不動産売却のコツ 不動産査定について

査定の依頼をする

さて、実際に査定を依頼するとなった場合、どんな査定方法があるのでしょうか?
順を追ってみてみましょう。

簡易査定

まずは大体の売却金額を知りたい場合にはこの簡易査定が有効です。
この査定方法は近隣の売り出し例や成約した物件の内容、また、公示価格などの客観的な指標を参考にして、査定価格を算出します。
いわゆる机上査定とも言われ、最近ではインターネットを介して査定してもらえます。
この場合には、個人情報などは通知しなくてもいい場合もありますので、とりあえずいくらぐらいで売れるかを知るにはいい査定方法です。

指標としては、類似する物件の成約事例や近隣の売り出し事例と併せて、公示価格や路線価などのいわゆる公的な数値を参考にて机上で数値を査定します。
訪問査定のように、現地には行きませんので、例えば、土地の高低差や隣地との状況、日当たりや眺望、建物の外部の塗装状況や内部の劣化などの把握できないので査定額に反映しません。

したがって、現地に行って具体的な調査をしていない分、後々に行う訪問査定の査定額と異なる場合がありますので注意が必要です。
最終的には、次にお伝えする訪問査定を行うことになります。

訪問査定

先ほどの簡易査定の結果から、より具体的な査定額を知りたいとなれば、物件の現地を訪問して調査するという訪問査定を行うことになります。
この査定方法は、売却物件の土地、建物を実際に見て、周辺の状況や建物内部の状態などを把握して査定額に反映させていきます。
また、簡易査定とは異なり詳細査定をしますので、より実勢価格に見合った査定額を算出することができます。

なお、この査定方法の場合、物件を調べる上で、公図や登記事項証明書、地積測量図、建物図面などの取得を行うための法務局調査や、都市計画法や建築基準法などにおける用途地域の確認、建ぺい率、容積率の確認、また、道路の種類やその幅員など物件に接道する道路関係の確認、さらに、防火、準防火地域の確認、地区計画や協定の有無、上下水道などのインフラ整備状況の確認などを行う役所調査も行いますでの、査定結果まではある程度の時間がかかります。

いずれの方法でもやはり数社で査定してもらい、どの査定額が適正かを判断する必要があります。

不動産の査定はその算出根拠が明らかでないと信頼はできません。
したがって、簡易査定でも訪問査定でも査定額の算出根拠をよく聞いておくべきでしょう。

査定方法の使い分けイメージ
  簡易査定 訪問査定
有効な
用途
  • 大体の金額を知りたい場合
  • 売却の検討を始める場合
  • 漠然といくらぐらいかを知りたい場合
  • 正確な査定額を知りたい
  • 具体的な売却を検討している
  • 早く売却をしたい場合

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」