鳥取県の子育て関連の独自の取り組み

鳥取県内の子育て関連の独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

子育て関連の独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 子育て関連の独自の取り組み
子育て支援カード(とりっこカード)の発行。対象は、3子以上の子を有し、最低1人が就学前である子育て家庭の保護者。「とりっこカード」を協賛企業で提示することにより各種サービスを享受できる制度。
プレマタニティースクールの実施(2011年度から、高校生を対象に近い将来自らが親になるというイメージを持ち、大切な命と向き合っていけることを目的とした講義を実施)。
(1)保育料の軽減。(2)特別医療費助成(18歳年度末まで)。(3)出産手当金(第3子以降)。(4)給食費軽減(第3子以降)。(5)子育て応援カード。(6)市指定ごみ袋無料配布。(7)不妊治療費助成(特定不妊治療・人工授精)、不育治療費助成。(8)母親・両親学級、子育て教室等。(9)産後ケア。(10)妊婦歯科検診費助成。(11)ブックスタート。(12)子育てガイド配布。(13)育児パッケージ配布。
(1)すくすく教室(検診等で経過観察が必要な児や、育児不安がある保護者に療育を取入れた遊びを通し集団的な助言指導を行う)。(2)ハッピー子育て応援団(妊娠中、子育て中の方へ子どもとの関わり方や人間関係作りの体験学習を助産師や小児科医師等の講師を招き開催)。(3)赤ちゃん登校日(赤ちゃん親子が学校に出向き児童とふれあい交流を行う)。(4)カニ集会・マグロ集会(幼稚園保育園の年長を対象に食育の観点から地元の食材を題材に生産者等から話を聞く学習会を開催)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

鳥取県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集