群馬県の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

群馬県内の新・省エネルギー設備機器等導入補助制度について、市区の違いを一覧で比較。気になる市区を選択すると、その市区の詳細と、比較が行えます。
※市区の比較は最大3つまでです。

(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 (都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし
なし

※最大3件まで同時に比較できます

(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度

※最大3件まで同時に比較できます

市区名 (市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度
【令和4年度前橋市新エネルギー・省エネルギー機器設置費助成事業】住宅に助成対象機器を新規に購入し設置した場合。(a)燃料電池コージェネレーション 3万円。(b)V2H機器 5万円。(c)定置用リチウムイオン蓄電池 蓄電容量1kWhあたり1万円(上限5万円)ただし、太陽光発電設備の設置が必須。
【住宅用太陽光発電システム導入補助金】1kWあたり1万円、上限5万円の補助。
【令和4年度環境都市推進補助金】蓄電池設備は、1kWあたり1万円、上限5万円補助。
なし
【省エネルギー機器設置費補助制度】一律1台2万円を太田市金券で交付。対象機器は、住宅用CO2冷媒ヒートポンプ給湯器、住宅用ガス発電給湯器、住宅用潜熱回収型給湯器、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム。
【住宅用再生可能エネルギーシステム設置補助金】太陽光発電システムは、1kWあたり1.5万円、上限7万円。太陽熱利用システムは、自然循環型の場合上限2万円、強制循環型の場合上限4万円。エネファームの場合8万円。定置用リチウムイオン蓄電池システム1kWhあたり1万円、上限5万円。HEMSの場合、1万円。地中熱利用システムの場合、10万円。木質ペレットストーブの場合、5万円。
【蓄電池設備設置補助金】2022年度中に設置(購入)した蓄電池の費用を補助するもの。(a)定置用リチウムイオン蓄電池は、1kWhあたり2万円を乗じて得た額(上限10万円。1,000円未満切捨て)。(b)ポータブルリチウムイオン蓄電池は、購入費用の半額(上限2万円。1,000円未満切捨て)。
【住宅用スマートエネルギー機器設置補助制度】定置用リチウムイオン蓄電池システム、蓄電容量1kWh以上4kWh未満3万円、4kWh以上5万円。HEMS機器、一律1万円。太陽光発電システム(蓄電池又はV2Hと合わせて設置するもの)太陽電池の公称最大出力の合計4kW未満3万円、4kW以上5万円。V2H、一律5万円。
【令和4年度住宅用再生可能エネルギー設備等設置費補助金】太陽光発電は1kWあたり2万円、上限8万円。リチウムイオン蓄電池は太陽光発電と同時設置の場合、1kWhあたり2万円、上限10万円。単体での設置の場合は、1kWhあたり1万円、上限5万円。
【住宅用新エネルギー機器設置補助金】太陽熱利用システム購入及び据付工事に係る経費を補助。強制循環型の場合、経費の10%以内 、上限4万円。自然循環型場合、経費の10%以内 、上限2万円。
(1)【住宅用スマートエネルギーシステム設置補助金制度】太陽光発電システムの場合1kWあたり1万円、上限5万円。定置用リチウムイオン蓄電システムの場合1kWhあたり1万円、上限6万円。(2)【太陽熱利用温水器設置費補助金】経費の10%、上限1.5万円。
【みどり市住宅用新エネルギーシステム等設置補助事業】太陽光発電システムの場合1kWあたり3万円、上限5万円。リチウムイオン蓄電池の場合一律15万円。太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池の同時設置の場合は一律5万円を加算。木質ペレットストーブの場合本体購入費+設置工事費の1/2の額。上限15万円。薪ストーブの場合本体購入費+設置工事費の1/2の額、上限15万円。

※最大3件まで同時に比較できます

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

群馬県について、ほかのテーマを見る

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

住まいの給付金(補助金・助成金)

公共サービスや治安

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2023 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報