長野県の移住支援制度

長野県内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
(1)人口増推進課内に移住・定住相談デスクを設置し、移住・定住専門相談員を3名配置するなど、相談体制の充実に努めている。(2)【移住者起業支援金】長野県外から市内に移住して起業する50歳未満の方を対象。最大100万円。(3)市内各地の利活用可能な空き家情報を提供している「長野市空き家バンク」。(4)【移住者空き家改修等補助金】長野市空き家バンクや地域等で運営する空き家バンク登録物件を移住者が改修する際の費用を助成。最大130万円。
(1)移住相談窓口の設置。(2)オンライン移住相談の実施。(3)短期限定住宅貸付事業。(4)先輩移住者からの移住情報の提供(移住者の営むお店マップの配付)。(5)市内に本社・本店のある中小企業に就職し奨学金を返還する者に対する補助(奨学金返還支援事業補助金)。(6)安曇・奈川地区から通学する高校生の保護者に対する定期代・下宿代の補助(高等学校奨学補助金)。
(1)上田市空き家情報バンク制度。(2)移住体験ツアー。(3)移住セミナー。(4)UIJターン就職支援事業。(5)【空き家バンク利用者引越・改修費用補助金】空き家バンクを利用し物件を購入した者の引越費用の1/2、改修工事費用の1/2を補助(上限20万円、一定の要件を満たす移住者は上限50万円)。
移住等を目的として岡谷市を訪れた場合に交通費、宿泊費、移住体験住宅の家賃に係る費用の一部を助成する。助成額は、交通費が上限1万円(対象経費の1/2以内、1人当たり年3回)。宿泊費が、上限1人1泊5,000円(対象経費の1/2以内、年7泊)。移住体験住宅の家賃が、上限4万円/月(対象経費の1/2以内、連続する2ヶ月以内)。
(1)移住に関する総合相談。(2)就労相談・無料職業紹介所。(3)起業相談、各種支援。(4)就農相談、農業ワーキングホリデー。(5)UIJターン就業・創業移住支援事業補助金。(6)空き家バンク制度。バンク登録住宅を購入または賃借で改修補助。バンク登録住宅に入居した子育て世帯に補助。(7)滞在型体験農園施設クラインガルテン。(8)地区指定での寄附ができるふるさと納税「飯田市20地区応援隊」(地区限定の制度)。(9)IUターン促進補助金(上村・南信濃地区)。(10)不動産取得支援(上村地区)。(11)住居支援(上村地区)。(12)就労支援補助金事業(上村・南信濃地区)。(13)近居・同居支援補助金(市内7地区のみ)。
(1)空き家・空き地バンク。(2)空き家・空き地バンクに登録されている空き家を購入または賃借した移住者と空き家の所有者に、不動産仲介手数料の一部を補助(仲介手数料の1/2、上限5万円)。(3)東京圏、愛知県、大阪府に連続して5年以上在住・就業していて、要件を満たした企業に就職し、市内へ移住した場合、移住に要する経費を補助(上限40万円)。世帯に18歳未満の方がいれば追加で30万円。
(1)空き家バンク制度を実施。(2)移住体験ツアー。
(1)空き家バンク制度を実施。(2)移住体験。(3)【小諸市移住促進補助金】県外から移住してきた方が、新築した場合30万を補助。市内業者と契約し新築の場合20万円加算。18歳以下の扶養する子と同居の場合、扶養する子1人につき10万円加算。申請者及び同居する配偶者の年齢のいずれかが45歳未満である場合10万円加算。県外から移住してきた者が、中古物件を購入した場合最大20万を補助。市内業者によるリフォーム費用最大20万円加算。空き家バンク登録物件の場合10万円加算。18歳以下の扶養する子と同居の場合、扶養する子1人につき10万円加算。申請者及び同居する配偶者の年齢のいずれかが45歳未満である場合10万円加算。
(1)全域で空き家の情報提供及び助成金制度、空き家所有者への支援制度。(2)1年以上定住した世帯に10~15万円、中学生以下2万円/人を助成、単身世帯は5~7万円を助成(一部地域)。(3)新築・空家の取得・増改築の経費の2/10以内(上限150万円)を補助(一部地域)。(4)片道11キロ以上の通勤者に最大6万円の助成。(一部地域)。※各種支給要件あり。(5)就職や住居の確保等移住・定住準備のための仮住まいの提供(入居可能期間12ヶ月。うち6ヶ月までは家賃半額)。(6)子育て世代に一部市営住宅の家賃を軽減(20%)。(7)最長1ヶ月利用できる移住体験住宅4棟と、山里暮らしを体験できる田舎暮らしモデルハウス(最長3泊4日)1棟。(8)ふるさとワーキングホリデー制度。
