長崎県の市区独自の取り組み

長崎県内の市区独自の取り組みについて、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

市区独自の取り組み

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 市区独自の取り組み
長崎さるく(ガイドの案内で、まち歩きを楽しんでもらう) 老朽危険空き家対策事業(一定条件を満たす老朽危険空き家で、所有者からその建物および土地の寄付等がなされたものを徐却し、跡地を公共空間として整備する事業) 車みち整備事業・暮らしの道整備事業(斜面市街地等において、既存道路を活用しながら車が通る道路を早く整備し、居住環境の改善と防災性の向上を図る事業) まちぶらプロジェクト(駅周辺及び松が枝の整備に合わせ、歴史的な文化や伝統によって培われた中心部であるまちなかの賑わいの再生を図る取り組み) 観光地域づくりの舵取り役であるDMOと役割分担し、観光・MICEの振興 長崎市よかまちづくり基本条例(まちづくりの基本的な考え方やルール、まちづくりのさまざまな担い手の役割分担などを定めている)
-
-
諫早市まちづくりサポート事業(諫早の魅力や活力を創生するため、市民が企画し、主体的に取り組む「地域活性化につながるまちづくり事業」を支援する制度。提案事業ごとに審査をし、採択された事業に対して補助金を交付する)。
-
協働によるまちづくりの推進に関する条例 平戸市生涯学習まちづくり表彰規程
全国的にも有数の水揚げを誇るアジを活かしたシティプロモーションとして、「アジフライの聖地 松浦」を2019年4月27日に宣言した。松浦市でアジフライを提供する飲食店は「松浦アジフライ憲章」を掲げて、各店舗オリジナルのアジフライを提供している。(受賞歴:2019年ふるさと名品オブ・ザ・イヤー地方創生賞[交流コンテンツ部門]、2019年日本タウン誌・フリーペーパー大賞優秀賞[自治体PR部門]、2019年第7回ふるさとパンフレット大賞優秀賞、日本地域情報コンテンツ大賞2020大賞受賞[自治体]・自治体PR部門優秀賞・動画部門優秀賞、フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー2021 サバの牙城賞、日本地域情報コンテンツ大賞 2022地方創生部門優秀賞)
地域マネージャー制度
壱岐焼酎による乾杯を推進する条例
移住促進施策として、(1)空き家バンク、(2)空き家リフォーム助成、(3)子育て世帯引っ越し助成、(4)面接旅費助成、(5)奨学金返済助成、(6)短期滞在住宅、(7)結婚新生活支援事業、(8)東京圏から移住者への支援の8つの支援を実施。保育・介護人材確保対策の一つとして、保育所及び介護サービス事業者への「職員宿舎借上げ支援」を実施。未熟児養育医療給付制度の対象となる乳児の島外指定病院への通院に要する交通費助成を実施。椿実の安定生産を目指し椿林の育成を推進するため、苗木の支給及び植栽経費の助成を実施。
西海市企業立地奨励条例 西海市手話言語条例 西海市中小企業振興条例
雲仙市観光戦略~雲仙温泉編~を策定し、雲仙市に6日間滞在できるまちづくりに向け取り組みを行っており、2022年度からは、雲仙市全体編も作成し市全体での観光客誘致に取り組みを行っている。2022年度から2024年度にかけて、雲仙市全体を対象とした新たな戦略を作成し市全域での産業振興等による観光活性化に取り組む。
南島原どぶろく特区 ワイン・リキュール特区 農林漁業体験民宿 英語指導助手(EAT)の独自雇用(3名) 学校給食費保護者負担軽減補助(市立学校に在学する児童生徒で3人目以降を対象として給食費相当額を補助) 電子地域通貨MINAコイン 島原鉄道跡地を活用した自転車歩行者専用道路

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

長崎県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

人口などの統計情報

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 家ではWifiがある おうち時間を楽しんでいるあなたへ おすすめのスマホプランirumo 詳しくはこちら
  • OCN×ドコモ光 1ギガ・10ギガ申込みで還元得点!詳しくはこちら

お役立ち情報