あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

山形県の認可外保育所の補助制度

山形県内の認可外保育所の補助制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名認可外保育所の補助制度
保護者の経済的な負担軽減を目的に、認可外保育施設を利用している乳幼児の保護者に対し、その利用料(保育料)の一部を補助。補助基準額(1)同時在園:月額1.3万円、(2)第3子以降:月額3.7万円、(3)一定所得未満世帯(所得制限あり)第2子:月額1万8,500円、(4)ひとり親・障がい者世帯(所得制限あり)第1子:月額1万8,500円、第2子:月額3.7万円。
県補助事業(県1/2、市1/2)。多子世帯における保育料負担軽減。第2子1人当たり月1.2万円、第3子以降1人当たり2.4万円を補助する。また市単独事業により小学校6年生以下の兄弟の中で数えて第3子以降となる児童については現行の補助内容に関わらず当該児童に月2.4万円を補助する。
-
-
多子世帯における経済的負担軽減のため、認可外保育施設・保育所・幼稚園等を利用している児童が2人以上いる場合、2人目は月額1.2万円、3人目は月額2.4万円を補助。また、18歳未満の児童のうち、出生の早いものから3人目以降の児童の保育料を補助。
入所児童の年齢、市民税の世帯合計額、2人以上保育園・幼稚園等に入所している世帯の場合は何人目の児童かによって、補助金額が変わる。例えば、保育園・幼稚園等に入所している1人目の児童が0歳~2歳で市民税が非課税世帯の場合は、補助金該当しない。一方、保育園・幼稚園等に入所している児童が18歳未満の児童から数えて3人目の場合は、保育料全額補助。
届出保育施設等(認可外保育施設)を利用している児童の兄弟姉妹が届出保育施設等又はその他の施設(認可保育所、認定こども園、幼稚園等)を利用している場合、保護者の負担を軽減するために保育料の一部を補助。第2子児童一人当たり、月額1.2万円。第3子以降児童一人当たり月額2.4万円。
全額分の保育料をお支払いいただいたうえで、支払った保育料の半額を申請に基づき後で補助する制度で、上限額は月額1.4万円。同時入所の3人目以降は、全額補助。ただし、上限額は月額2.8万円。
多子世帯の第1子から対象とし補助金を交付している。(1)第1子は月額保育料の1/6か4,000円の少ない方(2)第2子は月額保育料の1/2か1.2万円の少ない方(3)第3子は月額保育料の全額か2.4万円の少ない方。
認可外保育施設に通う児童の家庭について、第1子6,000円、第2子1.2万円、第3子2.4万円を助成。
第3子について、市独自に無料相当の補助を行っている。
-
-

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

認可外保育所の補助制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

山形県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元