福岡県の概要

福岡県内の概要について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

概要

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 概要
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
北九州市は、1963年に、5つの市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)が対等合併して生まれたまちで、同年に政令指定都市になりました。以来、豊かな自然環境に恵まれ、魅力ある地域文化を育んできており、産業技術の集積、アジアとの交流の歴史を活かしながら、環境と産業が調和した低炭素社会づくりに挑戦し、世界と交流するにぎわいあふれるまちをめざしています。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
福岡市は、北は玄界灘に臨み、海の中道と糸島半島で仕切られた博多湾を擁し、南は脊振山地、東は三郡山地に囲まれた福岡平野に位置しています。大都市の魅力と美しい自然とを併せ持ち、長い歴史の中で培われた伝統・文化に恵まれた、独自の個性と魅力を有します。わが国の主要都市(大阪、東京、札幌)までの距離と、東アジアの主要都市(釜山、ソウル、上海、北京、台北など)までの距離とがほぼ同じ範囲にあるため、国際線の定期航空路線も多く、アジア諸国との交流には最適の位置といえます。
大牟田市は、福岡県の南端、九州のほぼ中心にあります。立地と交通アクセスによく、福岡市や熊本市をはじめ、九州一円どこへ行くにも便利です。自然豊かで、近隣には温泉地も多数点在しています。全公立小・中・特別支援学校はユネスコスクールに加盟し、持続可能な社会づくりの担い手を育む教育に取り組んでいます。また、誰もが安心して暮らせるまちを目指し、認知症の人を地域全体で支える取り組みなどを進めています。
久留米市は、九州北部、福岡県南西部に位置し、福岡県第3位の人口約30万人を有する中核都市です。九州一の大河「筑後川」の恵みに育まれた豊かな自然に抱かれ、江戸時代には久留米有馬藩21万石の城下町として栄え、また、近代以降は久留米絣からゴム産業の町へとその表情を変えながら福岡県南地域の中心地として発展してきました。交通の要衝として都市機能が充実しており、豊かな自然、全国トップクラスの医療環境、自慢のグルメなど、様々な地域資源に恵まれた魅力あふれるまちです。
直方市は、福岡市と北九州市にはさまれた、筑豊平野のほぼ中央に位置し、美しい自然に囲まれた町です。かつては城下町で栄え、明治以降は石炭で栄えたので文化財・史跡名勝も数多く残っています。
飯塚市は、福岡県のほぼ中央に位置し、市内には遠賀川が流れ、三方を山に囲まれた良好な自然環境を有しています。また、明治時代以降は日本の近代化を支えたエネルギー供給地域の中核都市として発展してきました。現在は、「3つの大学と研究開発機関等の立地」、「充実した医療機関」、「福岡・北九州都市圏への良好なアクセス」などの特色を活かしたまちづくりを行っています。
田川市は、炭坑節発祥の地として知られ、福岡県北東部に位置しています。かつては炭都として栄え、良質の石炭を多く産出し、日本の近代化に大きく貢献しました。現在は「あなたのちょうどいいがきっと見つかる」という将来像の下、特色ある教育による人材育成、安心できる出産・子育て環境づくり、環境に優しいものづくり産業の育成等に努め、自然と調和した安全・安心・快適な都市としての新たな発展を目指しています。
柳川市は、2005年3月に旧柳川市・大和町・三橋町が合併してできた市で、人口約6.6万人、面積77km2を有し、農漁業、観光が主な産業です。詩聖・北原白秋や文豪・壇一雄、長谷健らを育み、風情豊かな「水郷のまち」として有名です。
八女市は、福岡県の南部に位置し、八女茶や電照菊やあまおう(イチゴ)など全国ブランドの農産物をはじめ、仏壇・提灯・手すき和紙、石灯ろうなどの伝統工芸品の産地です。2010年2月に黒木町・立花町・矢部村・星野村と合併し、平野部から山間部までの豊かな自然を有する市となりました。これらの観光資源と古くから人々の暮らしや文化に根付いているお茶文化のおもてなしの心を生かしながら、観光交流促進を推進しています。
