栃木県の移住支援制度

栃木県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
【マイホーム借上げ制度】シニア世代(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたってJTI(移住・住みかえ支援機構)が借上げ、子育て世帯や移住者などに転貸するもの。
移住体験ツアー、空家バンク
(1)まちなか定住促進住宅新築等補助金(2)多世代家族住宅新築等補助金(3)あったか住まいるバンク(4)移住体験施設「蔵の街やどかりの家」「IJUテラス蔵人館」(5)【フラット35】子育て支援型・地域活性化型(6)通勤者特急券購入費補助金(7)通学者定期券等購入費補助金(8)結婚新生活支援補助金(9)移住定住促進ツアー※項目多数により、詳細については住宅課まで。
(1)【若者移住・定住促進事業】2017年4月1日以降に転入し、住宅等取得又は3世代同居をした若者世帯等に奨励金10万円交付。状況に応じて加算あり。(2)【空き家活用推進事業】ホームページで空き家バンクの情報提供。空き家バンクを活用して購入した空き家の改修にかかる費用の1/2(最大50万円)を補助。
(1)【ワンストップ相談窓口】移住に関する相談の総合窓口として各種制度の紹介など様々な支援を行う。(2)【空き家バンク】市内の空き家バンク登録物件のご紹介。(3)【おためしの家】1ヶ月単位でお試し居住。(4)【鹿沼産木材による住宅新築助成制度】市内産の木材を一定量以上使って住宅を新築すると商品券で最大50万円を助成。
(1)【転入者住宅取得補助制度】市内に住宅を新築または購入し、2020年3月31日までに転入した45歳以下の方に基本額30万円を補助。(2)空き家情報登録制度(所有者からの申請により空き家情報を登録し、利用希望者に紹介。)(3)【中心市街地若年夫婦・子育て世帯家賃補助】転入または転居した、若年夫婦と子育て世帯へ上限月額2万円の家賃補助。(4)移住体験の家。
(1)【企業立地雇用促進奨励金】市内の工業用地において工場等を新設または増設を行った企業が小山市民を新規雇用、もしくは市外の工場から当該工場に転属し小山市に住民登録した場合、1人につき10万円の奨励金を交付。(2)【転入勤労者等住宅取得支援補助金】小山市へ定住する意思を持って転入し、市内へ住宅(新築・中古)を購入した方に対して、30万円~最大110万円の補助金を交付。(3)【移住体験施設】「おやま暮らしお試しの家」を実施。
(1)空き家バンク(売却・賃貸希望の空き家情報を市ホームページに掲載し、移住・定住希望者に情報提供)(2)【空き家バンクリフォーム補助制度】バンク登録空き家のリフォーム費用の1/2以内(50万円限度)を補助。(3)【若者・子育て世代定住促進住宅取得支援制度】2015年1月2日以降に市内に新築住宅を取得して定住する、中学生以下の子がいる世帯に対し固定資産税相当額の一部を最長3年間補助するもの。
(1)【空き家等情報バンク制度】関連補助金として(1)制度を利用して空き家を購入した場合に、住居のために必要な設備、内装、外壁等の改修に対し、改修費の1/2、上限額60万円を補助。(2)制度を利用して空き家を賃借した、12歳以下の子がいる子育て世帯に対し、空き家の家賃が3万円以上の場合に最大36ヶ月間にわたり、月額1万円を補助。(3)移住・定住サポートセンターの設置。
(1)矢板市就農・定住者促進事業(農業を学びながらお試しの家に滞在。家賃月4万円[水道・電気・ガス代は別途]、期間は1ヶ月から最長3年間)(2)矢板市「暮らし」のびのび定住促進補助事業(市内に住宅を取得し定住する方への住宅購入補助)(3)空き家バンク事業(市HPで空き家情報を提供し、空き家の抑制と定住の促進を図る)
(1)【新幹線定期券購入補助金】大宮、上野、東京を経由して新幹線通勤をしている方に新幹線定期券の購入金額を補助。(2)【三世代同居等家族定住支援補助金】市内で新たに三世代で同居・近居する方に住宅取得、増改築の費用を最大10万円補助。空き家バンク制度の実施。移住促進センターの開設。
(1)【おためし移住事業】市が家具及び家電付きの住宅を用意し、一定期間(約1ヶ月~3ヶ月)住んでもらい、市内での暮らしを体験してもらうことで、移住のきっかけとすることを目的とした事業。電気・ガス・水道及びシーツ清掃代は自己負担。(2)【空き家バンク事業】移住希望者への移住促進策として、市内の空き家所有者と、空き家利用希望者の窓口となり、空き家を有効活用する。空き家バンクを利用して空き家を購入また賃借した者に対して補助金を交付(上限20万円)。他要件あり。
(1)子育て世帯応援・IJU促進住宅取得奨励金で、転入者に対し15万円を交付(IJU者加算)。(2)フラット35の当初5年間の借入金利を年0.25%引下げ。(2)空き家等情報バンク制度を実施。
東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)から市内に住宅を取得し、居住される方を対象として、(1)住宅の新築及び購入費の一部を市が補助。補助額は、新築及び購入住宅に対し40万円。更に子ども(中学生以下の児童)がいる場合は、子ども一人につき10万円を加算。(2)希望する方の住宅敷地内に市が家庭菜園を整備。整備(補助)額は、1件あたり20万円(別途消費税)を上限とする。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

栃木県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集