宮崎県の中古購入の利子補給制度、補助/助成金制度

宮崎県内の中古購入の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

利子補給制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 利子補給制度
制度の有無
あり
上限金額
731.8万円
条件・備考等
【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を市内の危険区域外に建設し、又は購入に要する資金を金融機関から借り入れた場合の借入金の利子の一部を助成する。年利率8.5%を限度とする。限度額は、住宅の建設、購入及び改修に係る経費465万円、土地の取得に係る経費206万円、敷地の造成に係る経費60.8万円。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-

※最大3件まで同時に比較できます

補助/助成金制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 補助/助成金制度
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【移住・子育て住まい支援事業】(a)移住者が中古住宅を取得する場合、補助額は、住宅の購入費の1/10以内で50万円を基礎額として補助。(b)子育て世帯(18歳以下の子供が同居)が中古住宅を取得する場合、補助額は、住宅の購入費の1/10以内で20万円を基礎額として補助。(a)及び(b)ともに、18歳以下の子供1人につき10万円の加算。空き家バンク登録物件購入の場合は、20万円の加算。補助合計額の上限100万円。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
120万円
条件・備考等
【小林市中心市街地空き家活用促進事業】中心市街地エリアに空き家(中古住宅)を購入し、居住する者に対し、住宅購入費用の2/3以内を補助(上限100万円)、子育て世帯、他地域からの移住世帯は上乗せ(20万円)、予算がなくなり次第終了。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
50万円
条件・備考等
【子育て世代移住促進住宅取得助成金】子育て世代の移住促進を図るため、西都市空き家等情報バンクに登録された住宅を購入する転入者に対し、助成金を交付。申請者が40歳未満、もしくは中学校3年生までの子どもを養育し同居していること、自治会に加入することが必要。助成額は50万円。
制度の有無
あり
上限金額
50万円
条件・備考等
【移住者住宅取得支援金】移住者が住宅を取得した際に助成。取得経費の10%、上限30万円を補助。住宅取得者子育て加算金として中学生以下の被扶養者1人につき10万円、上限20万円の上乗せあり。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

宮崎県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報