北海道の移住支援制度

北海道内の移住支援制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

移住支援制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 移住支援制度
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
東京に札幌UIターン就職センターを設置し、就職や移住に関するセミナー等、各種イベントを開催することで、移住後の就職不安を解消する施策を実施。首都圏等で移住相談会を開催。
(1)首都圏等で移住を検討されている方に対応するため、東京都内のふるさと回帰支援センターに函館市の情報ブースを設置し相談にも対応している。また、函館市内においても、移住前の相談のみならず移住後の暮らしのサポートを行うための窓口として、移住サポートセンターを開設している(業務についてはNPO法人に委託)。(2)【空家等活用事業】市外からの移住者が、街なかに居住するために空家を取得し、その空家を改修するために必要な工事費用の一部(改修費用の2/3かつ、上限200万円)を補助。(3)【ヤングファミリー住まいりんぐ支援事業】補助対象地区内の民間賃貸住宅に転入した子育て世帯に家賃の一部(最大1.5万円)を補助(子が中学校を卒業するまで。最大16年)。
(1)【移住・定住促進住宅取得費等補助金】すでに2年以上小樽市内に居住する世帯と新たに三世代での同居や市内近居を始める場合、中古住宅の取得・増改築等に係る費用を補助。取得は上限30万円、増改築等は上限20万円、ともに子の加算あり。(2)移住ワンストップ窓口での相談対応のほか、ホームページなどで情報提供。(3)移住・起業希望者を対象とした体験ツアーを実施。
(1)「移住ワンストップ窓口」の設置。(2)オンライン移住相談会の実施。(3)市のホームページやSNS、パンフレット等での情報提供。(4)【山村定住促進補助金制度】江丹別地域に転入し居住する方に対し、住宅の新築又は購入費用(1/2、最大300万円)を補助。加算あり。申請者が複数の場合は交付金額の按分あり。
シーズンステイ(ちょっと暮らし)住宅の提供。
(1)北海道外在住者を対象に一定期間、働きながら釧路市に滞在していただき、滞在中には交流の場や学びの場等を通して、地域の魅力に触れていただくことを目的とした「くしろお試しワーキングホリデー」を実施。(2)直接的な移住支援制度ではないが、マンスリーマンション等の確保や滞在中に役立つ生活情報等の発信による受入環境整備を行うなど、民間事業者と連携し、お試し暮らしとして一定期間滞在していただく、長期滞在事業を実施。
短期移住体験のための滞在施設を割安で提供。
なし
(1)【夕張市新築住宅取得費補助金】新築住宅を取得する場合の費用を助成。(2)【夕張市中古住宅住宅取得費補助金】100万円以上の中古住宅(土地代を除く)の購入費用を助成。(3)【夕張市リフォーム工事費補助金】50万円以上の改修費の一部を助成。市内業者による工事の場合、費用の20%(上限50万円)。市外業者の場合、費用の10%(30万円)。(4)夕張市不動産情報ホームページの開設。
(1)空き家・空き地情報の提供。(2)お試し暮らし事業。(3)住宅購入支援助成金。(4)新規就農サポート事業。
(1)網走市で1ヶ月以上の滞在を希望される方を対象に「お試し暮らし滞在用物件」を紹介。(2)網走市空き家バンクを制定。市内の空き家及び空き地の有効活用を通して、移住・定住の促進や住宅ストックの循環利用を図ることを目的とし、「北海道空き家情報バンク」と連携して運営している。(3)空き家バンク制度を関係団体と連携を図り推進していくため、「網走市空き家バンク推進協議会」を設置。相談体制の連携、会員相互の情報共有、北海道空き家情報バンクへの登録推進等を行っている。
【学生移住応援助成金】市外から目標をもって移住した中高生を対象に、引っ越しに係る費用(上限20万円)、家賃に係る費用(上限2.7万円/月)を助成。
