新潟県の移住支援制度

新潟県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
移住モデル地区(西蒲区越前浜・秋葉区小須戸)へ県外から移住する方に、転居費用や家賃の一部を助成する他、住宅取得に対する奨励金を交付。また、県外から移住して、市内で創業する方への補助制度や、県外からの移住世帯に対し住宅リフォームや転居費用を補助する制度を設けているほか、東京圏から移住して移住支援金対象の企業に就職する方に対し、移住支援金を交付する制度を2019年度より開始。市奨学金貸付制度では、大学等を卒業後、新潟市へUターンした方に返還額の一部免除を実施。首都圏の移住希望者には市東京事務所や出張相談等で相談を受けている。
(1)空き家バンク制度による登録空き家物件の情報提供。(2)空き家バンク利用者が居住を目的とし、登録物件で賃貸借・売買契約を行う際に必要となる経費の一部を助成(費用の1/3、上限5万円)また、成約となった登録物件への引越しに要する経費の一部を助成(費用の1/3、上限5万円)。
空き家バンクを利用した移住者が対象。(1)空き家改修費の1/2(上限50万円)。市内在住者の場合、上限10万円として補助対象とする。(2)賃貸借契約費の全額(上限5万円)。三世帯同居用家屋に引っ越す場合も補助対象。(3)引越し経費の全額(上限10万円)を補助。(4)移住検討者が、ものづくり企業で就業体験ができるお試し居住を実施。就業体験は無給だが、住居賃借料・光熱水費は市が負担する。滞在中にSNS等での情報発信ができる場合は、情報発信活動費5万円を支払う。
(1)【U・Iターン促進住宅支援事業補助金】(a)融資を利用して住宅を取得する転入者に対し、10万円助成。他加算金あり。(b)U・Iターン者を対象とした賃貸住宅家賃(2年間・最大1.5万円)及び初期経費(最大12万円)に対し補助。(2)【ウェルカム柏崎ライフ応援事業】奨学金を受けて大学等に進学し、卒業後に柏崎市に居住した方に対し、奨学金返還開始から償還額を補助(最大60回・前年度償還額の1/2または10万円)。(3)【U・Iターン新生活応援補助金】柏崎市内の企業に就職が決まり、新生活を始める者に5万円を補助。
(1)【定住化促進事業】(a)住宅取得補助金として、市外からの転入者を対象に、住宅の建築もしくは取得費等の一部を最大180万円補助する。(b)U・Iターン促進住宅支援事業補助金として、U・Iターン者で市内の民間賃貸住宅に居住し、新発田市に住民登録した者に家賃の一部を補助する。(2)空き家の物件情報を登録し、市のホームページ等で情報を公開している。(3)【新発田市空き家バンク補助金】登録物件が成立した後に祝金を交付。
(1)小千谷市移住・定住・交流ポータルサイト「あなたにしっくりくる暮らしおぢやにスムスム。」での情報発信。(2)住宅取得補助金(最高80万円)。市内で転入者が中古住宅を取得する場合補助(上限30万円)。(3)若者マイホーム取得補助金(上限20万円)。(4)空き家情報紹介。(5)おぢやクラインガルテンふれあいの里によるお試し移住体験。(6)移住サポーターによる移住前後の相談サポート。
なし
移住に必要な情報を発信するナビサイト運営の支援、新規就農者の家賃補助、空き家バンクでの物件情報の発信、公営シェアハウスでの移住体験、定住促進助成制度(定住支援・住宅支援)などにより、移住を支援。
(1)住宅取得時に新築で50万円、中古で30万円を助成。(2)定住促進サイト「ハピネスみつけ」で支援情報を提供
【空き家バンク物件購入者移住支援補助金】単世代は補助対象経費の1/3以内、2世代は同経費の1/2以内、3世代以上は同経費の2/3以内(いずれも上限100万円)。
【燕市移住家族支援事業】申請年度の4月1日以降に燕市に転入届を提出し、市外から燕市に移り住み定住する(ただし認定申請を行う日において6ヶ月以上市外に居住)方が対象。事業計画認定申請時の年齢が満50歳未満、補助対象住宅を新築又は購入するため、金融機関等との借入契約(償還期間10年以上)を締結し、当該住宅に2名以上で居住するなど、その他条件あり。
