長野県伊那市(いなし)の暮らしデータ

町の特徴

伊那市は、2006年3月31日に旧伊那市・高遠町・長谷村が合併して新・伊那市として誕生しました。長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスの二つのアルプスに抱かれ、市の中央部を天竜川と三峰川が流れる豊かな自然と歴史・文化が育まれた自然共生都市です。

市区役所住所

伊那市下新田3050
TEL:0265-78-4111

伊那市のホームページ

この市区の駅

赤木、 沢渡、 下島、 伊那市、 伊那北

暮らしデータ

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・子育て
結婚祝い あり
備考
共に「いなし出会いサポートセンター」の登録者でご成婚された方のうち、伊那市在住で希望する方にオーナー権(1年分)を贈呈(リンゴオーナー権は1本)。
出産祝い あり
備考
(1)第1子3万円、第2子5万円、第3子7万円、第4子以降10万円の出産祝金を支給(居住要件あり)。(2)ウッドスタート事業で6ヶ月児に木のおもちゃを贈呈。(3)ブックスタート事業で6ヶ月児に絵本を贈呈。(4)子育て応援指定ごみ袋贈呈事業により、出生届時に可燃指定ごみ袋(小)を5セット(50袋)贈呈。(5)子守唄のCDを出生手続き時に希望者へ贈呈。(6)新生児の保護者に乳児おむつ用品購入券を贈呈。
子育て関連の独自の取り組み (1)移住定住の視点から子育てしやすい環境の支援。(2)小規模園の地域との連携をとる「田舎暮らしモデル地域」認定保育園、地域とともに保育する「信州やまほいく」等の取り組み。(3)父母の死亡、重度障害となった児童へ「遺児等福祉金」の支給。(4)ひとり親かつ児童扶養手当の受給資格者に対して、生活維持に必要な経費に充てるため、手当月額相当額を貸し付ける「ひとり親家庭生活資金貸付事業」。
子ども・学生等医療費助成
<通院>対象年齢 18歳3月末まで
<通院>自己負担 自己負担なし
備考
-
<通院>所得制限 所得制限なし
備考
-
<入院>対象年齢 18歳3月末まで
<入院>自己負担 自己負担なし
備考
入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
<入院>所得制限 所得制限なし
備考
-
幼稚園・保育園
公立保育所数 20ヶ所
0歳保育を実施 20ヶ所
公立保育所定員数 2215人
公立保育所在籍児童数 1514人
私立保育所数 2ヶ所
0歳保育を実施 2ヶ所
私立保育所定員数 120人
私立保育所在籍児童数 94人
保育所入所待機児童数 0人
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料 32,000円
備考
3歳以上児の副食費の無償化。
認可外保育所に預ける保護者への補助 なし
内容
-
認定こども園数 4園
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数率-公立 -
預かり保育実施園数-私立 -
預かり保育実施園数率-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 -
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 18.1人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 22.5人
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 なし
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0%

