福島県の出産祝い

福島県内の出産祝いについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

妊娠・出産祝い

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 妊娠・出産祝い
-
-
ウェルカム赤ちゃん事業として、新生児に記念品を贈呈。哺乳びん電子レンジ除菌&保管ケース、マグセット、電子式体温計、絵本セットから選択。
(1)【記念樹交付事業(出産)】はがき応募により、6種類の記念樹のうち1本を贈呈。(2)【出産支援金支給事業】出生児の父または母に対し、支援金(第1子5万円、第2子6.5万円、第3子以降8万円)を支給。出生児の住民登録ならびに父または母に、出生日時点で1年以上継続した住民登録が必要。
2018年4月1日以降に生まれた子どもの保護者に、紙おむつ・おしりふき・布おむつ・おむつカバー・燃えるごみの指定袋・乳児用ミルクの購入に使用できるクーポン券(0歳児に3万円分、1歳児に3万円分)を贈呈。
育児用品の購入に使える「すくすく赤ちゃん応援券」を3万円分を贈呈。お子様が0歳のときと1歳のとき、それぞれ1回ずつもらえる。
-
新生児子育て支援金(第1子5万円、第2子8万円、第3子以降10万円)を支給。出生児の養育者(母)の住民登録が、支援金申請(子の出生日から3ヶ月以内)時点で、引き続き1年以上ある場合に限る。
出生時、1人につき1万円を支給。そのうち半額は地域商品券で贈呈。
出生児に3万円の商品券を贈呈(基準日は出生の日)。1歳児に3万円の商品券を贈呈(基準日:満1歳の誕生日)。第3子以降の場合、2歳児に10万円の商品券を贈呈(基準日は満2歳の誕生日)。対象児は2018年4月1日以降に出生した者。それぞれの基準日において、田村市に住民登録を有する保護者であり、出生児と同居の場合。
【ようこそ赤ちゃん誕生祝い品支給事業】2015年4月1日以降に出産し、南相馬市の住民基本台帳に記録された児童を現に養育する父または母で、児童の出生日において市の住民基本台帳に記録されていた者に対し、児童一人あたり2万円分の給付券を贈呈。市内の取扱い登録店にて、給付対象品目の紙おむつ・おしりふき・粉ミルクの現物を受け取る。なお、市外居住者(避難者)については、給付対象品目に係る領収書を添付し南相馬市に請求する。
【伊達市子育て応援出産祝金給付事業】第3子への出産祝金50万円を支給。
出産後に以下のどちらかを贈呈。(a)本宮市のイメージキャラクター入りスタイ、マグのセット。(b)本宮市のイメージキャラクター入りスタイ、ひのきのプラ乳児用食器5点セット。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福島県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集
  • OCN for ドコモ光|新生活&引越し応援パック