不動産売却のコツ 売却活動について

不動産の魅力をアピールするポイント

不動産の売却をする際、より高く売却するためにも売却物件をどうやって良く見せたらいいのでしょうか。
ここでは、その物件の良さをどうやって伝えていけばいいかを解説していきます。

売却物件を良く見せるポイント

ここ数年はインターネットでの物件探しが当たりまえになっています。
そのため、物件紹介にどれだけ多くの写真掲載がされているか、また、カメラの使い方で部屋の広さなどがより広く見えるかなど、いろいろな手法が使われています。

また、スマートフォンの普及から、スマホ対応の物件紹介は必須になっています。
こうした背景から、昔ながらの文字情報程度での物件紹介では、なかなか購入希望者からの問合せは期待できない点は把握しておくことです。
ですから、物件紹介にはいかに数多くの写真掲載をすることがポイントの1つになっています。

さらに、物件紹介のコメントも重要です。
例えば、立地のよさを見せるには、多くの路線駅に徒歩圏で行ける物件であったり、少し遠い利用駅でも人気のある駅であれば、その利用が可能であるなどの文字情報は必要になります。

リフォーム済みの方が有利

築年数の古い物件では、現状のままというよりもリフォーム済みでの販売の方が有利にはなります。
ただ、この場合ではそのリフォーム費用も売主側の負担になりますので、売値の考慮は必要ですね。

特に、リノベーションの物件は築年数が古いものでも売却には有利な要因の1つです。
購入者自身でリノベーションする場合も増えていますので、あえてリフォームをせずに売却する場合も想定しておくことです。

売却物件の特徴を紹介する

不動産売却には、その売却物件の特徴をうまく紹介することが必要です。
駅近なのか、広さが確保されているとか、価格的に割安感があるのか、子育てに適した住環境であるとか有名ハウスメーカーの住宅であるなど、そのアピールポイントはさまざまです。
そのアピールポイントを理解している方はそこの住人ですから、住人の方がよいと思うポイントは売却の際には強調しておくことでしょう。

以上のようなポイントを踏まえて、売却物件の魅力を伝えてはと思います。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」