あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

石川県の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度

石川県内の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。市区名をクリックするとその市区の詳細が確認できます。

市区名利子補給制度補助/助成金制度
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)150万円(2)150万円(3)30万円(4)70万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【わがまち金沢住宅取得奨励金】金沢市民がまちなかに戸建てを取得する場合、戸建建築借入金の7.5%、上限150万円。45歳未満は、2.5%(上限50万円)を加算。居住誘導区域の場合、5%(上限100万円)。地区計画区域・まちづくり協会区域の場合、上限50万円。(2)【ようこそ金沢住宅取得奨励金】転入者がまちなかに戸建てを取得する場合に助成。金額は(1)と同様。(3)【木の家づくり奨励事業】金沢産すぎ柱1本あたり2,800円、上限25万円。上乗せ5万円あり。(4)【里山地域における分家住宅等建築奨励金制度】里山地域で新築を取得した場合、借入金の2.5%(上限50万円)を助成。多子世帯には1.0%(上限20万円)の加算あり。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)280万円(2)100万円(3)10万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【定住促進住宅取得奨励金】市で住宅新築・購入し金融機関から資金借入れた人に奨励金交付。借入額3%、上限30万円。市内業者利用・市外転入で各々借入額2%、上限20万円。中学生以下の子と同居1人につき借入額1%、上限10万円。特定分譲地で新築の場合、200万円加算。(2)【移住定住促進住宅取得補助】県外から市に転入、戸建住宅を新築・購入費用の50%(上限100万円)補助。(3)【市産材使用住宅助成金】市産材を所定以上使用の場合、1戸あたり10万円を助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)110万円(2)40万円(3)20万円(4)10万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【飛行場周辺地区居住環境整備助成金】航空機騒音区域で、騒音緩和を配慮した住宅を建設する場合にうるささ指数に応じて最大50万円を補助。市外転入者には30万円の加算、3世代住宅で最大20万円の加算、45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(3)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(4)【住まいる小松奨励金】分譲宅地を購入して住宅を建築する場合に10万円を補助。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)30万円(2)30万円(3)100万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【輪島産材活用住宅助成事業】住宅の新築とあわせて地域材の普及活動に協力できる者対象に30万円を助成。地域材を住宅材の50%以上を使用する等、要件あり。(2)【三世代ファミリー同居・近居促進事業】三世代で同居・近居を目的に住宅を取得した方に30万円助成。(3)【輪島市居住誘導促進事業】輪島市立地適正化計画に定める居住誘導区域に自己の居住用の住宅を新築する者に建設費の全部又は一部を補助。補助率10/10、上限額100万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 30万円
条件・備考等 -条件・備考等 【珠洲木材活用住宅助成事業】市内の業者が建築した地域産材を一定規模以上使用する住宅。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)110万円+α万円(2)60万円+α万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を新築する市外からの転入者を対象に基本額70万円と加算額(18歳以下の子ども1人あたり20万円、市内業者施工30万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円)を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成】住宅を新築する45歳未満の方を対象に基本額30万円と加算額(18歳以下の子ども1人あたり10万円、市内業者利用10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が35歳未満の場合に10万円)を助成。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (商品券+現金)300万円
条件・備考等 -条件・備考等 【住まいづくり奨励金交付事業】(1)新築住宅を建築する者に一律10万円の奨励金を交付。加算奨励金として、市内業者20万円、転入者50万円、子育て世帯30万円、三世代同居世帯30万円、若者世帯30万円、女性応援30万円を交付。(2)分譲地に新築住宅を購入する者に奨励金を交付。転入者かつ市内業者施工250万円で住宅取得費の2%(上限20万円)、転入者かつ市外業者施工250万円で住宅取得費の1%(上限10万円)、市内在住者一律260万円、加算奨励金として、子育て世帯10万円。※20万円までは地域商品券、残りは現金で支給。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 200万円
条件・備考等 -条件・備考等 【かほく市若者マイホーム取得奨励金】45歳未満に限り、対象借入金額の5%を助成。限度額は転入者80万円、市内在住者30万円。加算額として市内業者活用20万円、UIJターン30万円、新婚さん住まい応援事業補助金受給者またはUIJターン住まい補助金受給者50万円、三世代同居・近居者20万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)80万円(2)30万円(3)100万円(4)45万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【定住促進奨励金】市外から転入する方に住宅ローンの10%を補助。上限50万円又は80万円。(2)【若年層定住促進奨励金】45歳未満の方に住宅ローンの10%を補助。上限30万円。(3)【白山ろく地域定住促進奨励金】白山ろく地域で新築する方に住宅ローンの10%を補助。上限100万円。(4)【三世代同居近居促進事業補助金】新たに三世代同居・近居を始める方に30万円を補助。県外転入者45万円。
制度の有無 なし制度の有無 あり
上限金額 -上限金額 (1)170万円(2)30万円
条件・備考等 -条件・備考等 (1)【定住促進補助金制度】45歳未満の定住を目的に市内で住宅を取得し所有権をもつ方が対象。前住所、定住先等の要件により加算金あり。最大170万円を助成。(2)【加賀の木づかい奨励金制度】住宅を新築する場合20万円。その他要件により加算金あり。
制度の有無 あり制度の有無 なし
上限金額 7.5万円上限金額 -
条件・備考等 勤労者が市内において、新築のマイホームを建築した資金について、市が利子の一部を補給(限度額7.5万円、返済負担率等による制限あり)。条件・備考等 -

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、ほかのエリアを見てみる

首都圏
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄

石川県について、ほかのテーマをチェックする

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・育児
乳幼児医療
幼稚園・保育園
小学校・中学校

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建築
新築購入
中古購入
増築・改築・改修
その他

公共サービスや治安

公共料金
安心・安全
医療
ごみ

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元