不動産売却のコツ 媒介契約について

レインズについて

さて、媒介契約の形態の中で不動産指定流通機構、いわゆるレインズの登録義務がありましたが、いったいどういったものなのか解説していきます。

レインズとは

このレインズとは、国土交通大臣の指定を受けた指定流通機構である公益法人で運営されている不動産物件情報交換のためのネットワークシステムを指し、Real Estate Information Network Systemの頭文字をとってREINS:レインズと呼んでいます。

これには、不動産情報の規格を標準化し、各流通機構間の提携をして不動産会社による情報共有をして、エンドユーザーに正しい情報を伝えることが目的とされています。
また、不動産会社間で物件情報を広く交換して、契約の相手方を迅速に見つけることを可能にしています。

このレインズは、残念ながら一般の方は閲覧することはできません。
不動産会社専用のインターネット検索システムと言っていいでしょう。

レインズを利用するメリット

希望条件にあった購入者のスピーディな発見が可能

多くの不動産業者がオンラインでつながっているので、売却物件を探している方には即時に伝わり、契約までの時間が短縮されます。

取引事例に基づく適正な売出価格の設定が可能

レインズには大量のデータが登録されており、適正な価格の設定ができます。

この検索システムは物件探索を容易にしておりますので、売り出し物件を探すのはまずここからになりますので、売却の依頼はレインズに登録義務ある媒介契約を結んでおくべきですね。

不動産流通機構とは

公的組織が国土交通大臣に指定されたもので、東日本不動産流通機構(東日本レインズ)・中部圏不動産流通機構(中部レインズ)・近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)・西日本不動産流通機構(西日本レインズ)の4つの機構で運営されています。

この4つの機構が集約した最新の不動産市況データーは、一般にも公開されております。

4つの機構
公益財団法人
東日本不動産流通機構
北海道・東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島の各県)・関東甲信越(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、新潟、山梨、長野の各都県)の地域で活動。
公益社団法人
中部圏不動産流通機構
東海(静岡、愛知、岐阜、三重の各県)・北陸(石川、富山、福井の各県)
公益社団法人
近畿圏不動産流通機構
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の各府県)
公益社団法人
西日本不動産流通機構
中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口の各県)・四国(徳島、香川、愛媛、高知の各県)・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の各県)・沖縄県

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」