福島県 会津若松市の暮らしデータ

福島県 会津若松市(あいづわかまつし)
市区を変更する他の市区と比較する
概要 会津若松市は、鶴ヶ城や白虎隊に代表される歴史・伝統・文化が今に息づく、会津地方の中心都市です。また、磐梯山や猪苗代湖など豊かな自然に囲まれ、自然景観に恵まれています。漆器や清酒等の伝統産業に加え、精密機器の誘致企業やコンピュータ専門の会津大学が立地しています。
市区役所住所 会津若松市東栄町3-46  TEL:0242-39-1111
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/
この市区の駅
結婚育児助成金制度
出産・育児  
出産祝い なし
出産祝い-備考 -
子育て関連の独自の取り組み (1)就学遺児激励金・ホームスタート事業(2)ブックスタート事業(3)未婚ひとり親世帯へのみなし寡婦(夫)控除の適用。
チャイルドシート助成制度 なし
チャイルドシート助成制度-備考 -
乳幼児医療  
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 -
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園  
公立幼稚園の入園料・保育料減免 あり
私立幼稚園入園料補助金 なし
私立幼稚園保育料補助金 なし
公立保育所数 2所
0歳児保育を実施している公立保育所 2所
公立保育所定員数 240人
公立保育所在籍児童数 233人
私立保育所数 14所
0歳児保育を実施している私立保育所 14所
私立保育所定員数 1425人
私立保育所在籍児童数 1538人
保育所入所待機児童数 0人
小学校・中学校  
公立小学校1学級当たりの平均生徒 22.8人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 27.0人
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入
公立中学校の学校選択制 一部実施
公立小中学校の耐震化率 81.0%
住宅支援助成金制度
新築建築  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 50万円 
補助/助成金条件・備考等 市に登録した特定の市内建築業者により地元産木材30%以上使用の住宅を新築または購入した場合、市内商店から物品を購入した個人に対し、固定資産税相当額を上限に奨励金を支給(3年間で総額50万円を限度)。 
新築購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 50万円 
補助/助成金条件・備考等 市に登録した特定の市内建築業者により地元産木材30%以上使用の住宅を新築または購入した場合、市内商店から物品を購入した個人に対し、固定資産税相当額を上限に奨励金を支給(3年間で総額50万円を限度)。 
中古購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 なし 
増築・改築・改修  
利子補給制度 あり 
利子補給上限金額
利子補給条件・備考等 既設住宅のトイレ、風呂場、台所などの排水設備工事(供用開始から3年以内に行う新築工事を除く改造工事)について、一般住宅で融資を受ける場合の貸付利息を市が全額負担。 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 100万円 
補助/助成金条件・備考等 【耐震改修工事補助】1981年以前に建築された木造一戸建住宅で耐震診断を行い、耐震基準を満たしていない住宅が対象。工事費の1/2(上限100万円)。 
その他  
(都道府県)太陽光発電補助制度 あり
(市区)太陽光発電補助制度 あり
移住支援制度 移住体験住宅によるお試し移住体験の提供。空き家バンク等を活用した住居探しへの支援。就職支援。移住相談者に対するワンストップサービスによる相談窓口の提供。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
基本情報
総面積 382.97km2
世帯数 49431世帯
人口総数 122749人
年少人口率(15歳未満) 12.83%
生産年齢人口率(15〜64歳) 59.27%
高齢人口率(65歳以上) 27.90%
転入者数 3670人
転入率(人口1000人当たり) 29.90人
転出者数 4112人
転出率(人口1000人当たり) 33.50人
主な祭り・行事 会津まつり 鶴ヶ城さくら祭り 会津絵ろうそくまつり 白虎隊慰霊祭 空也念仏踊り 会津彼岸獅子舞 鶴ヶ城大茶会 強清水地そばまつり ホタル祭り 歳の神
市区独自の取り組み 知的創造・開発特区 IT特区 青少年の心を育てる市民行動プラン「あいづっこ宣言」
ふるさと納税に対する取り組み 【城下町會津まちづくり寄付金】使い道は、(1)鶴ヶ城整備のために活用(2)市政のために活用。特典は、1万円以上の寄付で個人の方には「鶴ヶ城天守閣」及び「茶室麟閣」への入場料が無料となる「鶴ヶ城通行手形」を贈呈(有効期間は1年間)。「鶴ヶ城整備のため」として3万円以上寄付された個人及び団体には京都大徳寺黄梅院住職・小林太玄氏の直筆の「書」を記念品として贈呈。「市政のため」として3万円以上寄付された個人の方には、地元産品をお礼の品として贈呈。
歳入額:1人当たり 414千円
歳出額:1人当たり 404千円
地方税 15,363,111千円
地方税:1人当たり 125千円
地方債現在高 46,900,752千円
地方債現在高:1人当たり 382千円
財政力指数 0.62
実質公債費比率 10.8%
暮らし
公共料金・インフラ  
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 若松ガス5411円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 会津若松市4136円
会津若松市(湊町 簡易水道)1382円
会津若松市(西田面 簡易水道)1382円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 会津若松市2808円
下水道普及率 66.7%
安心・安全  
刑法犯認知件数 1135件
刑法犯認知件数:1000人当たり 9.15件
ハザード・防災マップ あり
医療  
一般病院総数 7所
一般診療所総数 92所
小児科医師数 35人
 小児人口10000人当たり 22.22人
産婦人科医師数 11人
 15〜49歳女性人口1万人当たり 4.72人
介護保険料基準額(月額) 5850円
ごみ  
家庭ごみ収集 無料
家庭ごみ収集−備考 ステーション収集方式。指定ごみ袋はなし。容量は45リットル以内。色は、透明または半透明の袋であれば使用可能。
家庭ごみの分別方式 7分別14種
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 無料。戸別収集。1回の申し込みにつき3点まで。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20000円
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0%
※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

複数の市区のデータを比較する

福島県会津若松市 と他の市区データを比較できます。最大3つの市区と比較できます。

この市区の物件を探す

福島県会津若松市の物件を検索する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元