不動産売却のコツ その他のお役立ち記事

資産価値をアップさせるリフォーム

ここでは、不動産売却の際に高く売れるリフォームについて、マンションの場合と、一戸建の場合のそれぞれで解説していきます。

マンションの資産価値を高めるリフォーム

マンションの場合では、築年数にもよりますがフルリフォームと部分的なリフォームが考えられます。
これは予算にもよりますが、フルリフォームでは極力最新な住宅設備を入れておく必要があります。

例えば、キッチンでは食洗機や浄水器を盛り込むとか、トイレではタンクレスタイプを設置したり、浴室では浴室乾燥機やミストサウナを入れるなど、ある程度は新築に匹敵する設備を兼ね備えることです。

購入者側では、こうした目に見える設備は敏感に反応しますので、リフォーム予算にもよりますが、できるだけ最新のものはつけておくことでしょう。

また、内装に関しては、床材のフローリングや一部大理石などの石貼り仕様は必須です。
昔のカーペット床はアレルギーなどの懸念もあってか、少なくなっており購入者側も好まない方が大半です。
したがって、できるだけフローリングにはしておきたいところです。
さらに、予算に余裕があればフローリングを無垢材などにするなど、その材質にこだわることも検討しておくことでしょう。
これに付随して、壁や天井のクロスは張替が必須条件になります。

このような点を踏まえて、効果的に部分リフォームをすることもいいかもしれませんね。
キッチンだけ最新のものにするとか、床をフローリングに張り替えるなどはその一例です。

一戸建ての資産価値を高めるリフォーム

一戸建ての場合では、マンションのように内部的なリフォームに加えて外部のリフォームが重要になります。

例えば、外壁の塗り替え、屋根の塗り替えなどは資産価値アップのリフォームの1つです。
最近では、遮熱効果のある塗料で屋根を塗り替えするというものもあります。

また、住宅設備会社の宣伝にもありますが、省エネのリフォームを行うことでも資産価値が上がります。
例えば、ガラスを遮熱ガラスに交換したり、断熱材を使っての外壁リフォームもあります。

特に、中古住宅の購入の際には、購入者のフラット35の利用が可能な住宅は資産価値が上がります。
加えて、耐震診断をしたりして住宅の耐震性を証明しておくということも必要でしょう。

こうした外部関係のリフォームにプラスして、マンションの場合と同様に内部のリフォームを行うと、かなりの資産価値はあがりますね。
但し、マンションの場合と異なり、一戸建ての場合にはそれなりのコストがかかりますので、どのリフォームをするかは、予算との兼ね合いを見極めながら進めていくことになります。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東急リバブル
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」