不動産売却のコツ 不動産売却について

購入が先か、売却が先か

手持ち不動産を売却することを前提に、新しい不動産物件を購入したい場合、いわゆる不動産の買換えをしたい場合にはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

不動産の買換えには売却を先にした方がいい、あるいはその反対に購入を先にした方がいい、という2通りの考え方があるようです。

しかしながら、どちらの考え方をするにせよ、少なくとも手持ち不動産が今、いくらぐらいで売却できるかを把握しておく必要があります。
しかも、確実に売れる値段は知っておくべきでしょう。
特に、売却の際には、自分の物件は高く売れるはずだと思いがちですから、売値が自分の予想を大きく下回る場合には、後々の購入の際に資金計画に大きな支障をきたすことになります。

引き続き前頁の事例で考えてみましょう。

AさんとBさんは、最低でも今のマンションが2,500万円で売れるということが分かったので、この機会にマンションを買換えすることにしました。

売却が先の場合(Aさん)

Aさんは奥さんと相談した結果、今のマンションが売れないと困るのでは?という心情から、今の住まいを先に売却してから新しい物件を購入することにしました。

Aさんは不動産業者のX社に売却の依頼をして、数週間後には2,500万円で売却の契約をすることができましたました。
その後、早々に買いたい物件が見つからず、心情的に焦りはじめしまい希望に沿わない物件でもいいかと思いつつ妥協してある物件を契約しました。

購入が先の場合(Bさん)

一方、Bさんは希望のいい物件がなくなるかもしれないという心情から、取り急ぎ新しい物件を購入してから今のマンションを売ることにしました。

Bさんは不動産業者のY社で新規購入の物件探しを依頼し、数日後に希望の物件が見つかりすぐに契約することにしました。
ところが、今のマンションの住宅ローンのと、新規で購入する物件の住宅ローンを一時的にダブルの返済をしないといけないことがわかり、早めに今のマンションを売るために2,500万円よりも安く売る羽目になりました。

不動産の買換えには購入も売却も同時進行が理想的

売却を先にしたAさんは、最低価格で今のマンションを売ることができましたが、新規の購入では妥協して希望の物件が買えなかったという結果を招いてしまいました。
一方の購入を先にしたBさんは、新規で希望の物件が買えましたが、今のマンションは最低価格よりも安く売らざろうえない結果となってしまいました。

この2人の事例からもおわかりのように、購入が先か、売却が先かということではなく、双方の手続きは同時進行で進めていかないといけないことが理解できます。
買換えをすると決めたら、まずは今の住まいがいくらで売れるかを知り、新規で購入したい物件を気長に探索しておきながら、希望物件が見つかったらすぐに購入と売却の手続きを進める、という流れを取ることが理想的です。

つまり、売りと買いのタイミングを見極めることが不動産の買換えを成功させる要因でしょう。

また、売却の際に、既存の住宅ローンがある場合には、そのローン残高を把握してできる限りローン残高を上回る価格で売却することです。
Bさんの事例のように、既存の住宅ローンと新規の住宅ローンのダブル返済の場合には、既存の住宅ローン残高が多いとトータルで大きな借り入れ金額になり、ローン審査が通らない場合もありますので注意が必要です。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」