不動産売却のコツ 売却活動について

不動産を高く売るためのポイント

不動産売却では売り出し物件を高く売りたいものですが、高く売るポイントについて解説していきます。

高く売るポイント

物件を高く売るには、ほかの物件との差別化をしなくてはなりません。
そのため、物件の強みを強調して広告掲載する必要があります。
近年、インターネットの普及から、物件の写真はできるだけ豊富に掲載しておくことは重要です。
各部屋の写真はもちろん、キッチンなどの設備や外観などはぜひ掲載しておくことです。

また、駅近、南向き、閑静な住宅街、タワー高層階、など、その物件の売りになるものは前面に出すことをお勧めいたします。

また、物件自体にリフォームなどをしてから、販売活動することもポイントなります。
特に、中古マンションなどのリフォーム済み物件は比較的高めで売却される傾向が強いです。

担当者の力量

もう1つのポイントは不動産会社の担当者の力量があります。

適正な価格で査定し、売り出ししても購入希望者からの値引きの要求は必ずと言っていいほどあります。
そこで、その値引きを安易に受け入れてしまい、担当者からもっともらしい理由で値引き金額を受け入れてしまう場合があります。

この場合、担当者としては早く売却が決まれば、その分仲介手数料も早くもらうことができ、最終的には担当者のインセンティブになります。

したがって、多少の値引き要求があってもホイホイ受け入れてしまう担当者は注意が必要です。
高値で売却できる場合は値引きを安易に受けない、また、必ず交渉して妥協点を見つけるコツを持った担当者を選ぶことも重要なポイントです。

担当者の交渉力

不動産会社の担当者はいろんなタイプの方がおります。
ですから、その方との相性も重要ですし、先ほどの力量も大きなポイントです。

また、不動産の取引で豊富な知識や経験などがある担当者は買い手にも好印象を与え、安心感をもってもらえます。
特に、現地の案内や物件の紹介などは担当者の力量にかかっていますので、売却には大きな要因の1つです。
万一、どうしても担当者との相性などが悪い場合には、担当者を変えてもらうのも1つの手段です。
同じ物件でも担当によって100万円の差が出たということはありますね。

不動産売却で高く売るポイント
物件自体の要因 不動産会社の要因
物件の強みをアピール

例として
  • ・駅近
  • ・南向き
  • ・閑静な住宅街
  • ・タワー高層階
  • ・対面カウンター
  • ・アイランドキッチン
など
担当者の力量

例として
  • ・安易に値引き交渉に乗らない
  • ・粘り強い交渉力がある
  • ・売主との相性がよい
など

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」