不動産売却のコツ 不動産売却について

住宅ローンが残っている場合

せっかく購入した一戸建てやマンションなどの不動産も、何らかの理由でその不動産を売却することとなった場合、どのような点について注意すべきか考えてみました。

手持ちの不動産を売却する際、購入したときの住宅ローンが残っていると、「売却ができないのでは?」ということをよく耳にします。
どうも住宅ローンが残っていると、「売却はできない」と皆さん思いがちのようです。
確かに、ユーザーの方々がこう疑問に思うのは、ある意味、必然的なものかもしれません。
では、実際にはどのようなイメージなのか事例を交えて解説します。

まず、売却金額が、現在の住宅ローンの残債務よりも上回る場合には、それほど問題にはなりません。

例えば、Aさんは10年前に3,000万円で購入したマンションを売却したいと考えていました。

そこで、ある不動産業者に自宅がいくらぐらいで売れるのか査定をしてもらい、2,500万円程で売れるということがわかりました。
Aさんが自宅マンションを購入した際に借りた住宅ローンは2,000万円で、査定をした時の住宅ローン残高は1,500万円でした。

仮に、2,500万円で売却ができたとすれば、2,500万-1,500万=1,000万となり、住宅ローンを完済して、さらに1,000万円の余剰金を得ることができます。
つまり、売却金額のほうが住宅ローン残高よりも上回るので、売ったお金で住宅ローンは完済することができます。

【画像】売却金額が住宅ローン残高を上回る場合

Bさんが購入した際に借りた住宅ローンは、3,200万円の諸費用込のフルローンで、現在のローン残高がまだ2,800万円ありました。
Bさんも自宅の売却を考えており、Aさんから2,500万円で売れる話を聞きましたが、ローンの残高がまだ2,800万円もあるので、2,500万円で売ったお金でローンが完済できないことが判明しました。

この場合、自己資金などで300万円を住宅ローン返済に補てんしないと、住宅ローンの完済ができないということになります。

【画像】売却金額で住宅ローンが完済できない場合

また、自己資金等で補てんする資金がない場合には、不足分300万円のローン返済を継続すればいいのでは?と考えがちですが、これはかなり難しいでしょう。
最終的には、借入先の金融機関との相談になります。

以上のような視点から、住宅ローンが残っている不動産売却には注意が必要でしょう。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」