福島県の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度

福島県内の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

利子補給制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 利子補給制度
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
-
条件・備考等
【水洗便所改造資金融資あっせん制度】個人が所有する既設住宅のトイレ、風呂場、台所などの排水設備工事(供用開始から3年以内に行う新築工事を除く改造工事)について、金融機関より融資を受ける場合の貸付利息を市が全額負担。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
(融資限度額)60万円
条件・備考等
要件を満たした場合利子補給あり。汲取トイレ又は浄化槽から水洗トイレ(公共下水道に接続するものに限る)に改造する際の資金融資(最大60万円)に係る利子補給。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-

※最大3件まで同時に比較できます

補助/助成金制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 補助/助成金制度
制度の有無
あり
上限金額
(1)100万円(2)40万円
条件・備考等
(1)【木造住宅耐震化促進事業】1981年以前の旧耐震基準で建てられた一戸建て木造住宅で、耐震診断により耐震基準に満たないと判定されたものに、耐震改修工事の一部を助成。助成額は一般耐震改修工事費の1/2(上限100万円)、簡易・部分耐震改修工事費の1/2(上限60万円)。(2)【福島市多世帯同居・近居支援事】福島市内で新たに多世代同居・近居をするために住宅改修等を行うものに助成。基本金20万円。子ども一人に月5万円(最大4名まで)、県外からの移住で10万円をそれぞれ加算。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【耐震改修工事補助】1981年以前に建築された木造一戸建住宅で耐震診断を行い、耐震基準を満たしていない住宅が対象。工事費の1/2(上限100万円)。
制度の有無
あり
上限金額
-
条件・備考等
【木造住宅耐震改修助成制度】耐震基準に満たない木造住宅(1981年5月31日以前に工事着手されたものに限る)を耐震基準に満たすよう耐震改修する場合、耐震改修に要する費用の1/2を補助。耐震改修工事内容により上限60万円もしくは上限100万円の補助。
制度の有無
あり
上限金額
(1)15万円(2)82.2万円(3)100万円(4)110万円(5)100万円
条件・備考等
(1)バリアフリー化、省エネ化等の工事費の10%、上限15万円。(2)合併処理浄化槽設置費を1基最大82.2万円補助。(3)一般耐震工事で費用の1/2、上限100万円の補助。簡易・部分耐震改修で費用の1/2、上限60万円の補助。(4)三世代同居・近居支援事業(5)高齢者等住宅リフォーム(改良)事業は身体機能の衰えた高齢者等の住宅改良費用の一部を給付。
制度の有無
あり
上限金額
(1)100万円(2)15万円(3)45万円(4)150万円
条件・備考等
(1)【木造住宅耐震改修支援】耐震強度が満たない住宅の改修費を最大100万円まで支援。(2)【高齢者にやさしい住まいづくり助成】転倒事故の防止に必要な改修費用の9割(上限15万円)を補助。(3)【三世代同居・近居支援事業】三世代が同居・近居し、リフォームした場合には最大45万円補助。(4)【空家改修等支援事業】空家所有者又は県内の他市町村からの移住者に改修費最大150万円を補助。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【木造住宅耐震改修助成事業】耐震基準を満たしていないと診断された木造住宅の耐震性を高めるための改修をするとき、工事費の一部を補助。一般耐震改修工事は工事費の1/2、上限100万円。簡易耐震改修工事は工事費の1/2、上限60万円。部分耐震改修工事は工事費の1/2、60万円。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
耐震改修工事に要する費用の1/2以内かつ上限100万円。対象は次の通り。(a)1981年5月31日以前に着工された戸建て木造住宅。(b)耐震診断を行った結果、耐震基準を満たしていない建物。
制度の有無
あり
上限金額
(1)15.4万円(2)100万円
条件・備考等
(1)【相馬市木造住宅耐震診断者派遣事業】市内の木造住宅の所有者が耐震診断を希望する場合、耐震診断者(耐震診断を行う建築士など)を派遣。(2)【相馬市木造住宅耐震改修支援事業】安全性が低いと診断された住宅を対象に、耐震改修工事に要する費用の一部を予算の範囲内で補助。一般改修最大100万円、簡易・部分耐震改修最大60万円。
制度の有無
あり
上限金額
(1)36万円(2)50万円
条件・備考等
(1)【二本松に住もう!三世代同居住宅改修助成金支給事業】実績報告書提出時において、祖父母、父母、子の三世代が同居している方が対象。二本松市の住民基本台帳に記録され、かつ、生活の本拠が同居住宅にあること(助成金の実績報告時)。その他、要件あり。(2)【二本松に住もう!空き家改修助成金支給事業】市外から移住する方が行う空き家の改修工事で、費用が20万円以上のものに対して助成。改修工事費用の1/2、上限50万円。その他、要件あり。
制度の有無
あり
上限金額
(1)60万円(2)子ども人数×10万円
条件・備考等
(1)【空き家リフォーム補助制度】空き家バンク物件のリフォームに対し、最大60万円支援。(2)【住宅環境整備子ども応援事業補助制度】実家や空き家バンク物件をリフォームした場合、子ども(15歳以下)1人あたり10万円支給。※空き家バンク物件のリフォーム補助は市外から転入する方が対象。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
1981年5月31日以前に着工された戸建て木造住宅で、所有者自ら居住する住宅。耐震基準に満たないと判断されたもの。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福島県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集