福岡県の移住支援制度

福岡県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
(1)【住むなら北九州定住・移住推進事業】市外から移住する世帯等に対し、一定の要件を満たす街なかの住宅を取得又は賃借する費用の一部を補助。補助額は、賃貸最大30万円、持ち家最大60万円、社宅戸当たり最大50万円。(2)移住相談窓口の設置。(3)応援団体登録制度。(4)移住希望者の会員制度「すまいるクラブ」。(5)「お試し居住」などを実施。
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
(1)【UIJターン若者就職奨励金】市外に住む45歳未満の人が市内の中小企業に就職し、市内の賃貸住宅へ引っ越した場合、1万円/月を支援(各条件あり)。(2)【住宅情報提供ネットワーク】移住希望者が匿名で住宅情報を照会できる。(3)【市営住宅】新婚世帯や子育て世帯(年齢等の要件有)の人は、市外からでも市営住宅申込みできる。(4)【おおむた暮らしお試し居住】3日から2週間、無料で利用が可能(利用者に女性を含む等一定の条件あり)。(5)【おおむた100若者未来応援事業】35歳未満の人が市内の中小企業に就職した場合、奨学金の返還を最大10万円/年を支援(各条件有)。
(1)【くるめ暮らし・移住ファミリー支援事業補助金】市内に住宅を購入(中古住宅を含む)し、市外から転入された方に、最大30万円の補助金を交付。条件あり。(2)【通勤定期利用補助金】「くるめ暮らし・移住ファミリー支援事業補助金」の交付対象世帯のうち、福岡市等へ電車等の通勤定期券を利用される方(1世帯につき1名)に、通勤定期券代の一部を補助。条件あり。
空き家バンク制度を実施。
(1)【飯塚市筑豊地域外からの移住者住宅取得奨励金制度】飯塚市では「第2次飯塚市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、筑豊地域外から本市への移住・定住を図るため、市内に住宅を取得する移住者に対し、経費の一部を奨励金として交付。要件あり。(2)【空き家バンク制度】空き家の流通を促進し、市が物件に関する情報を収集・公開。(3)【新規就農者支援制度】新規就農者の人材発掘及び定着を促進することにより、飯塚市の農業の活性化及び振興を図ることを目的として、新規就農者に対する支援事業を行っている。(4)【飯塚市移住・就業支援事業】飯塚市では「第2次飯塚市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、東京圏、名古屋圏、大阪圏からの移住者に対し、移住支援金を交付。要件あり。
(1)【市有地等購入奨励金】住宅新築のための市有地・民間優良宅地購入者に土地取得額の10%(上限50万円)を交付。(2)【市内業者利用奨励金】(1)の交付を受け市内業者を利用し住宅新築の場合50万円を交付。(3)公営住宅入居要件緩和(新婚・子育て世帯の入居収入基準緩和)。
柳川での暮らしを体験できる滞在型体験施設「もえもん家(ハウス)」あり。期間は30日。移住体験料は、2,000円+400円×日数、水道・光熱費は無料。
(1)【空き家バンク制度】定住や二地域居住などで空き家の利用を希望する人に空き家の売買・賃貸等の情報提供を行う。(2)【空き家改修費補助金制度】空き家バンクに登録された空き家の改修費用及び家財撤去費用の一部を補助。改修工事費用(消費税別)の1/2以内で上限50万円、家財撤去等費用は上限10万円。要件等あり。
(1)【新婚世帯家賃支援制度】夫婦の年齢が合計80歳未満の新婚世帯に対し、以下(a)(b)の補助を行う。(a)賃貸住宅の家賃を1ヶ月1万円、最長36ヶ月を上限に支給。(b)敷金、礼金、仲介手数料を5万円を上限に支給。(2)【空き家バンク事業】移住先の住まい探しの支援として、登録した市内の空き家物件をインターネット等で紹介・斡旋。
なし
空き家バンク制度を実施。
(1)空き家バンク制度。(2)青豊分譲地を購入し、住宅を建築する方に一定の条件のもと最高120万円の定住促進補助金を交付。(3)公共住宅と宅地の提供。
【空き家バンク制度】中間市内にある空き家・空き地の売却や賃貸を希望する所有者から申し込みを受け付け、その情報を中間市のホームページに掲載し、空き家・空き地の購入や賃貸を希望する人に情報を提供する制度。
なし
なし
なし
空き家バンク制度を実施。
(1)【中古住宅購入補助制度】中古住宅を購入し、市内事業者でリフォーム工事をして居住する子育て世帯に最高40万円補助。(2)【古家購入建替え補助制度】中古住宅を購入し、解体工事後新築住宅を建築して居住する子育て世帯に最高70万円補助(中古住宅を解体して建築された建売住宅も対象)。(3)【三世代同居住宅支援補助制度】三世代同居をはじめるために住宅を取得・増改築する親、子世帯に最高40万円補助。(4)【定住奨励金】家賃補助金の受給資格認定後に市内で住宅を新築・購入した世帯に最高40万円補助。(5)空き家・空き地バンク制度を実施。
なし
空き家バンクや連携金融機関による住宅ローン軽減等による移住支援。
空き家バンク制度を実施。
(1)空き家バンク制度を実施。(2)【空き家リフォーム事業費補助金】空き家を賃貸、購入してリフォームを行う場合、一定の要件を満たす方に予算の範囲内でその費用を助成。経費の50%、上限50万円、(姫治地域物件へ移住の場合は経費の50%、上限100万円)。
定住奨励金制度。
(1)子育て世代の転入と嘉麻市への定住促進を図るため、嘉麻市転入者等住まい応援交付金制度を実施し、転入者等で市内に持ち家住宅の新築又は新築住宅を購入、もしくは市内の貸家等の居住者で、嘉麻市の分譲地を購入し、住宅を新築した子育て世帯に対し補助金を交付。補助金の上限は、新築で300万円、中古住宅で200万円。(2)空き家バンク制度を実施。
定住促進による地域活性化や集落機能の維持を図るため、「朝倉市空き家バンク制度」を実施。朝倉市に移住し、市内企業で働く人等を対象とした「あさ暮らし移住・定住補助金支援金」を実施。年齢要件や就業要件等を満たした場合に、移住1年目に移住支援金として10万円、5年目に定住支援金として、世帯の申請の場合は40万円、単身の申請の場合は20万円の支援金を交付する。市の状況や生活環境、地域との交流等の体験を通して市への移住促進を図る「あさ暮らしお試し居住事業」を実施。
(1)【空き家バンク制度】みやま市内にある空き家・空き地を売却や賃貸を希望されている物件の情報を空き家・空き地を購入又は貸借して住んでみたいという者に提供し、みやま暮らしを応援する制度。(2)【お試し訪問補助金】みやま市への移住を検討している方が、本市へ宿泊する場合、お住いの地域に応じて、旅費の一部を支援。
(1)空き家バンク(空き家所有者からの申請により、売買・賃貸物件を市ホームページで情報発信するもの)。(2)地域コーディネーターなどによる地域密着情報(子育て環境、行事、利便性、買い物先など)の提供。
空き家バンク制度を実施。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

福岡県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報