千葉県の移住支援制度

千葉県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
なし
なし
なし
なし
なし
なし
【空き家バンク制度】所有者等から空き家に関する情報提供を受け、市が現地確認を行い、問題がなかった空き家を空き家バンクに登録、情報公開する。
なし
(1)【高齢者住み替え支援事業】市内に居住している高齢者が、身体的、経済的な理由等により、住環境を改善するため、市内の民間・UR賃貸住宅に住み替える場合に、仲介手数料、礼金、引越費用(半額)を助成(上限15万円)(2)【親・子世帯近居同居支援事業】離れて暮らす親世帯・子世帯が近居※または同居した場合に助成を行う。(建築・購入の場合:最大20万円、賃貸借契約の場合:最大10万円)。※同一の小学校区、又は直線距離で1.2km以内の範囲に居住すること。(3)【家賃債務保証支援事業】低所得者のうち、高齢者世帯、ひとり親世帯、障害者世帯等に対して、家賃債務保証契約時に要する初回保証料の1/2を助成(上限1万5,000円)。その他要件あり。
(1)移住を支援するNPO法人に移住相談業務を委託。相談窓口を開設し、移住希望者の様々な相談に対応。また、NPO法人と連携し、首都圏での移住相談会や、移住体験ツアーなども実施。(2)移住定住促進助成金交付制度(市内の民間賃貸住宅を利用する転入子育て世帯に、家賃助成金を交付。月額2万円上限、最大12ヶ月)
(1)木更津市、NPO法人木更CoN、千葉県宅建協会南総支部で三者協定を締結し、不動産物件・就労・子育て・医療・生活利便施設など住環境及び労働環境の情報を提供する移住・定住相談窓口の設置。(2)空き家バンク(リフォーム助成制度あり)
なし
結婚新生活支援事業として、新居の建築又はアパートへの転居に要する費用若しくは引っ越しに要する費用について1世帯最大24万円を交付(所得要件あり)
(1)「空き家バンク制度」。(2)【三世代同居等支援事業補助金】転入者が三世代同居・近居かつ市内居住を行う目的で住宅の新築・購入・増築する場合、取得費用の1/2を助成。新築・購入は上限80万円(市内業者が行う工事は100万円)、増築は上限30万円(市内業者が行う工事は50万円)。
なし
(1)空き家バンク(空き家を登録し市・宅建協会及び全日本不動産協会が協力して移住希望者との橋渡しを行う)(2)【定住人口維持増加活動支援事業】(a)空き家バンク賃貸登録物件リフォーム補助(空き家バンク賃貸登録物件を所有者又は賃借人がリフォームする費用の1/2最大30万円を補助)(b)空き家バンク成約奨励金(空き家バンク登録物件の売買成立により最大5万円を交付)(3)戸建賃貸住宅家賃補助事業(上限2万円×24ヶ月)(4)新規就農サポート(就農に係る農地の斡旋、地域農業者との顔合わせ、機械購入費補助等)(5)移住相談窓口
空き家バンク制度を実施
【旭市定住促進奨励金】過去3年以上旭市の区域外に住所を有し、転入の前後3年の間に住宅を取得(新築の場合は、所有権保存登記がなされているもの)していること。また、市税及び国民健康保険税の滞納がないこと。交付額は世帯構成等の要件によって異なる。
【親元近居住宅取得促進事業】子世帯と親世帯が近居(市内居住)するために住宅を取得した場合にかかる登記費用の一部を助成。一定の要件を満たす人に、最大10万円を補助。
なし
(1)空き家バンク制度相談窓口(2)【若者等定住促進奨励金制度】「住宅の取得」および「賃貸住宅へ入居」した若者夫婦を対象に奨励金を交付する。住宅の取得の場合1世帯につき60万円(中学生以下の子ども1人につき5万円を加算])、賃貸住宅への入居の場合1世帯につき10万円(転入世帯の場合は10万円を加算)を交付する。
