不動産売却のコツ 不動産売買契約

物件個別の再調査

契約を前に念のため、再度、物件の詳細を調査しておく必要があります。

現地調査

物件の調査ではもっとも重要なもので、目視で確認できるものを調査します。
現況の状況、敷地や道路の高低差、道路幅員、電気やガス、水道などのインフラ状況、境界杭の有無、上空障害の有無、近隣周辺の状況などを把握しておく必要があります。

調査項目の例
  • ・土地の周り寸法を測る
  • ・接道している道路の幅員
  • ・側溝の幅員及びその深さ
  • ・土地の高低差
  • ・道路の高低差
  • ・水路の有無
  • ・電気引き込み箇所
  • ・ガス管の埋設の有無
  • ・上下水道の有無
  • ・境界杭の有無
  • ・電線等の上空障害の有無
  • ・建物の寸法
  • ・高さ
  • ・配置
  • ・屋根や外壁の現況

役所調査

現地調査に加えて、役所調査が必要になります。
役所調査では、都市計画法や建築基準法などにおける用途地域の確認、建ぺい率、容積率の確認、高さ制限や道路の種別とその幅員など、物件に接道する道路関係の確認、さらに、防火、準防火地域の確認、地区計画や協定の有無、上下水道などのインフラ整備状況の確認などを調査していきます。

調査項目の例
  • ・都市計画区域
  • ・用途地域
  • ・建ぺい率
  • ・容積率
  • ・防火地域
  • ・高度地区
  • ・日陰規制
  • ・特別用途地区
  • ・風致地区
  • ・土地区画整理事業
  • ・地区計画
  • ・開発許可
  • ・道路種別
  • ・港湾法適応
  • ・宅地等規制区域
  • ・土砂災害特別警戒区域
  • ・急傾斜地崩壊地区
  • ・都市緑地法
  • ・中高層建築物条例
  • ・建築協定区域

法務局調査

付随して法務局に出向いて、公図や登記事項証明書、登記事項要約書、地積測量図、建物図面など、土地や建物の登記関係を確認していきます。

特に、所有者の確認や所有権以外の権利があるかを確認しておく必要があります。
共同担保目録が記載されていれば、そちらの内容もすべて確認しておくことです。
また、該当する物件以外に隣接する方の登記も閲覧しておくこも必要でしょう。

調査項目の例
公図

地番と地形を確認するもので、現地との違いがないか、接道があるかを見ます。
場合よっては、古い公図を閲覧して道路や水路関係を調査する場合があります。
その場合、管理者はだれなのかまで調べておく必要があります。

登記事項証明書(登記簿謄本)

土地、建物の所有者が誰かを見るものになります。
確認するべき点は、所有者、債務者、権利移動、債権の移動等になります。
いつだれが、買ったのか、いくらの借り入れをしているのかなどが、この登記事項証明書で把握できます。

登記事項要約書

この書面で隣接する土地や建物の所有者も調べておきます。
公図と照らし合わせて、確認していきます。
例えば、近隣で大型の建築計画の有無も把握できる場合がありますんので、必ず調べておくべきでしょう。

地積測量図

土地の登記の際に測量した経緯があれば、法務局に残されています。
最近では、精度の高いものになっていますが、古いものは参考資料として見ておくことになります。

建物図面

建物の登記の際に該当する土地に建物がどう建っているかが把握できます。
建物の配置やその大きさなどが見れます。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」