筑後市は、筑後平野の中央に位置する田園都市です。博多からJR鹿児島本線を利用すると約45分、九州新幹線を利用すると約24分、車で九州自動車道を利用すると約1時間の距離にあります。温暖な気候と肥沃な土地、恵まれた水を利用して、古くから米・麦・イグサ・ナシ・ブドウ・八女茶をはじめとする農業が盛んに行われてきました。中でもナシ・イグサ・大豆が天皇杯を、また茶が農林水産大臣賞を受賞するなど、全国でもトップクラスの農業先進地です。近年では地元食材を学校給食に取り入れるなど、地産地消による農業振興にも力を入れています。
大川市は、福岡県南西部に広がる筑紫平野のほぼ中央にあり、九州一の大河筑後川が有明海に注ぐ河口に位置し、古くから農業や漁業を産業の中心に発展してきました。16世紀の中ごろから始まったといわれる木工業は、大川市の基幹産業として大きく発展し、今や日本一の産地として全国にその名が知られています。また、筑後川と有明海の豊かな恵によってもたらされる水稲・いちご・海苔などの農水産業も盛んです。
行橋市は、福岡県東部に位置し、今川、長峡川、祓川の3本の川が周防灘に流れ込み、市のほぼ全域が平野部で暮らしやすい環境となっています。行橋駅前通りの沿道には商業施設が集中し、駅の西側にはマンションや大型ショッピングセンターが多く建設されています。市の南西部には水田地帯が広がり近郊型農業が行われています。また周防灘にも面しているため漁業も盛んな町です。近年では、市内を通る東九州自動車道、国道201号バイパスが開通し一層インフラの整備が進み、京築地区の中核都市として着実に発展を続けています。
豊前市は、福岡県の東南端に位置し、南に修験道の山として栄えた求菩提山、天然記念物に指定されているツクシシャクナゲの自生地がある犬ケ岳をひかえ、ここに源を発する岩岳川を中心に豊前平野が扇状に開け、北は波静かな周防灘に面した人口約2.5万人のまちです。
中間市は、福岡県の北東部に位置し、市のほぼ中央を南北に遠賀川が貫流して市域を二分しています。1958年に市制を施行し、東部地域は市街地と住宅地として、西部地域は大部分が農耕地となっています。2015年7月には、明治日本の産業革命遺産として、遠賀川水源地ポンプ室がユネスコ世界文化遺産に登録されました。
小郡市は、福岡県の南部、筑紫平野の北、佐賀県との県境に位置し、南東を大刀洗町、南を久留米市、西は佐賀県、北東は筑紫野市、筑前町にそれぞれ接する、東西6km、南北12kmにわたる市域です。市の中央部を南北に貫流する宝満川を狭んで、西側に住宅地帯、東側に田園地帯が広がっています。人口急増により1972年に市制を施行し、その後も、市北部の住宅開発等により人口の増加が続き、現在に至っています。
筑紫野市は、福岡県の中央部、やや西よりに位置し、東西15.6km、南北14.1kmに広がる市形は、蝶が羽を広げた姿に似ています。西が背振山系、東が三郡山系の一部をそれぞれ形成。平地は市域中央部に広がっています。中央部には平坦地ながらも分水嶺を抱え、御笠川・那珂川水系は北流し博多湾へ、宝満川水系は南流し有明海へそれぞれ注いでいます。地勢上の特性も影響し、筑紫野市の主要交通体系は市域中央部に南北方向のものが集束する形態を取っており、国道3号やJR、西鉄の鉄道路線などが広域交通体系上の中核的役割を果たしています。
春日市は、福岡都市圏の中央部に位置し、福岡市の中心部まで10km圏内という条件にも恵まれ、「福岡都市圏の住宅都市」として発展しました。市域は、東西4km、南北5.3kmのひし形に近い円形で、面積14.15km2は県内で最小の市となっています。
大野城市は、九州自動車道をはじめとした主要道路やJR・私鉄などの交通網に恵まれ、福岡市中心部へのアクセスも良好な、利便性の高いまちです。まちの名称は日本最古の朝鮮式山城(国の特別史跡)に由来し、古代から博多(那の津)と大宰府を結ぶ交通の要衝として繁栄した地域でした。1972年の市制施行後に進められた大規模な区画整理等によって人口が増加し、2016年には10万人を突破しました。2022年4月1日に市制施行50周年を迎えました。この年を次の50年に向けた新たなまちづくりの始まりと位置づけ、市民の皆様や関係する方々に「ふるさと大野城」への誇りや愛着を深めていただけるよう、様々な事業を行っています。