(1)【オーダーメイド移住ガイド】市内施設や商業施設の見学やスケート体験など、移住希望者の要望に応えた市内巡覧を行う。ガイド内で昼食をとる場合は1人1,000円までを市が負担。事前予約制、定員6名。(2)【オーダーメイド移住ガイド支援金】移住ガイド等を利用して移住を決めた方のうち、全ての要件([1]18~50歳未満[2]直前に5年以上市外に居住[3]市内の事業者等に就業)を満たす場合、または苫小牧市UIJターン新規就業支援事業(地方創生移住支援事業)の支給対象者に移住支援金として1世帯5万円を支給する。
【オンライン移住相談】Zoomを使って、移住相談ができるオンライン個別移住相談を実施。無料。事前にメールで申し込み。
(1)【住宅助成】(2)【通勤費助成】JR美唄駅-札幌駅間の特急定期券を購入し、美唄から札幌市へ通勤する場合、月額2万円を「びばい商品券」で助成。(3)【市所有分譲地購入助成】市所有分譲地を購入後、3年以内に住宅を建設し、居住した場合、土地購入価格の7割を助成。(4)【若者定着促進助成金】40歳未満で市外から転入し、市内もしくは市外事業者に勤務(正規職員)又は市内もしくは市外で事業を営む方を対象に最大12ヶ月、単身世帯月2万円、複数世帯月3万円を「びばい商品券」で助成。(5)空き家バンク制度を実施。(6)市内一日案内。(7)移住体験。
(1)空き家・空き地情報バンク。(2)【持ち家取得奨励事業】新築住宅購入したものに最大470万円、中古住宅購入した者に最大220万円の奨励金を交付。(3)【賃貸住宅家賃助成】要件を満たす移住者に対し、60ヶ月を限度に家賃月額(上限3万円)を助成。
(1)移住相談窓口の開設。(2)移住検討者向け市内案内の実施。(3)オンライン移住相談の実施。
(1)おためし暮し(1泊1,500円で1週間から1ヶ月までの移住体験)。(2)空き家対策として「あかびら住みかエール」を実施。市内の空き家の情報提供を行い、希望者に物件所有者との連絡の斡旋を行う。(3)【民間賃貸住宅家賃助成事業】市内民間賃貸住宅に居住する移住者に月3万円を上限として市内商品券を助成。
(1)【おためし暮らし体験生活】紋別市Uターン情報センターに求職登録している者は、通常90日以内のところ180日以内での滞在が可能となり、貸付料も通常の半額となる。さらに、紋別市内の事業所に就職が決定した者は通算1年間まで利用可能期間が延長できる。(2)【紋別市定着奨励助成金】U・Iターン希望者が紋別市に移住し、人手不足の業種の企業で常用雇用となった際に、企業が対象者へ移住に係る経費を支給した場合、その企業に対して紋別市への移住に要した交通費、引越運送料などを助成。(3)【紋別市定住者奨学金支援助成金】紋別市に定住し常用雇用されている方に対し、企業が(独)日本学生支援機構の奨学金返済額の1/4以上の額を支給した場合、市より奨学金返済額の1/2(上限20万円)を最大5年間、企業を通じて助成。
(1)住宅リフォーム移住者は最大49万円分を助成(2)空き家空き地バンクによる物件の紹介。(3)移住者で市内介護施設に就労した場合最大45万円を助成。(4)移住者が新規開業した場合最大540万円を助成。(5)移住者が就農研修した場合月額12万円を助成。(6)移住者が新規就農した場合農地賃貸料及び固定資産税を1/2助成。(7)中学生以下の入院・外来医療費の自己負担額無償。(8)ふるさとワーキングホリデーの実施。(9)奨学金の返還支援として年額24万円最長10年・最大240万円補助。
(1)【新規就農者等支援事業】営農実習助成金(1人当たり年額10万円以内等)、営農指導助成金(1人当たり月額7万円以内)、経営準備支援助成金(1人当たり月額10万円以内等)、経営自立安定補助金、農用地取得借入金償還利子補給金。(2)【移住体験ツアー】希望に応じてスケジュールや見学先を自由自在にカスタマイズするツアーを実施(最大2泊までの宿泊費を助成)。
