熊本県の移住支援制度

熊本県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。(3)【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。
(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。(3)【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。
(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。(3)【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。
(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。(3)【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。
(1)熊本市公式移住情報サイト「熊本はどう?」の開設。(2)熊本市UIJターンサポートデスクの設置。利用時間は平日9時~18時30分。(3)【熊本市移住者向け中古住宅購入補助金】1年以上継続して県外に在住している方または熊本市に転入後3年以内で転入直前に1年以上継続して県外に居住していた方が、建築後2年以上経過していて過去に人が住んだことがある住宅(災害リスクが高い区域にあるものを除く)を購入する場合、住宅の購入費用(土地を除く)の1/2以内で居住誘導区域内の場合上限50万円、それ以外の区域の場合上限30万円を補助する。
(1)【空き家バンク制度】八代市に所有している空き家の利活用を図るため、建物を空き家バンクに登録することで、八代市に住みたい方(利用登録者)とのマッチングを行う制度。(2)【八代市空き家バンク活用促進事業補助金】(a)空き家バンクに登録された物件の不要物の撤去(上限5万円)、改修工事等(上限40万円)、引越し(上限5万円)の費用をそれぞれ1/2補助。併用の場合、最大50万円。(b)老朽化した危険な空き家の解体費用の補助。上限60万円。
なし
(1)空家バンク制度(一定の要件を満たし登録された空家を市のホームページ等で情報提供する)。(2)お試し暮らし体験住宅制度(荒尾市の気候や風土、生活の様子を実際に体験していただけるよう3日~90日間[1,100円/日]で活用可能な住宅を提供する)。(3)移住コーディネーターによる相談対応(移住コーディネーター[相談員]を配置し、地域の住む魅力の情報発信を行うとともに、移住検討者からの相談対応・フォローアップを行う)。
(1)空き家バンク。(2)【通勤定期代支援補助金】九州新幹線等の定期券を利用し、市外に通勤する移住者に月額上限2万円を最大60ヶ月補助。(3)【住居取得支援補助金】住宅を取得する移住者に補助。新築住宅の場合、市内業者が建築した住宅は3年間で計50万円、市外事業者が建設した場合は2年間で計30万円を補助。中古住宅は20万円。県外からの移住者は20万円を加算。(4)【お試し滞在補助金】市内への移住を目的に移住活動を行う者に補助。宿泊費として最大10泊まで3,000円/泊。交通費として3万円(年間)。レンタカー代として最大10日まで2,000円/日。(5)【若者人材確保奨学金返還支援補助金交付】定住及び市内事業所に就職し、奨学金を返還する者に月返済額の1/3、上限5,000円/月を60ヶ月補助。
(1)【第3次玉名市定住促進補助金】転入者が住宅を取得、改修した場合に費用の一部を助成。また、住宅で当補助金を交されたものが定期券を利用して新幹線通勤する場合、購入費用の1/2、上限月3万円まで助成。(2)玉名市空き家バンク制度。
(1)【空き家バンク活用促進事業】空き家バンク登録物件にかかる50万円以上の改修等工事補助(上限50万円)、家財処分費用補助(上限5万円)、引越し費用補助(上限5万円)。(2)【三世代同居住宅支援事業補助金】三世代同居を目的とした50万円以上の住宅の新築・改修・購入等に対する補助金(市内事業者と契約の場合上限50万円)。(3)山鹿暮らし移住体験。(4)お試し滞在支援事業補助金。(5)お試し住宅。
(1)【移住定住推進事業奨励金】空家バンクの利用登録者が、登録空き家を購入した場合、又は登録空き地を購入し新築した場合に奨励金交付(各種条件有り)。(2)お試し住宅の活用(空き家バンク登録者で1日税込1,120円で5日以上30日以内利用可能)。
(1)【空き家バンク】登録された空き家・空き地を移住希望者へマッチングさせる。(2)【空き家バンク登録物件補助金】(a)登録された空き家に存在する家財道具等を撤去する費用の一部を補助(上限10万円)。(b)登録された空き家の改修費用の一部を補助(上限60万円)。
移住相談アドバイザーの設置、移住体験プラン(ショートステイ・ミドルステイ・移住お試し施設)の提供、空き家バンク、移住促進支援助成金の交付等。
(1)【空き家・空き地バンク】登録された空き家・空き地を移住希望者へマッチングさせる。(2)【空き家改修等事業補助金(以下改修補助金)】登録された空き家を、賃貸契約、売買契約が成立した貸主・買主に対し、改修工事の一部を補助する(上限100万円)。(3)【フラット35特別金利】ローンの年利を当初5年間0.25%に引き下げる。改修補助金の条件に該当する人が対象。
空き家バンク制度を実施。
(1)空き家等情報バンク制度。(2)【定住促進奨励金】最大20万円。(3)【空き家活用事業補助金】対象経費の1/2、上限100万円。(4)移住促進施設(短期滞在型・長期滞在型)。(5)天草暮らし体験ツアー。(6)移住・定住サポーター登録制度。
空き家バンク制度を実施。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

熊本県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報