宗像市は、住宅都市でありながら、いわゆるベッドタウンという性格だけではなく、玄界灘に面した海岸線や市周縁部を囲む山々などの自然、世界文化遺産となった「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群をはじめとする歴史や住民が育む文化の魅力に恵まれた住みよいまちです。
太宰府市は、福岡市の南東約16kmに位置し、面積は29.60km2。史跡指定100年を迎えた大宰府跡、水城跡などをはじめ、太宰府天満宮、観世音寺など日本遺産に認定された多くの歴史遺産を有します。1955年に太宰府町と水城村が合併して太宰府町となり、1982年に市制を施行しました。交通、気候、風土、景観に恵まれた住宅・文教都市です。
古賀市は、九州北部に位置し、1997年糟屋郡古賀町が市制施行して誕生しました。九州最大の都市「福岡市」に隣接しているため、経済、流通、交通の面でも豊かな生活環境が整っている一方、海・山と豊かな自然にも恵まれています。市制施行後も人口が増加しており、ますますの発展が期待されています。
福津市は、福岡市と北九州市の近隣に位置し、東部を山、西部を海に囲まれ、特に海岸一帯と宮地嶽神社周辺の山林は風光明媚な自然景観を呈しており、1956年には玄海国定公園に指定されました。交通網は東西にJR鹿児島本線、国道3号が延び、海岸線と並行して、国道495号が走っています。
うきは市は、2005年に吉井町と浮羽町が合併して誕生しました。北に九州第一の大河である筑後川、南は耳納連山に抱かれ、美しい棚田や、豊富な地下水、歴史を思わせる白壁の町並みや太古の古墳が多数存在するなど豊かな自然と文化の生きるまちです。また、その恵まれた地形から一年中おいしい果物が栽培されており、フルーツ王国としても人気を集めています。
宮若市は、2006年2月11日に宮田町と若宮町の2町が合併して誕生しました。自動車産業が立地する工業のまちとして発展してきた一方で、農業振興や、豊かな自然資源を背景とした脇田温泉などの観光産業にも力を入れており、「ひと・みどり・産業が輝くふるさと宮若」を将来像としたまちづくりに取り組んでいます。
嘉麻市は、2006年3月に嘉穂南部1市3町(山田市・碓井町・稲築町・嘉穂町)が合併して誕生しました。面積135.11km2で福岡県のほぼ中央に位置しています。市全体の約72%が森林と耕作地で、多様な生態系を保護する山林や河川流域に広がる生産緑地などの水と緑が豊富な地域です。
朝倉市は、筑後川中流域北岸に広がる、三連水車などでも知られるのどかな田園都市です。その豊かな自然は、博多万能ネギ、柿や梨といったフルーツ、全国でも希少な淡水ノリ「スイゼンジノリ」など、特産品を生み出してくれます。また、筑前の小京都と称される城下町「秋月」や夏の風物詩「鵜飼」が有名な原鶴温泉など、来訪者を魅了する多彩な観光資源も朝倉市の大きな魅力です。
みやま市は、2007年1月29日に旧山門郡瀬高町、山川町、三池郡高田町が合併して誕生しました。福岡県の南部に位置し、東部には山々が連なり、西部には広大な低地が広がり有明海に面している自然豊かな農業のまちです。市名の「みやま」とは、三池郡の「三」と山門郡の「山」からとったものです。
糸島市は、2010年合併により誕生し、福岡市の西に隣接し、海、山、田園、離島などの自然豊かな顔を持つまちです。交通の利便性が高く、福岡市の中心部・天神からJR筑肥線筑前前原駅まで約30分の距離で、博多駅や福岡空港にも直通でアクセスできます。市北部には九州大学があり、学術研究都市として整備が進んでいます。また、第1次産業が盛んで、農林水産物は、新鮮でおいしい食材として「糸島ブランド」が定着しています。ゴルフ場や工房が点在し、気軽に訪れることができるレジャースポットやドライブコースとして人気です。
那珂川市は、2018年10月1日に市制を施行し誕生しました。福岡県の西部にあって大都市福岡市の都心部からわずか13kmのところに位置しています。清流那珂川が市を貫流している自然豊かなまちです。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福岡県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報