童、育児不安や課題を抱える家庭の早期発見と対応を行う。(3)子育て家庭応援事業への取り組みとして、毎年育児講座を開催。(4)ファミリー・サポート・センター事業。
(1)第3子以降の保育料の無料化(全年齢を無料)。(2)一般不妊治療(人工授精など)は1の年度につき上限6万円を連続する2年間助成、所得制限無。(3)特定不妊治療(体外受精、顕微授精)は和歌山県特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けている者に、治療に要した費用に応じて上限10万円を助成。特定不妊治療に至る過程の一環として行われる男性不妊治療には上限5万円を助成。(4)子育て支援センター3ヶ所開設。
(1)高機能自閉症タイプの子どもとその家族を対象にグループセラピーを年3回実施。参加することで、子どもたちが自己肯定感を持ち、母親も安心できることを目的としている。(2)小学校2、4、6年生に「命の大切さを知る授業」の出前講座を各小学校1クラスずつ実施。子どもたちが自己肯定感を持ち、自分や周りの人を大切にできる気持ちを持つことを目的としている。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

和歌山県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集