市原市空き家バンク。空き家の売却又は賃貸を希望する所有者から申込みを受けて登録した情報を、市内への移住・定住を目的として空き家の利用を希望する者に対して紹介する。
シニア世帯の住み替え支援と、子育て世帯の市内への移住を促進することを目的に、高齢者住み替え支援相談制度を2014年度よりスタート。
なし
(1)空き家バンクを実施(2)フラット35(子育て支援型・地域活性型)の借入金利を一定期間引き下げる制度を実施。※我孫子市住宅リフォーム補助制度を利用することなどの要件あり。
住宅取得奨励金交付制度。鴨川市ふるさと回帰支援センター事業・市役所内に移住相談窓口を開設(平日8時30分から17時)。鴨川ふるさとハローワークも市役所内にあり就職相談も可能・空き家情報提供・都内イベントでの出張相談会や移住セミナー開催・帰農者セミナー(市民や既移住者と一緒に野菜づくりを学びながら、地域とつながりをつくり、先輩移住者の体験談や地域の情報収集もできる移住前後のコミュニティ)
なし
(1)君津市空き家バンク(空き家を活用し、定住促進を図るため、千葉県宅地建物取引業協会南総支部と連携し、所有者と利用希望者との仲介を行う。また、同支部が保有する不動産情報について、希望者からの条件に合った情報を提供。)(2)「きみつニューライフコンシェルジュ」制度(市外在住者の移住相談や、移住関連イベントへ参加。)(3)新規就農支援事業(奨励金の貸付、貸出可能な農地・農家住宅を斡旋。)
(1)(社)千葉県宅地建物取引業協会南総支部との協定による物件情報の提供(2)富津市空家バンクを実施
なし
【四街道市三世代同居・近居住宅支援事業補助金制度】親世帯または子世帯の一方が市外から市内に転入し、三世代同居または近居のために住宅を取得(新築、購入)した場合、その費用の一部を補助する。※先着順、予算枠がなくなり次第終了。
袖ケ浦市空き家バンク制度(補助なし)
空き家の所有者と空き家への居住希望者を対象とした空き家バンク制度。
なし
【白井市親元同居近居支援制度】市内在住の親世帯との同居や近居を目的として、市外から転入してきた一定の条件を満たす人を対象に、住宅の購入、新築、増築、リフォーム費の一部を補助する。補助限度額は、50m2以上の住宅を購入、新築は40万円。30m2以上増築は30万円。20万円以上のリフォーム工事は10万円。中学生以下の子どもがいる場合は10万円を加算。
空き家バンク制度
(1)南房総市空き家バンク(2)移住・二地域居住体験(田舎暮らし体験ツアー、トライアルステイ[試住]受け入れ)(3)移住相談会(4)空き家利用促進奨励補助金(移住希望者と賃貸借契約が成立した所有者が、空き家を改修する場合、対象経費の2/3以内、上限額200万円を補助)
5年以上居住する意思をもって転入し、住宅を取得した者へ新築最大100万円、中古60万円の奨励金を支給。
【空き家バンク制度】香取市内の空き家を貸したい・売りたいと考えている空き家所有者と、借りたい・買いたいと考えている空き家利用希望者の橋渡しを、市・宅建協会が協力して行う。空き家所有者の物件情報を市の空き家バンクウェブサイトで公開し、空き家利用希望者に紹介する。
空き家バンク
(1)空き家バンク(2)いすみ暮らしサロン(毎週日曜日、市役所職員と市民による移住定住に関する相談所)(3)【転入者等特急料金券購入補助金】JR外房線の定期券を購入し特急列車で通勤する転入者に、特急券の購入費用の1/2、上限1万円を3年間助成。(4)【通勤通学用駐車場利用補助金】JR外房線で通勤する転入者の駐車場の代金の一部、上限3,000円を助成。
2017年9月より空き家バンク制度が開始。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

千葉県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集