神奈川県の移住支援制度

神奈川県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
(1)空き家バンク制度を実施。(2)子育てファミリー等応援住宅バンク助成制度。(3)2世帯住宅リフォーム助成制度。
なし
なし
なし
移住希望者に対し、移住関連資料の送付、オンライン移住相談、オーダーメイド型の個別案内を実施。
オンラインでの移住相談を実施。
なし
(1)【トライアルステイ(お試し居住)事業】三浦市への移住をお考えの方に、市内の空き家に短期間滞在していただくプログラム。三浦市の事業として始め、2020年度からは民間事業者による事業として実施し、三浦市は引き続き連携・協力して取り組む。期間中には、地元の方との交流会や市内ツアーを実施(ただし、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、実施について判断)。(2)【移住相談窓口】移住者受入連携企業(移住者も積極的に採用する企業)の紹介、市内案内等、常設の相談窓口として移住希望者の相談に対応。
(1)いなか暮らし体験ツアー。(2)定住促進住宅「ミライエ秦野」(35歳以下の夫婦、子育て夫婦を対象に、将来の住宅購入費助成などの入居特典が受けられる住宅を整備)。
(1)【親元近居・同居住宅取得等支援事業補助金】市内に居住する親世帯のもとに、子世帯が市外から新たに住宅を取得する際に要する費用の一部を補助する。同居60万円、近居40万円。下記要件一つにつき10万円を加算。(a)中学生以下の子(孫)がいる。(b)子世帯夫婦のどちらかが40歳未満。(c)定住促進地域に住宅を取得。(d)市内に1年以上在勤する方が住宅を取得。(2)【若年世帯住宅取得支援事業補助金】市外から転入又は市内に居住する子育て中の若年世帯が、住宅を新築・購入する際に要する費用の一部を補助する。基本額20万円。下記要件一つにつき10万円を加算。(a)定住促進地域に住宅を取得。(b)市内に1年以上在勤する方が住宅を取得。
なし
なし
(1)【海老名市住宅取得支援事業】築10年以上の中古住宅を購入する「子育て世帯」・「親世帯と近居・同居する子世帯」が対象。中古住宅の購入額に対し、最大50万円(基本額30万円+加算額各10万円。加算条件[a]市外から転入した場合、加算条件[b]対象住宅が中古住宅流通促進区域にある場合)を補助する(購入費用が500万円以上の必要あり)。(2)【三世代同居支援リフォーム助成事業】税抜10万円以上の工事に対し1/2助成(上限20万円)。※いずれの補助も他要件あり。(3)空き家バンク制度を実施。
なし
空き家バンク制度を実施。
なし

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

神奈川県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月

お役立ち情報