鹿児島県の出産祝い

鹿児島県内の出産祝いについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

妊娠・出産祝い

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 妊娠・出産祝い
絵本を贈呈。
-
-
出生祝い商品券支給事業として、住所要件を満たした母親に下記のとおり贈呈。第1子に3万円、第2子に5万円、第3子以降に10万円の地元商品券を贈呈。
出生時と1歳時におむつや粉ミルク等の購入に利用できる育児用品購入助成券1万円分(1,000円券10枚)を贈呈。ただし、第3子以降の対象児については1回あたり5万円分(1,000円券10枚)を贈呈。
-
1,000円相当分の子育て応援券(乳幼児の衣食にかかる商品との交換券)を贈呈。
-
【第3子以降妊娠祝金】第3子以降の子を妊娠した保護者に祝金10万円を支給(薩摩川内市に1年以上居住しているなど、諸条件あり)
日置市に住所のある方が出生の届け出をされたときに、おむつや肌着、オリーブ石鹸、お食い初め用の薩摩焼茶碗など、子育て用品が詰められたマタニティボックス「ひおきコウノトリ便」を贈呈。
第3子以降の出生に10万円の祝金を支給。
-
第1子2万円、第2子3万円、第3子10万円を支給(出生時1年以上いちき串木野市に住所を有する方)。
南さつまっ子誕生祝金支給事業(第1子・2子に各5万円、第3子以降1人につき10万円を支給。出生により子どもを養育することになった方で、出生日に南さつま市に住所を有することが条件)
第1子、第2子は5万円、第3子以降の出産に祝金10万円を支給。
第2子は5万円、第3子以降は10万円を支給(出産前に奄美市に1年以上住所があること。保護者の所得制限なし。対象児童が生まれた月の翌月から数えて6ヶ月以内に申請が必要)。
出産の日において住所がある出生児1子につき、南九州市に因んで3万7,390円(ミナミキュウジュウ円)のお祝い金とともに、出生祝記念品として命名プレートを贈呈。
-
-

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

鹿児島県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集
  • OCN for ドコモ光|新生活&引越し応援パック