(1)【UIターン促進空き家取得支援事業補助金】空き家バンク登録物件を購入するUIターン者に空き家取得費の一部を補助。(2)【UIターン促進空き家改修事業補助金】空き家バンク登録物件を取得し、改修するUIターン者に空き家改修費の一部を補助。(3)【UIターン促進賃貸住宅家賃補助金】糸魚川市内の賃貸物件に入居するUIターン者に最大2年間家賃の一部を補助。(4)【農林水産業就業研修事業】糸魚川市の農林水産業への就業希望者が、就業に向けた実践的な研修を受ける場合、研修にかかる交通費および滞在費の一部を補助。(5)【ビジネスチャレンジ支援(創業支援)事業補助】クラウドファンディングや新たに事業など、糸魚川市が新たなチャレンジを支援。
(1)空き家バンク(2)【妙高市UIターン促進住宅支援事業補助金】妙高市外からの転入者の家賃の1/3、上限1.5万円を2年間助成。(3)【妙高市住宅取得等支援事業補助金】住宅の取得・増改築費用の助成。上限200万円。他要件あり。
(1)【ファミリー住まいる事業補助金】(2)【マイホーム等建設支援事業支援金】(3)【住宅リフォーム事業補助金】(4)【ごせん起業者応援事業】店舗の新築や住宅の増改築、空き店舗の改修・増改築の費用の一部、建物賃借料の一部を補助。(5)ごせん安心にこにこサポートサイト。
上越市ふるさと暮らし支援センターを設け、移住に関するさまざまな相談を受け付けている。【移住者等が利用できる制度】(1)就労促進家賃補助金、新規就農者住居費補助金:家賃の一部を1年間補助(家賃の1/2、月額上限2万円ほか)(2)空き家定住促進利活用補助金:空き家の修繕費を補助(修繕費の1/3、上限50万円ほか)(3)定住促進生家等利活用補助金:生家等の修繕費を補助(修繕費の1/3、上限50万円ほか)(4)移住体験ツアー、おためし農業体験など
虹の架け橋住宅取得支援事業(新築・全面改築住宅の取得及び中古住宅の購入を対象としている。補助対象要件あり。転入者は最高100万円。ただし、予算枠に達した場合は受付終了)。子育て世帯新築支援。空き家バンク制度。住宅リフォーム(上限25万円)・空き家リフォーム支援事業(上限50万円)。
(1)空き家バンク(2)佐渡暮らし体験住宅(1ヶ月~6ヶ月)(3)若者世帯転入時の家賃1/2補助(1年間最大月2万円)(4)空家改修費等1/2補助(最大50万円、加算金あり。)(5)若者の空き家購入時の仲介手数料1/2補助(最大10万円)(6)佐渡UIターンサポートセンター
UIJターンの新規就農者の家賃の一部助成。新規企業者の事業開始に要する経費等の一部助成。空き家バンク(売買・賃貸物件の紹介)。お試し住宅(3日~30日間。1日1,000円)。市外居住45歳未満で市内定住し市内事業所に勤めた場合、奨励金。市外から市内事業所の採用試験等を受ける際の交通費の一部助成。市外から市内事業所インターンシップに参加する場合の交通費・宿泊費の一部助成。
(1)県外から南魚沼市に転入し、県内企業などに就職した人に、賃貸住宅家賃補助(1/2、上限3万円)と契約初期費用補助(2/3、上限12万円)を実施。(2)空き家バンク制度を実施。空き家バンク制度の登録促進のため、家財道具等の処分に要する費用を一部助成(2/3、上限20万円)(3)東京都内に在住または東京都内在勤で東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県に在住(5年以上)の人で、新潟県が指定する企業に就職または起業する人が、南魚沼市にUIターンする場合に、1世帯100万円(単身世帯60万円)を補助。
(1)空き家バンク(2)移住体験住宅(3)奨学金返済支援

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

新潟県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集