群馬県の概要

群馬県内の概要について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

概要

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 概要
前橋市は、群馬県の中央部よりやや南、東京から約100km地点に位置し、赤城山の雄大な自然と利根川の美しい流れに囲まれた人口約34万人の中核都市です。明治期には製糸業を通じて日本の近代化に貢献するとともに、群馬県の政治、経済、文化の中心として発展してきました。また、バランスの良い多種多様な産業構造をしており、都心へのアクセスの良さと自然災害の少なさから「首都機能バックアップ都市」としての潜在性も備えています。なお、前橋市は1889年に町制を施行、同年には県内最初、関東で4番目、全国で41番目に市制を施行し、2022年4月に市制施行130周年を迎えました。
高崎市は、人口37.5万人、面積460km2を有し、埼玉県や長野県と接する関東と信越をつなぐ群馬の玄関口です。古くから交通の要衝、商都として栄え、上越・長野新幹線や関越・北関東自動車道など高速交通網の分岐点となっており、東京と日本海を結ぶ拠点都市として発展を続けています。
桐生市は、古くから織物のまちとして発展してきた桐生市は、1921年に全国84番目の市として誕生しました。群馬県の東南部に位置し、栃木県の足利市と接し、西は赤城山まで達しています。市街地には渡良瀬川と桐生川が流れ、山々が屏風状に連なり、水と緑に恵まれた地に歴史と伝統が息づいています。桐生の歴史は古く、市内からは縄文時代の石器・土器、住居跡が発掘され、なかでも千網谷戸遺跡から出た耳飾りは国の重要文化財に指定されています。桐生は今でも織物の糸へんで生きるまちですが、近年は自動車関連部品やパチンコ台の製造など機械金属産業が基幹産業となっています。
伊勢崎市は、古くから養蚕が盛んであり、江戸時代には太織の産地として、また明治から昭和にかけては伊勢崎銘仙が全国的に名を馳せるなど、織物のまちとして発展しました。JR両毛線と東武伊勢崎線の結節点であるとともに、市域を横断する北関東自動車道に設置された伊勢崎ICおよび波志江SICにより高速交通網へのアクセス性に優れており、この立地的優位性を活かし、近年では、輸送機器、業務用機器、食料品を中心に県内有数の産業都市へと発展しています。
太田市は、2005年3月28日に太田市、尾島町、新田町、藪塚本町が合併し、人口21万人を超える新市として誕生しました。利根川と渡良瀬川の水の恵みと、金山八王子丘陵の豊かな緑を有し、古来より歴史と文化にはぐくまれてきました。東毛の中核都市として発展を遂げ、2007年4月から特例市として更なる飛躍を目指し、新たな一歩を踏み出しています。
沼田市は、群馬県の北部に位置し、赤城山や武尊山、皇海山などの山々に四方を囲まれ、日本有数の河岸段丘の上に市街地が広がりをみせ、「玉原高原」「吹割の滝」などスケールの大きい自然環境や豊富な温泉群、リゾート施設などの観光資源に恵まれています。
館林市は、「鶴舞う形」といわれる群馬県の南東部、ちょうど鶴の頭の部分にあたり関東地方のほぼ中央に位置しています。市の北には渡良瀬川、隣接する邑楽郡明和町を隔てた南には利根川と大きな河川が流れ、城沼、多々良沼、近藤沼や茂林寺沼など多くの池沼が点在するなど、豊かな水資源と自然環境に恵まれ、多様な動植物の生息地となっています。このような環境は館林市ならではの特徴で、【里沼(SATO-NUMA)―「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化―】として、文化庁から2019年度日本遺産に認定されています。
渋川市は、日本そして群馬県のほぼ中央部、雄大な関東平野の始まる位置にあたり、古くから交通の要衝として栄え、豊富な水資源を活かした工業、山地の開拓による農業や、首都圏の奥座敷となる観光・温泉などを主要産業としてきました。地形は赤城山、榛名山、子持山、小野子山に抱かれ、利根川と吾妻川の流れによって形成された谷地とともに、標高差が概ね1400m以上となる起伏に富んだ地形を有し、地区の大半が自然的土地利用で占められています。
藤岡市は、群馬県の南西部に位置し、東は埼玉県上里町・神川町、西は高崎市・甘楽町・下仁田町、南は神流町・埼玉県秩父市、北は高崎市・玉村町と隣接。総面積は180.29km2。鮎川・鏑川・烏川・神流川が流れ、最南部には下久保ダムがあり、緑と清流に恵まれた山紫水明な地です。
富岡市は、群馬県南西部に位置し、北西には上毛三山のひとつである、奇勝妙義山がそびえ、中央を鏑川が貫流する、自然豊かな地域です。2014年6月に歴史的建造物である「富岡製糸場」が世界遺産へ登録され、国内外の注目が集まる中で世界遺産にふさわしいまちづくりの整備を進めています。
群馬県の西部、赤城・榛名・妙義の上毛三山を一望する風光明媚な田園都市です。かつては中山道の要衝として、江戸期は安中藩の城下町として栄えました。現在も市内に新幹線駅1駅、高速道路IC2ヶ所と立地条件に恵まれ、交通・輸送の要所となっています。戦前には、東邦亜鉛と信越化学が進出し、工業化も進展しています。首都圏の奥座敷的位置にあり、磯部温泉・秋間梅林などの観光資源や碓氷関所跡・碓氷峠鉄道施設などの史跡等にも恵まれています。日本のマラソン(安政遠足)、民間人による図書館(便覧舎)、温泉記号(磯部温泉)の3つの事柄の発祥地であるとともに、碓氷峠は童謡「紅葉」の舞台でもあります。また、新島襄をはじめ多くの偉人を輩出しています。
みどり市は、群馬県の東部に位置し、市域は桐生市、日光市をはじめ、群馬・栃木両県の7市と接し、首都東京からは100km圏内にあります。日本の歴史教科書を書き替えた「岩宿遺跡」、関東の耶馬渓と称される「高津戸峡」、そして見る人の心をいやす「富弘美術館」など、豊かな自然と貴重な文化、観光資源の息づくまちです。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

群馬県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報