不動産売却のコツ 物件調査・価格査定について

価格査定書による調査

ここでは不動産の価格に関する調査関係について解説していきます。
特に、不動産鑑定士による不動産鑑定評価書と価格調査書の違いについて解説します。

不動産鑑定評価書と価格査定書との違い

不動産鑑定評価とは?

よく言われる不動産鑑定評価とは、不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することを指します。
この不動産鑑定は国土交通省または都道府県に登録されている不動産鑑定業者のみが行うことができ、また、国土交通省に登録されている不動産鑑定士(不動産鑑定士補も含む。)のみが不動産鑑定業者の業務に関して、不動産の鑑定評価を行うことができます。

評価は不動産の鑑定評価に関する法律に基づき、不動産鑑定士が不動産鑑定評価基準に則して行われますが、不動産鑑定評価は時間もかかり、その費用もそれなりにかかります。
そのため、昨今の売買や相続などの場面で、不動産価格等の調査を必要とする場合で、すぐにでも時価を知りたいというニーズには答えにくいものになっています。

価格査定書とは?

不動産鑑定評価を行う場合には、その費用や時間がかかる場合が多く、近年のニーズの多様化や企業会計における不動産の時価評価の一部義務化など、不動産鑑定評価基準によらない価格調査の希望が増えてきています。
そんな状況下で不動産鑑定評価までは必要はないが、価格等の調査を希望される場合が増えてきたため、不動産鑑定評価基準に則さない不動産価格査定なるものが生まれました。

こうした経緯で生まれたものは不動産価格査定書を呼ばれ、安価な料金で不動産鑑定士のサービスを受けられ、しかも、作成期間も短いので内部的な資料としては利用度が高いものになります。
ただし、不動産鑑定評価書のように、公的機関への提出書類を前提としていないものですので、その利用範囲は限られたものになろうかと思います。

価格査定書の特徴

価格査定書による調査は不動産の売却に関して、その具体的な売り出し価格を決める際の参考資料として算出されます。
つまり、価格査定はあくまでも参考資料であり、いわゆる物件の時価をいち早く把握するものの1つと考えるべきでしょう。

そのため、不動産鑑定評価書のような意味合いをもったものではないことは認識しておく必要があります。
ですから、価格査定書を利用する場面としては、売買や相続などのケースで対象不動産の時価を知りたい場合や財産分与などで時価が知りたい場合などに適しているとされています。

この価格査定書は宅地建物取引業者、いわゆる不動産業者によっても作成され、その場合には宅地建物取引業法に基づいて具体的な売出価格を決める際の参考として出すものです。
したがって、不動産鑑定評価書のように、不動産鑑定評価基準には則っていないものであります。
つまり、鑑定評価基準に則してない価格調査ということになります。

特に、時価評価をある程度はきっちりと行いたいという場合には、価格査定書を利用したいというものです。

不動産鑑定評価書と価格査定書との違い
不動産鑑定評価書
  • 評価に基づき作成される
  • 時間とお金がかかる
価格査定書
  • 簡易的に時価評価ができる
  • 時間がかからない

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」