不動産売却のコツ 売却活動について

売却しやすい時季

さて、不動産売却をする際に売り出し時期はいつでもいいと思われがちですが、不動産にも売りやすい時期、季節があります。

人が動く時期は売りやすい

勤務先の人事異動や進学などの時期である1月から3月まで間、人が動く時期には不動産の売買が盛んになります。
特に、3月末は転居先を探してる人が多くなりますので、必然的に不動産の取引も活発になります。

さて、この時期に入居したいという希望者は、いったい、いつごろから物件を探し始めるのでしょうか。
例えば、3月に入居となれば、そこから逆算して1月のお正月明けから探しはじめます。

ですから、この時期に合わせる場合には、1月には物件の売り出しは開始しておくべきでしょう。

次に多いのは、秋の9、10、11月ごろです。
季節的にも秋のシーズンとなりますので、この時期に合わせる場合には8月中頃からの売り出しになります。
春先についで不動産が比較的に動く時期になりますので、その他の時期はあまり変わりがありませんが、逆に芳しくない時期は12月と8月の夏休みの時期です。
真夏の暑いときには、夏休みにも重なり見学に出向く人は激減しますし、この時期はとても不動産を買うなどの気持ちになりにくいので、極力避けることです。

こうした背景から、気象条件のいい春と秋が売り出しには最適です。

売りやすい時季は他にもあるか

近年では年間を通して物件の探索をされている方も多いので、一概にこの時期だから売却しやすい時季とは言いにくい時代になっています。

これは、インターネットの普及でいつでも物件情報や探索が可能になりました。
また、住宅に対する質の高さを求める傾向があるので、じっくりと長い時間と労力をかけて物件探しをしていると思われます。

したがって、売却にあたっては春先や秋口がいいということは、それほど意識する必要はないでしょう。

売りやすいのは季節だけではない

売却物件の売りやすい場合には、1年のうちの春先とかだけではありません。

例えば、現在のように住宅ローンの金利が低金利のときや税制で優遇されている年などは、購入者もこの機会に住宅を購入しようと思います。
したがって、そうした時期を見極めて売却を検討することも必要でしょう。

また、近隣で売り物がない場合や、再開発や新駅の開業なども売りやすくなる要因の1つになります。

【画像】不動産売却の売りやすい要因

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」