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 (1)150万円(2)60万円
備考
(1)【伊那市過疎地域定住促進補助金】一部地域での助成金制度あり。補助額は2/10以内(上限150万円)。(2)【伊那市産材利用促進事業補助金】木材使用材類に応じた補助額(上限60万円)。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 150万円
備考
【伊那市過疎地域定住促進補助金】一部地域での助成金制度あり。補助額は2/10以内(上限150万円)。
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 150万円
備考
【伊那市過疎地域定住促進補助金】一部地域での助成金制度あり。補助額は2/10以内(上限150万円)。
増築・改築・改修
利子補給制度 あり
上限金額 200万円
備考
「伊那市勤労者生活資金融資」のリフォームローンの利子の一部を補助(未組織労働者であって「勤労者互助会」に加入している会員が利用可能。会員労働組合員との利率の差0.5%のうちの95%を補助)。
補助/助成金制度 あり
上限金額 (1)100万円(2)150万円(3)60万円
備考
(1)【無料耐震診断】旧耐震基準の木造住宅が対象。【耐震補強工事助成】耐震診断受診家屋で耐震性能が低い住宅が対象。工事費の80%、上限100万円。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
内容
(1)【令和5年度信州健康ゼロエネ住宅助成金】高い断熱性能を有し、県産木材を活用した住宅の新築工事や既存住宅の断熱性能を向上させるリフォーム工事をする際の費用の一部を助成。リフォームタイプの場合、リフォーム工事費全体の20%、上限金額は100万円。新築タイプの場合、基本額に選択基準に該当する項目の数に応じて加算し、最大合計200万円。(2)【既存住宅エネルギー自立化補助金】信州の屋根ソーラー認定事業者との販売契約により太陽光発電設備等を新規に設置する者に対し対象経費の一部を補助。太陽光発電システムと蓄電システムを同時に導入する場合は20万円。太陽光発電システムとV2H充放電システムを同時に導入する場合は15万円。蓄電システムのみを導入する場合は15万円。V2H充放電システムのみを導入する場合は10万円。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
内容
(1)【伊那市太陽エネルギー利用設備設置補助金】2022年7月25日以前に引渡しを受けた住宅が対象 (a)太陽光発電設備(1kWあたり14万円、上限70万円)。(b)定置型蓄電設備(蓄電池本体価格の1/2又は1kWh当たり7.75万円を乗じた額のいずれか低い額。上限77.5万円)。(c)太陽熱利用システム(設置費用の2/3、上限60万円)。(2)【伊那市山林資源活用機器設置補助金】(a)薪ストーブ(設置費用の2/3、上限30万円)。(b)ペレットストーブ(設置費用の2/3、上限42万円)。(c)ペレットボイラー(設置費用の2/3、上限200万円)。(3)【伊那市照明LED化支援事業補助金】住宅用(交換費用の1/2、上限2万円、工事費等は補助対象外)。
移住支援制度 (1)空き家の情報提供者や所有者への支援制度。(2)1年以上定住した世帯に10~15万円、中学生以下2万円/人を助成、単身世帯は5~7万円を助成。(3)新築・空家の取得・増改築の経費の一部を補助。(4)片道11キロ以上の通勤者への助成(上限6万円)、出産祝金(第1子3万円、第2子以降も助成あり)。(5)移住・定住準備のための仮住まいの提供。(6)子育て世代に市営住宅の家賃を軽減。(7)移住体験住宅と山里暮らしを体験できる田舎暮らしモデルハウス。(8)ふるさとワーキングホリデー制度。(9)新築の取得の経費の一部を補助。(10)結婚に伴い新たな生活を始める世帯に対して住居費やフォーム費用、引越費用の一部を支給。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(結婚に伴い新たな生活を始める世帯に対して住居費やフォーム費用、引越費用の一部を支給。夫婦共に29歳以下最大60万円、夫婦ともに39歳以下30万円)
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 伊那市5027円
伊那市(簡易水道)5027円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 伊那市4070円
下水道普及率 74.7%
安心・安全
建物火災出火件数 15件
人口10000人当たり 2.27件
刑法犯認知件数 175件
人口1000人当たり 2.65件
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 3ヶ所
一般診療所総数 58ヶ所
小児科医師数 58ヶ所
小児人口10000人当たり
23.00人
産婦人科医師数 10人
15~49歳女性人口1万人当たり
8.69人
介護保険料基準額(月額) 5480円
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 一部有料
備考
ごみ袋代金に処理手数料の上乗せあり。ごみ袋の購入にチケットが必要。無料配布チケット消費後は有料チケットを購入。資源プラスチックはごみ処理費用の負担なし。
家庭ごみの分別方式 10分別19種〔燃やせるごみ 燃やせないごみ 資源プラスチック 古紙類(段ボール、新聞紙・広告・チラシ、雑誌・古本、その他の紙) びん類(生きびん、透明びん、茶色びん、その他の色のびん) 缶類(スチール缶、アルミ缶) ペットボトル 牛乳パック 廃食用油 有害ごみ(乾電池、蛍光管、その他水銀含有物)〕
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
備考
一部の地区で実施。
生ごみ処理機助成金制度 あり
上限金額 25000円
上限比率 50.0%

人口などの統計情報

概要 伊那市は、2006年3月31日に旧伊那市・高遠町・長谷村が合併して新・伊那市として誕生しました。長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスの二つのアルプスに抱かれ、市の中央部を天竜川と三峰川が流れる豊かな自然と歴史・文化が育まれた自然共生都市です。
総面積 667.93km2
世帯数 26173世帯
人口総数 66016人
年少人口率(15歳未満) 11.85%
生産年齢人口率(15~64歳) 56.17%
高齢人口率(65歳以上) 31.98%
人口増減数(人口1000人当たり) -7.70人
転入者数 2385人
転入率(人口1000人当たり)
36.13人
転出者数 2385人
転出率(人口1000人当たり)
35.52人
特産・名産物 信州そば発祥の地(行者そば、高遠そば 入野谷在来種) 三大珍味(はちのこ、ざざむし、いなご) 馬肉料理 ローメン(ご当地グルメ) 寒天製品 ソースかつ丼 羽広菜 アルストロメリア 高遠まんじゅう 日本酒 シードル
主な祭り・行事 伊那まつり 高遠城址公園さくら祭り 南アルプスふるさと祭り 高遠しんわの丘ローズガーデンバラ祭り 長衛祭 伊澤修二記念音楽祭 信州伊那井月俳句大会 高遠城下まつり 高遠燈籠祭 秋は実りのみはらし祭り 高遠城址もみじ祭り 高遠だるま市 春の高校伊那駅伝 伊那バラフェスタ
市区独自の取り組み 伊那市50年の森林(もり)ビジョン 伊那から減らそうCO<sub>2</sub>!! 伊那市DXしあわせのまち宣言
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)自然環境・景観の保全(2)観光・産業の振興(3)歴史・文化、スポーツの振興(4)教育・子育ての充実(5)医療・福祉の充実(6)森林保全(7)市政全般。お礼の品として、地場産品であるりんごや薪、酒、ハードディスク、ポータブルソーラーパネル等を送付。2023年6月2日時点で352品を取扱い(取り扱い予定含む)。
土地平均価格 住宅地 12603円/m2
商業地 32200円/m2
地方債現在高 30,305,798千円
1人当たり 459千円

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

伊那市のおすすめ新築一戸建て

建築条件付土地
上の原 517万円~567万円

  • 517万円~567万円

    ※土地価格のみ

    • 最寄り駅JR飯田線 伊那市駅 車利用 3.1km
    • JR飯田線 伊那北駅 車利用 2.5km
    • JR飯田線 田畑駅 車利用 3.2km
    住所長野県伊那市上の原

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 家ではWifiがある おうち時間を楽しんでいるあなたへ おすすめのスマホプランirumo 詳しくはこちら
  • OCN×ドコモ光 1ギガ・10ギガ申込みで還元得点!詳しくはこちら

お役立ち情報