鳥取県の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度

鳥取県内の増築・改築・改修の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

利子補給制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 利子補給制度
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-

※最大3件まで同時に比較できます

補助/助成金制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 補助/助成金制度
制度の有無
あり
上限金額
(1)9万円(2)16万円(3)100万円
条件・備考等
(1)【耐震診断助成】1981年5月31日以前に建築されたものが対象。戸建ては、5.8~9万円を助成。(2)【耐震補強設計助成】2000年5月31日以前に建築された木造戸建て住宅が対象で、上限16万円。(3)【耐震補強工事助成】2000年5月31日以前に建築された木造戸建て住宅の場合、上限100万円。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【震災に強いまちづくり促進事業】耐震改修工事に係る一部費用(工事費の2/3又は1/3)を助成。条件は市内に存する一戸建て住宅で、1981年5月31日以前に建築されたもの、診断により倒壊する恐れがあると評価されたもの、市長により地震に対して安全な構造とする旨勧告を受けたもの。
制度の有無
あり
上限金額
(1)123.5万円(2)35万円
条件・備考等
(1)【震災に強いまちづくり促進事業補助金】耐震診断は補助率2/3、上限7.5万円。※木造住宅無料耐震診断制度あり。改修設計は補助率2/3、上限16万円。耐震改修:補助率2/3又は1/3、上限100万円。※建築年による。除却:補助率23%、上限82.2万円。耐震シェルターは補助率23%、上限82.2万円。屋根瓦耐震対策(耐震性のある住宅)は補助率1/3、上限30万円。(2)【移住定住者住宅取得支援補助金】中古住宅改修費の10/100、上限35万円。要件あり。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【震災に強いまちづ くり促進事業補助金】2000年5月31日以前に建築された一戸建ての住宅に対し、住宅・建築物の耐震診断・改修設計・耐震改修・建替・除却を行う所有者に対し、費用の一部を助成。耐震診断は全額補助、改修設計は費用の一部を(最大16万円)、耐震改修・建替は費用の一部を補助(最大100万円)。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

鳥取県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集