不動産売却のコツ 売却活動について

販売活動の計画を立てる

ここからは、不動産会社と媒介契約を結んだ後の売却活動について解説していきます。

販売活動の計画立案

実際の売却活動自体は不動産会社が行いますが、売主側も販売活動の計画には参画しておきたいところです。

まずはレインズへの登録をしていきます。
次に、広告媒体へ物件の詳細を掲載していきます。
その後に現地案内会などを開催していきます。

そうした活動を行った結果は媒介契約の形態にもよりますが、どんな広告活動をしているのかとか、問合せや内覧希望などの反響状況などの販売活動の報告を不動産会社からしてもらいます。

その報告から、広告活動を増やしていくとか、再度、現地内覧会を開催するなどの具体的な販売活動を計画していきます。

売却活動期間は、専任媒介契約の期間3か月が1つの目安にもなりますので、その間でどう活動していくかも、計画しておく必要があります。

【画像】不動産売却の販売計画イメージ

販売活動の事例

よくある販売活動の事例としては、次のようなものがあります。

インターネットを使った不動産サイトへの掲載

近年、購入希望者もインターネットでの物件検索を行っています。
したがって、売却活動には必ず不動産サイトの掲載をすることが有効ですから、不動産業者にはどの不動産サイトに掲載されるかを聞いておく必要があります。
また、自身で不動産サイトで売却物件の詳細が閲覧できるかも確認することです。

現地内覧会(オープンハウス)

現地での内覧会は、別名でオープンハウスとも言われています。
特に、マンションや一戸建ての場合、こうした手法で具体的な購入希望者を案内します。
毎週の土・日に行っている場合もあり、販売には有効な手段です。

物件の周辺へのチラシポスティング

物件の周辺地域にチラシをポスティングすることで、近隣からの問い合わせを待つことになります。
例えば、現地内覧会の開催チラシをポスティングして集客をはかります。

新聞への折り込み広告

折り込みの費用はかかりますが、不動産のチラシを新聞折り込みします。
不動産会社によっては、いろいろな物件を掲載しているチラシを折り込みしている場合があります。

以上のような事例が挙げられますが、インターネットでの広告、掲載は近年では多くのウエイトを占めています。

こうした販売活動で成約へと結びつけていきます。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」