(1)若者移住定住促進家賃助成。(2)住宅建設等費用助成。(3)住まいのリフォーム助成。(4)住宅情報バンク。※詳細は三笠市移住定住情報サイト「みかさぐらし」を参照。
(1)移住体験住宅によるお試し暮らし。(2)ワンストップ窓口の設置(オンライン対応可)。(3)空き家・空き地バンク制度の実施。(4)根室市移住交流促進協議会による各種移住事業の実施。(5)市内で新たに創業等をするUIターン者を支援。
(1)オンライン移住相談窓口の開設。(2)千歳市空き家・空き地情報のホームページを開設。
(1)市内事業者と連携した「住まいネットワーク」により、土地や住宅に関する情報提供を一括窓口で対応。(2)【滝川市住み替え支援補助制度】18歳以下の子どもが同居する世帯で、世帯の収入が月額21.4万円以下の子育て世帯が、中空知住み替え支援協議会が斡旋する戸建て賃借住宅に転居する場合、所得に応じて補助金を交付。
(1)1ヶ月3万円または5万円(別途光熱水費)で1週間~2ヶ月間の移住体験ができる(完全予約制、応募多数の場合は抽選)。(2)市内にある空き家空き地の物件情報を所有者等の申請を受けて、登録・公開している。
(1)【住宅建設等奨励金】市内で新築住宅を取得した場合等、最大で500万円の奨励金を交付。(2)空き家バンク制度を実施。(3)短期移住生活体験。
(1)移住希望者のワンストップ窓口として「移住定住サポートセンター」を設置し、2名の専任コンシェルジュが常駐。(2)移住希望者を対象とした「無料職業紹介事業」を展開し、就業をサポート。(3)深川ライフ応援奨学金補助事業(大学等卒業後に市内事業所に正社員として就業する方に、奨学金の返還を支援)。(4)日帰り1DAYツアーから最長1ヶ月の長期滞在までの各種移住体験プランを準備。(5)移住記念品事業(移住後2年以内に自らが住宅を建設又は購入した方を対象とし、市内で利用ができる1.5万円分の商品券を贈呈)。
(1)【ワンストップ相談窓口】富良野市企画振興課内。(2)【富良野市移住ホームページ「リビングフラノ」】「生活情報」「空き家バンク」「移住者の声」等、移住に関する情報を発信。(3)【オンライン移住相談窓口】「リビングフラノ」より申込可能。
【登別市の移住体験事業(ちょっと暮らし)】市内にある移住体験施設で、登別の暮らしを体験可能。温泉街にある体験施設は1室1名・7泊8日で3万1,500円、8泊以降1泊4,500円。1室2名・7泊8日で4.9万円、8泊以降1泊7,000円。市街地にある体験施設は、利用時期や利用期間などによって料金が異なるが、3施設の利用が可能。
(1)移住担当窓口対応(移住に関するご相談などをワンストップで対応)。(2)移住・定住の情報サイト開設。(3)市内案内ツアー。(4)オンライン移住相談。(5)東京など首都圏への出張相談会。(6)恵庭移住者交流会の実施など。
(1)【移住体験】移住体験物件「グランテージ北湘南」7万円/週~。冷蔵庫や洗濯機など生活に必要な最低限の備品あり(新型コロナウイルス感染症の影響により、現在募集は停止中。再開時期は未定)。(2)【新規就農】市が認めた青年等就農計画に基づき研修を受けている方を対象に、月額10万円を最大2年間支援。住宅賃貸契約時の諸費用(敷金・礼金・契約金・火災保険金)の全額と毎月の家賃から1.5万円を引いた額を最大2年間支援する。
なし
なし
(1)空き家バンク制度を実施。(2)北斗市空き家バンク利活用事業補助金(最大100万円)。(3)北斗市移住就業支援交付金(2022年4月1日以降に市内の認定事業者に正規雇用として新規採用された移住者へ、引越し等に要する費用として一律10万円を交付)。(4)大学等の修学にあたり奨学金の貸与を受けた方に対し、北斗市に居住し、市内または近隣市町の事業所等に就職した場合、奨学金の償還の一部を補助。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

北海道について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月

お役立ち情報