あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

岡山県の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度

岡山県内の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名利子補給制度補助/助成金制度
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【津山市地域材利用新築住宅補助金】30万円。10m3以上の場合、40万円。(その他の上乗せ補助金)JAS材は10万円、三世代は30万円。木づかい定住促進は50万円。三世代と木づかい定住促進は併用できず。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 130万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)住宅建築に係る工事契約日に年齢が満40歳以下の人(2)2020年3月31日までに認定申請をし認定を受けた人、2021年3月31日までに交付決定を受けることができる方(3)建築経費が500万円以上の人(4)市税等の滞納がない人(5)笠岡市に10年以上定住することを誓約する人(6)新築住宅の所有者の一人であること(7)2016年4月以降に契約し、中学生以下の子どもがいる世帯には1人につき10万円(最大30万円)の加算有り
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 本市に(5年以上)定住の意思がある者。補助対象経費の1/10。補助上限額100万円(ただし、市外業者が施工する場合は、上限額50万円)。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【定住促進住宅新築助成金】5年以上暮らす住宅の新築について、費用の1/1を補助。(a)市内に事業所を有する建築業者が施工。新築費用の1/10以内の額、上限は三世代同居及び三世代近居による場合100万円、未成年者を養育する場合75万円、その他は50万円。(b)市外に事業所を有する建築事業者等が施工。上限は三世代同居及び三世代近居による場合30万円、未成年者を養育する場合25万円、その他は15万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 50万円
条件・備考等 -条件・備考等 【新見の森と匠を活かす家づくり支援事業補助金】延べ面積が70m2以上の新築で、地元産材を70%以上使用し、その内70%以上が乾燥材であること。市内業者で施工すること。市税等の滞納がないこと。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円
条件・備考等 -条件・備考等 【若年者新築住宅補助事業】新築住宅の建築または購入に要した費用の10%。上限は100万円。2017年度から補助対象年齢を50歳未満までに拡充(2016年度以前は補助対象者は40歳未満)。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 【定住促進補助金】市が販売する2つの分譲宅地(東町ひまわり団地、牛窓西浜団地)を購入し、住宅を建て、住民票を当該地に移した人には、分譲地販売価格の30%を補助。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)60万円(2)12万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【真庭市木材需要拡大事業】市内の製材所で製材した木材を一定量使用し、かつ、市内の建築業者の施工により建築した在来型木造住宅に対し、60万円補助。(2)【真庭市建築物耐震診断等事業費補助金】1981年5月31日以前に着工した一戸建ての民間木造住宅等に、簡易診断4万円、現況診断の場合は6万円補助。現況診断において「倒壊の危険性が大」と診断された場合、延べ床面積200m2以内の木造住宅の補強計画で6万円補助。条件により助成額変動有。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 100万円+α万円
条件・備考等 -条件・備考等 【みまさか暮らし新築住宅補助金】2015年4月1日以降に市内に移住した方で住宅を新築又は新築購入した場合。対象経費の1/10以内、上限50万円を交付。さらに以下の加算あり。市内事業者は、契約金額の1/2、上限10万円。義務教育終了前の子が同時に転入した場合、子ひとりにつき5万円。住宅を取壊して新築した場合、解体費用の1/2、上限30万円。申請者またはその配偶者のどちらかが50歳未満の場合、宅地購入費用の1/2、上限10万円。
制度の有無 なし制度の有無 なし
上限金額 -上限金額 -
条件・備考等 -条件・備考等 -

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

岡山県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元