栃木県の新婚世帯向け家賃補助制度

栃木県内の新婚世帯向け家賃補助制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

新婚世帯向け家賃補助制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 新婚世帯向け家賃補助制度
あり([1]市外からの転入の若年夫婦世帯に対し、一括12万円の家賃補助。満40歳未満であること等諸条件あり。2021年4月より在宅でテレワークを実施する世帯への補助優遇も開始。[2]【結婚新生活支援事業】結婚に伴う新居の家賃等又は引っ越し費用の一部を助成。上限60万円。満40歳未満であること等諸条件あり)
あり(【結婚新生活支援補助金】世帯所得400万円未満で夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下の新規に婚姻した世帯が対象。対象経費は、新規に婚姻した世帯の新生活に係る費用[住宅取得費用、住宅賃借費用、リフォーム費用、引越費用]等、諸条件あり)
あり(【結婚新生活支援補助金】結婚して市内で新生活を始めた新婚世帯の住居費、引越費用の一部を最大30万円助成)
あり(【結婚新生活支援事業】新婚世帯に家賃や引越し等費用を補助。年齢が39歳以下や所得が400万円未満であること、3年以上定住することなどの要件あり。上限30万円)
あり(【結婚新生活支援補助金】経済的理由により結婚に不安を抱える方に対して、低所得の新婚世帯の住居費用及び引越し費用を支援し、経済的負担の軽減を図る。39歳以下の世帯で世帯の所得400万未満、補助上限額30万円)
なし
なし
あり(【結婚新生活支援補助】住宅取得費用、賃貸家賃等費用、リフォーム費用、引越しに関する費用の一部を助成、上限30万円。対象世帯は、婚姻日に夫婦ともに39歳以下・夫婦の所得合計400万円未満等、諸条件あり)
なし
なし
なし
あり(婚姻を機に新婚世帯が市内で住宅を購入、改修、賃借するための費用および引越費用を助成。上限30万円。年齢が夫婦ともに39歳以下であること等、諸条件あり)
なし
なし

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

栃木県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報