沖縄県 宜野湾市の暮らしデータ

沖縄県 宜野湾市(ぎのわんし)
市区を変更する他の市区と比較する
概要 宜野湾市は、人口が3万人を超えた1962年6月の立法院本会議(現在の県議会)で市への昇格が決議され、同7月1日に誕生しました。軍用地を除く行政区画全域が都市計画区域に設定され、1964年には健康都市を宣言。沖縄本島中南部の東シナ海に面し、市内をドーナツ状に国道58号、国道330号、県道宜野湾北中城線、県道34号が通り、沖縄自動車道の北中城インターチェンジ、西原インターチェンジへもつなぎが容易な沖縄本島の中部及び北部を結ぶ交通上の重要な地点に位置しています。
市区役所住所 宜野湾市野嵩1-1-1  TEL:098-893-4411
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/
この市区の駅
近辺の市区から探す:
結婚育児助成金制度
出産・育児  
出産祝い なし
出産祝い-備考 -
子育て関連の独自の取り組み 臨床心理士(正規職員)が、市内認可外保育施設に入所している障がいを持つ子や気になる子について、各保育所を巡回し保育観察を行うとともに、保護者・保育士に対しての助言・相談を行っている。
チャイルドシート助成制度 あり
チャイルドシート助成制度-備考 無料貸出し
要件(1)市内在住で6歳未満乳幼児2名以上扶養している者。(2)対象児は、養育者と同居し、同一生計者であること。貸与日数・期間は、1世帯1台限り。6ヶ月以内。
乳幼児医療  
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 小学校卒業まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 小学校1年生~小学校卒業までは、医療機関につき、月1,000円まで自己負担あり。0歳~小学校就学前までは、保険適用分は自己負担なし。
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園  
公立幼稚園の入園料・保育料減免 あり
私立幼稚園入園料補助金 なし
私立幼稚園保育料補助金 なし
公立保育所数 2所
0歳児保育を実施している公立保育所 2所
公立保育所定員数 260人
公立保育所在籍児童数 230人
私立保育所数 23所
0歳児保育を実施している私立保育所 23所
私立保育所定員数 2298人
私立保育所在籍児童数 2744人
保育所入所待機児童数 172人
小学校・中学校  
公立小学校1学級当たりの平均生徒 25.0人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 33.6人
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(調理等)
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 84.9%
住宅支援助成金制度
新築建築  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 なし 
新築購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 なし 
中古購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 なし 
増築・改築・改修  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)20万円 
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅耐震改修設計事業】1棟ごとに、当該事業に要する経費と基準額90万円を比較して、いずれか少ない額の2/3以内の額を上限30万円まで助成。 (2)【住宅耐震改修事業】1棟ごとに、当該事業に要する経費と、47,300円/m2の基準額を比較して、いずれか少ない額の23%以内の額を上限20万円まで助成。 
その他  
(都道府県)太陽光発電補助制度 なし
(市区)太陽光発電補助制度 あり
移住支援制度 なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
基本情報
総面積 19.80km2
世帯数 39333世帯
人口総数 97509人
年少人口率(15歳未満) 17.99%
生産年齢人口率(15〜64歳) 65.08%
高齢人口率(65歳以上) 16.93%
転入者数 5513人
転入率(人口1000人当たり) 56.54人
転出者数 5320人
転出率(人口1000人当たり) 54.56人
主な祭り・行事 我如古スンサーミー 宜野湾はごろも祭り 大山網引き 琉球海炎祭 飛衣羽衣カチャーシー大会 察度王歴史絵巻行列
市区独自の取り組み 英語教育特区 小学校英語教育課程特例校事業
ふるさと納税に対する取り組み ふるさと応援基金に積み立て、6つの事業に活用する。特典はなし。
歳入額:1人当たり 425千円
歳出額:1人当たり 415千円
地方税 10,247,699千円
地方税:1人当たり 105千円
地方債現在高 30,428,303千円
地方債現在高:1人当たり 312千円
財政力指数 0.64
実質公債費比率 8.6%
暮らし
公共料金・インフラ  
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 宜野湾市3350円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 宜野湾市1440円
下水道普及率 96.0%
安心・安全  
刑法犯認知件数 627件
刑法犯認知件数:1000人当たり 6.51件
ハザード・防災マップ あり
医療  
一般病院総数 3所
一般診療所総数 48所
小児科医師数 14人
 小児人口10000人当たり 7.98人
産婦人科医師数 7人
 15〜49歳女性人口1万人当たり 3.01人
介護保険料基準額(月額) 6050円
ごみ  
家庭ごみ収集 有料
家庭ごみ収集−備考 指定ごみ袋有料。
家庭ごみの分別方式 5分別〔資源ごみ(草木、かん、びん、ペットボトル、紙)有害ごみ(蛍光管、水銀体温計、ライターなど)燃やすごみ(プラスチック、ゴム、皮革、生ごみ、油、紙おむつ、布きれ、紙くず)燃やさないごみ(金属、金属を含む混合物、陶磁器、ガラス製品、小型家電製品、その他) 粗大ごみ(家具類、金属またはプラスチック製パイプ、角材や板切れ、ガスコンロ等、その他)〕
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 -
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 30000円
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0%
※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

複数の市区のデータを比較する

沖縄県宜野湾市 と他の市区データを比較できます。最大3つの市区と比較できます。

この市区の物件を探す

沖縄県宜野湾市の物件を検索する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元