不動産売却のコツ 不動産査定について

不動産会社を選定するポイント

簡易査定や訪問査定を終えて不動産会社を選ぶ段階になったときにどういうポイントがあるのでしょうか。

査定額と算出根拠の客観性

不動産会社を選定するうえで、もっとも重要なポイントは査定額の算出根拠と客観性がどれだけあるかが大きなポイントになります。

また、その会社や担当者のイメージも重要にはなります。
例えば、査定依頼の段階で不動産会社各社の印象はある程度は把握できます。
それに加えて、各会社の担当者の対応も大きく異なり、その良し悪しは把握できます。

特に、担当者は今後、数カ月間はお付き合いすることになりますので、自身や家族との相性は重要なポイントの1つになります。
例えば、奥さんとの相性が悪い担当者ですと、なかなか話がかみ合わない場合もあり、会社はよくても担当者が気に入らないので話にならない場合があります。

また、小まめ連絡や報告をくれない担当者の場合には、往々にして後々のトラブルの原因にもなります。
さらに、約束の時間に遅れたり、書類の整理ができていないなど、担当者の言動は不安材料の1つになります。
こうした点を加味して、査定金額と不動産会社、及びその担当者を比較して選定していくことになります。

【画像】不動産会社選定のポイント

査定金額について

査定金額でもっとも重要なポイントはやはりその算出の根拠と数値の客観性はいかにあるかが大きなポイントです。

不動産業者に中には、売却の依頼が欲しいがために高めの査定金額を提示してくる場合があります。
仮に、そうした業者に売却依頼をしてしまうと、かえって売却が長期化してしまう場合がありますので、売却依頼には慎重な判断が必要でしょう。

したがって、複数社から査定額の提示を受けた際には、その根拠と客観性はよくヒアリングすることです。
最終的は、査定金額が適正な価格であるか、他社の比較、客観的数値を加味して妥当な金額を見極めることになります。
そうすることで、条件のよい不動産売却をすることができます。

不動産会社の選定

不動産会社の規模の大小は重要ではありますが、売買の実績数や不動産会社の免許番号、売買仲介に強いかなどの特徴を比較しておく必要があります。
不動産会社には、仲介の売買専門業者や賃貸をメインとしている業者もおりますので、できれば売買を主に行っている業者にお願いされた方がいいでしょう。
また、売主の視点で状況を見れる不動産会社を選択することも重要です。
例えば、仲介手数料を早く欲しいがために、媒介契約や売買契約を急がせる業者は選定からははずすべきです。

不動産会社の担当者

あらゆる質問や問いかけに、ごまかさずに正確に回答をしてもらえるか、また、不動産の取引はもとよりローンや税金、法律に関する知識が豊富にあるかを見極めることです。
担当者との相性が悪い場合には、担当を変えてもらうなど、売主としては高額な取引をお願いする立場ですから、言うべきことはきちんと伝えておきましょう。

以上のような、3つのポイントから総合的に判断して売却を依頼する不動産会社を選定してはと思います。

不動産無料査定 依頼をスタート!

住所を選択してください

1都道府県
2市区町村

都道府県を選択してください。 市区町村を選択してください。

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

参画会社一部抜粋
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • センチュリー21・ジャパン
  • 東京建物不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • ナイス賃貸情報サービス
  • いい部屋ネット大阪賃貸情報センター

※査定会社は地域によって異なります。詳しくは参画会社一覧ページをご確認ください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
不動産売却「HOME4U」