(1)移住関係ワンストップ窓口設置。(2)【移住者の住宅取得補助制度】市外から転入し住宅を新築または購入する人、および竜東地区に転居し住宅を新築または購入する人を対象に補助金を交付。(3)駒ヶ根市立地適正化計画に記載された「居住誘導区域」の住宅取得者の固定資産税に対する補助(上限額10万円、最大3年間)。(4)【お試し滞在事業制度】市外の方を対象に移住定住に向けた活動の際の宿泊費の一部を補助。1泊につき1名5,000円。(5)【空き家片付け事業補助制度】空き家バンク登録物件の片付けに係る経費の一部を補助。経費の1/2以内上限10万円。(6)移住婚希望者の受入れ、相談窓口の設置。
(1)空き家バンク事業、空き家改修の補助。(2)オーダーメイド見学ツアーの実施。(3)移住就農者向け農業体験の実施。(4)移住者受け入れサポート企業登録制度。(5)オンライン型オーダーメイド見学ツアーの実施。
(1)市内空き家を市内施工業者により改修して移住する場合、改修工事費用の1/2、上限30万円を助成。(2)I・Uターン者に市内で使える商品券(3万円分)を贈呈。
(1)【移住支援住宅建設促進事業】市外から新たに転入しようとする方又は市外から転入して5年以内で、かつ現在賃貸住宅に居住する方が建設する住宅の補助で最大150万円。購入・改修費用の50%以内、最大80万円。相続などで取得した住宅を市内業者が請け負う50万円以上の改修工事する場合、改修工事費の25%で最大20万円。(2)空き家バンク登録物件、住宅地、住宅建設補助など移住定住に関する情報を提供。
(1)オンラインでの移住相談対応。(2)楽園信州ちの空き家バンクの設置。
(1)空き家バンク制度を実施。(2)移住お試し住宅。(3)【塩尻市移住・定住促進居住環境整備事業補助金】(a)空き家整備事業。ごみ処理手数料等の費用、補助率1/2、上限10万円を補助。(b)空き家改修事業。改修工事費として補助率1/2、上限50万円を補助。各要件あり。
(1)空き家バンク(賃貸・売却できる住宅の空き家バンクを開設し、利用希望者に情報提供)。(2)移住促進サポートプラン(佐久市に転入し住宅を取得された方へ補助金交付)。(3)体験住宅(4日間~8日間無料で利用可※コロナ禍により閉鎖中)。(4)移住体験ツアー(※コロナ禍により停止中)。(5)移住相談&セミナー(個別相談も実施)。(6)お住まいオーダー(移住検討者向けお住まい探しサービス)。(7)リモートワーク実践者スタートアップ支援金(移住又は二地域居住を始めた人で、かつリモートワーク実践者へ支援金交付)。(8)移住検討者滞在費補助金(仕事探し等の目的で佐久市に滞在する際の費用を補助)。
(1)定住促進のため、希望者に空き家情報を提供(空き家に関する詳しい情報は、建設課空き家対策係)。(2)要望に応じ、市内を案内する見学ツアーを実施(お問い合わせは、ふるさと振興課移住定住推進係)。
(1)東御市空き家バンク(市内の空き家情報を提供。空き家バンクでの成約、または誓約書兼同意書の提出があった場合、空き家片付け補助有り。1/2の補助、上限10万円)。(2)定住アドバイザー(県外から市へ移住してきた市民をアドバイザーとして任命し、移住希望の方、移住してまもない方へのアドバイスを行う)。(3)移住定住ポータルサイト「とうみぐらし」(東御市への移住情報を更新)。
(1)おためし住宅の貸付。(2)空き家バンクの設置。(3)【移住等空家改修利活用促進事業補助金】(a)空き家バンクから購入した物件の改修費用を補助(上限80万円)。(b)3親等以内の親族から購入・受贈・賃貸・使用貸借した空家の改修費用を補助(上限50万円)。(c)空き家バンクから定期賃貸借した物件の改修費用を補助(上限40万円)。(4)【空き家バンク活用促進支援事業補助金】空き家バンクから購入・賃貸した物件の仲介手数料・引越費用を補助(上限10万円)。(5)移住体験ツアーの実施。(6)オンライン個別相談の実施。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

長野県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報