新潟県の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度

新潟県内の新築建築の利子補給制度、補助/助成金制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

利子補給制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 利子補給制度
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-

※最大3件まで同時に比較できます

補助/助成金制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 補助/助成金制度
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-
制度の有無
あり
上限金額
30万円+α万円
条件・備考等
【柏崎市U・Iターン住宅取得助成金】融資を受けて、住宅を取得した人に助成金を交付。基本助成金額10万円。市内の建設業や不動産業を通じて住宅を取得した場合10万円、世帯人数が3人以上の場合10万円、18歳未満の子がいる場合、その子1人につき5万円の加算あり。
制度の有無
あり
上限金額
(1)150万円(2)50万円
条件・備考等
(1)【住宅取得補助金】市の中心市街地内に市外からの転入者が新築住宅(建売住宅、新築分譲共同住宅)を取得する場合、一部補助を行っている(上限150万円)。(2)【景観形成費用助成】新発田市景観条例・景観計画に基づき、歴史景観エリアの歴史景観重要道路沿い及び市道新発田川添線(一部区間)沿いの敷地において、景観づくりに著しく寄与すると認められる建築物の新築(外壁又は屋根に限る)を行う場合、一部補助を行っている(上限50万円)。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【定住促進マイホーム取得補助金】市内で新築住宅を取得する場合、(a)子育て世代40万円、(b)70歳未満の転入者30万円、(c)市内業者と契約30万円。(a)(b)(c)併用により最大100万円。他要件あり。
制度の有無
あり
上限金額
50万円
条件・備考等
【加茂市移住促進住宅取得補助金】子育て世代の移住・定住を支援するため、市内に住宅を取得(新築又は購入)する移住者に対し50万円の補助金を交付。
制度の有無
あり
上限金額
(1)77万円(2)60万円
条件・備考等
(1)【克雪すまいづくり支援事業】住宅屋根の克雪化(融雪式、耐雪式、落雪式)費用のうち、上限77万円を補助。(2)【定住促進助成事業補助金】十日町市を定住の地として市外から転入した夫婦またはひとり親世帯の住宅の取得支援として、市内業者の施工の場合、取得経費の1/10、上限金額60万円を助成。
制度の有無
あり
上限金額
50万円
条件・備考等
【見附市定住促進・健幸住宅取得補助金】健康や環境に関する基準をクリアした住宅を、新規に建築・購入する市内からの転入者が対象。
制度の有無
あり
上限金額
30万円
条件・備考等
【村上市産材利用住宅等建築奨励事業】村上市産スギ・ヒノキ材購入経費の20%以内。上限30万円。
制度の有無
あり
上限金額
(1)100万円(2)71万円
条件・備考等
(1)【燕市移住家族支援事業】申請年度の4月1日以降に燕市に転入届を提出し、市外から燕市に移り住み定住する(ただし認定申請を行う日において6ヶ月以上市外に居住)方が対象。補助対象住宅を新築又は購入するため、金融機関等との借入契約(償還期間10年以上)を締結し、当該住宅に2名以上で居住するなど、その他条件あり。また、条件に応じて加算金あり。(2)【木造住宅耐震診断・耐震改修補助事業】耐震診断料の補助対象範囲に応じた額、高齢者世帯等は全額(最大11万円)。耐震建替工事費用の4/5、上限60万円。
制度の有無
あり
上限金額
20万円
条件・備考等
【いといがわ木の香る家・店づくり促進事業】糸魚川産木材を使用する住宅・共同住宅・店舗・事務所・車庫・倉庫の新築・増築・改築・備品類に要する経費の一部を助成。糸魚川産木材購入費の50%以内、上限20万円。
制度の有無
あり
上限金額
(1)150万円(2)40万円
条件・備考等
(1)【妙高市住宅取得等支援補助金】妙高市内での定住を促進するため、住宅と土地の取得及び増・改築等にかかる費用の一部を補助。住宅取得支援として、取得費用の5%以内で、新築住宅・建売住宅取得の場合は限度額60万円、中古住宅取得の場合は限度額30万円、住宅取得のための宅地を購入する場合は限度額20万円。転入者、市内事業者利用、3世代同居の場合、加算金あり。新築住宅取得の場合、加算金を含めた最大助成金額は150万円となる。対象者、対象建築物に要件あり。(2)【ふるさと妙高の家づくり事業】市産材を使用して新築住宅を建築する際にかかる資材購入費用の20%、上限40万円を助成。
制度の有無
あり
上限金額
(1)20万円(2)120万円(3)30万円
条件・備考等
(1)【五泉市マイホーム等建設支援事業支援金】金融機関から住宅ローンを借入して新築した場合に対象。他要件あり。(2)【五泉市ファミリー住まいる事業】市外からの移住または多世代で同居する、2015年4月1日以降に婚姻届を提出した新婚世帯か中学生以下の子供と同居する子育て世帯が、金融機関から借入を行い、新築した場合に対象。他要件あり。(3)【五泉の木づかい家づくり事業】五泉市産材を使用して新築した場合に対象。五泉市産材購入額の1/3を補助(上限30万)。他要件あり。
制度の有無
あり
上限金額
(1)55万円(2)60万円
条件・備考等
(1)【克雪すまいづくり支援】特別豪雪地域で行う克雪住宅の建築・購入等に要する費用を補助。(2)【移住定住応援住宅取得費補助金】住宅を新築する市外からの移住者に最大60万円を補助。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【虹の架け橋住宅取得支援事業】新築・全面改築住宅の取得及び中古住宅の購入を対象としている。補助対象要件あり。転入者は上限100万円、市民は上限70万円。※予算枠に達した場合は受付終了。
制度の有無
あり
上限金額
100万円
条件・備考等
【佐渡産材利用促進事業】佐渡産材(木材)を購入し建築する事とする。30万円を超える材料費の50%以内で、上限100万円。
制度の有無
あり
上限金額
(1)100万円(2)100万円(3)50万円
条件・備考等
(1)【克雪すまいづくり支援事業】融雪式とその他の方式があり補助金額は補助対象工事費に一定率を乗じた額。上限額は、一般世帯融雪式44万円、その他33万円、要援護世帯は融雪式55万円、その他44万円。居住誘導区域内の新築及び改築は、上限100万円。(2)【定住促進事業】UIJターン者対象に市内事業者より住宅取得した費用の1/2以内で、100万円を上限。(3)【市産材の家づくり事業】市内施工業者に対して建築主が居住・使用するために市内に新築する木造建築物に使用する市産材の購入費の1/3以内(上限50万円)を助成。
制度の有無
あり
上限金額
(1)44万円(2)50万円
条件・備考等
(1)【克雪すまいづくり支援事業補助金】融雪式か耐雪式のみ対象(地下水を利用するものは対象外)。克雪化に係る費用(上限250万円)×17.6%を補助(最大44万円)。(2)【南魚沼の木で家づくり事業補助金】市内に住所を有する者が自らの居住のために、市内に新築または増築する専用住宅に使用する「南魚沼市内産のスギ」を製材・加工した木材を使用した木造住宅の木材購入費の1/3以内(上限50万円)を補助。補助対象者は市内の大工・工務店となるが、建築費から補助額を差し引くこととする。
制度の有無
なし
上限金額
-
条件・備考等
-

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

新潟県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • ☆GPS端末で転居後の見守り 新しい街での不安を解消 【goo of things いまここ】初月費用無料! ☆離れて暮らす家族を1日約20円で見守り 【goo of things でんきゅう】初月費用無料!